中編4
  • 表示切替
  • 使い方

出逢いの話・3

「がきごぜさんに会いに行きましょう。」

「がきごぜさん?」

聞き返すと、木葉は頷いてもう一度繰り返した。

「がきごぜさん。」

nextpage

~~~

話を聞くに《がきごぜさん》とは、どうやら旅芸人の類いらしい。

「何処に居るんだ?」

「山の中。でも、行く前に準備しなきゃ。」

そう言って鞄の中をゴソゴソと掻き回し、お菓子類を取り出す。煎餅と飴玉とチョコレート。大した量ではない。

「真白君、何か持ってませんか?」

「何かって・・・食べ物?」

「はい。食べられる物なら何でも。」

・・・お腹が空いているのだろうか。

「弁当しかないけど。」

「お米、持ってますか?」

「お腹空いてるのか?」

「僕じゃないです。がきごぜさんが。」

アルミホイルに包まれたお握りの一つを取り出し、手渡す。

「三個しかないから、一個しかやれないけど。」

「有り難うございます。僕、今日も海苔弁だから、分けられなくて。・・・お握りの分、足りないなら海苔弁食べますか?」

「・・・うん少し貰う。木葉は俺のピーマン炒め食って。」

「はい。」

木葉の弁当は、基本的に何時も海苔弁当だ。しかも、おかずもデザートも一切入っていない。

だからか、人参以外の物なら大抵喜んで食べる。

なので、俺は専ら、嫌いなおかずは木葉に押し付けている。

「真白君のお弁当は、何時も沢山おかずが有って良いですね。」

冷凍食品と残り物ばかりの弁当を羨ましがる木葉を見て、俺は少しだけ申し訳無くなった。

nextpage

~~~

話の流れから、何となくそのまま昼食を食べた。

俺のバックの中からは、あれから更にプチゼリーが数個見付かった。

「さて、行きましょうか。」

弁当を食べ終えた木葉が立ち上がる。

俺も立ち上がりながら、尋ねた。

「がきごぜさん・・・の所か?」

「ええ。少しだけ足りないですが、途中でどうにかしましょう。」

彼は大きく頷いた。

nextpage

~~~

道を歩いていると、近所の梨農園前で木葉が立ち止まった。気の良い老夫婦がこじんまりと営んでいる農園だ。

然し、今日は誰の姿も見えない。

定休日か、はたまたシーズンが終わろうとしているからか。

もう梨の収穫は終わり、一本の木に一つか二つずつぶらさがっているのを残すのみだ。

其れでも何れも大層立派な梨である。どの木にも有るし、取り忘れとかではないだろう。

・・・木葉は、一体何をどうする積もりなのだろう。

「ちょっと待っててくださいね。」

そして、突然ネットを潜り、中に入ってしまった。何が起こったのか分からないでいると、木葉は大声で叫ぶ。

「くーださーいなーー!!」

「どーうーぞーーーー。」

誰も居ないように見える農園の何処かから、確かに返事が聞こえた。若い女性の声だった。

「有り難うございまーーす!!」

木葉が御礼を言い、生っている梨を次々ともぎり始める。

「えっ・・・ちょっと?!」

五個程もぎ取り、あっと言う間に帰って来た。

「此れでよしっ・・・と。」

「いや良くない!!」

常識のズレている奴だとは思っていたが、まさか此処までとは思わなかった。

「どど、どうすんだよ其れ!!」

「がきごぜさんに・・・」

「いやいやいや、泥棒だから!!」

「泥棒じゃないです。ちゃんと貰いました。」

「でも、此処の梨農園、やってんのしわしわの爺婆だぞ!!あの女の人が何だかは知らないけど、流石に売り物に手を出すのはヤバいんじゃ」

「あれ、売り物じゃないですよ。」

「ないか・・・・・・え?」

木葉がニコリと笑った。

「あれは、木守の梨です。」

「・・・キモリ?」

nextpage

~~~

キモリ、と聞いて、俺は咄嗟にポケッ○モンスターのキャラクターを思い出した。キモリ?キモリの梨?梨なら、寧ろチコ○ータの方がビジュアル的に近くないだろうか。

「木を守る、と書いて《木守》と呼ぶんですよ。実を全て採ってしまわずに、何個か残して来年の豊作を願うんです。同じ字で、コモリ、とも呼ばれますね。」

まじないみたいな物だろうか。

「採っちゃって良かったのか?来年、梨、採れなくなったりしないか?」

「ええ。ちゃんと許可を得ました。」

当然だとでも言いた気な顔で頷く木葉。

俺は溜め息を吐きながら、もう一度説明しようとした。

「だから、あの女の人の声は、此処の農園やってる人とは違くて・・・」

「でも、あれは、梨の木の分です。もう、此処の御夫婦の物じゃない。」

木葉が、奥の方にある一際古い木を指差した。

nextpage

~~~

木の中に人が閉じ込められている、と思った。

が、理解した。

シルエットが女の人の様に見えるのだ。

然し、また直ぐに気付く。

木に張り付いた其の模様が、まるで手でも振るようにユラユラと動き出したのに。

木葉が彼女に向かい、ゆっくりと頭を下げながら言った。

nextpage

「彼処の梨は、もう全て彼女のものですよ。」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
65012
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

紫月花夜さんへ
コメントありがとうございます。

お気になさらず。
全部平仮名は読みにくいですよね。

紫月花夜さんへ
コメントありがとうございます。

何やら難しそうですね・・・。
其の瞽女さんは、やはり旅芸人のようなものなのでしょうか?

さあ、どうでしょう。
遅れながらも書きました。宜しければ、お付き合いください。

まっしろさんへ
コメントありがとうございます。

ええ。ネタバレになってしまうので、あまり言えませんが、正解です。

僕も其の点では違和感がマッハです。只の呼び捨てなら偶に呼んでいますが。
読み方は違えど、字が同じですからね。

今はそんなことないと思いますよ。庭の畑で態々作っているくらいですから。

また書かせて頂きました。宜しければ、お付き合い
よろしくお願いしまああああああry

紫音さんへ
コメントありがとうございます。

返事が遅れて、ごめんなさい。少しだけ忙しかったんです。

可愛いかはともかく、何だか、遠かった兄達を近くに感じられた気がしました。

お休みなさいませ。
・・・と言っても、返事が遅れた為、今はもう夕方ですが(笑)

mamiさんへ
コメントありがとうございます。

遅くなってしまい、すみません。
本当はもっと早く御返事したかったのですが、少し立て込んでまして・・・。

そうでしょうか?
そう言われると何だか嬉しいようなくすぐったいような、不思議な感じがします。

ええ。猿兄の印象には強く残っているようです。
・・・実は、此の後木葉さんが色々とやらかすのですが、其れまで書くと本当に長くなってしまうので、少し困っています。
もし宜しければ、お付き合いください

HOYU HOYOUさんへ
コメントありがとうございます。

梨の花は美人を例える代名詞ですからね。
僕も、少し会ってみたいです。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

ああ~(;//́Д/̀/)'`ァ'`ァ

お兄様たちのやりとりがなんとも可愛い過ぎて、萌え死してしまいそう(*´д`*)

萌え死しそうになりながら寝ようと思います。

この時代の木葉さんにお弁当作ってあげたい…
可愛すぎる二人のやりとりですね。薄塩さんとの小学校時代のようです。
色々見える二人。珍しくないことだったでしょうに、その中でもこのお話が印象深かったということですよね…楽しみで仕方ありません。

木守の梨に会ってみたいです