短編2
  • 表示切替
  • 使い方

足音

これは今から十年以上前、私が中学生の頃の話です

私の実家は、二階建てで二階の両親の寝室でTVゲームをしていると、

階段の方か・・・

何かの足音が聞こえてきた

最初は誰か来たのかな?

と思って、ドアを開けて「親父〜〜?」と声を張ったが、し〜〜んと静かりかえった

やはり、誰もいない

なんとなく、恐怖を感じたので、ドアとドアの鍵を閉めた

すると、先程階段を上がりきった所から廊下に向けて、又先程の足音が

私の居る両親の寝室まで歩いてきた

ん?さっき確認した時真っ暗だったし、絶対に誰も居なかったよな?

と思ったとき、恐怖が増した

その足音は、部屋の前までくると、私の感覚では、ドアの前に向き直していると感じた

ゲームに集中できない

そうする内に、その足音は階段の方に戻っていった

今度は、私の居る部屋に来た時とは少し違って

「ドン!ドン!ドン!ドン!」

と、アピールするかの如く明らかに大きくなった

イメージとしては、地団駄を踏みながら歩くというべきか

そして、鳴り止んだ・・・と思いきや

再び、私の居る部屋まで「ドン!ドン!ドン!ドン!」と更に先程より、強い足音になった。

再び、Uターンをして階段の方へ行こうと「ドン!ドン!」と鳴った時

両親が買い物から帰ってくる車のエンジン音が聞こえてきた瞬間、

先程までにドンドン鳴っていた音がフッと消えた

た、助かった・・・

その後、両親に事の経緯を話し、後日私の話を信用してくれた両親が知り合いのツテで

ユタと呼ばれる方を呼んでくれたようだ

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4442
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

沙羅さん

そうです、そうです。
そのユタさんは、家へ何をしに来たの??って感じで驚きました。
一応、兄貴のこども姪っ子や甥っ子に何かしらに影響が出ると言って、
関係のある?(多分)所に複数行ってお参り?みたいな事しましたよ~~
イタコの口寄せ?・・・なんて、貴重なものを・・・なんとなく羨ましいです。
が、恐山とかは行きたくは無いですね(笑)

これ。。。ですね
先日、お話されていたヤツ。。

そのユタ様は何をしてくれたんでしょうねぇ?
相変わらずって。。(一 一;)
《見えすぎる人》が恐山に行ったときに、イタコの口寄せを見てきたらしいんですが。
いちいち降ろしてると疲れるのか、数回に付き1回程度しか、ちゃんと降ろしていないんだとか。
仕事なら、キッチリしてほしかったですね~