中編3
  • 表示切替
  • 使い方

S病院

わたしは看護学校に通っています。

この前、S病院に実習をさせていただいた時に体験したことを投稿したいと思います。

それは初日からわたしを悩ませていたんですが、

その病院は正面玄関から入ると右のほうにリハビリテーション室があるんです。

わたしは初めて正面玄関に入ってリハビリテーション室をみたたとき

「キーン」 と今までにないような耳鳴りが起きたんです。

霊なんてものは信じていませんし、いたとしても病院に勤めるからには我慢しなくちゃと覚悟はしていて、耳鳴りも関係ないものだと思っていました。

ただ、本当に今までにないような激しい耳鳴りだったので

変だとは思っていました。

実習っていうのは

初日に病院内を案内してもらえるんです。

上の階から下に向かって案内してもらいました。

そして問題の一階のリハビリテーション室の前・・・

列になって歩いていたとき

また耳鳴りがしてきました。

「この耳鳴りはなんだろう」

わたしがそう思ったとき

変な患者さんを見つけたんです。

曲がり角の壁、まるで壁から生えてきているかのように、九十度の角度で顔だけを出しているのです。

○=|壁

そして、じ〜っとこちらを、いや、わたしを見ていました。

初めは「変な人だな」としか思わなくて、すぐ目をそらしたのですが

よく考えると変なんです

その顔はあきらかに二メートルくらいの高さにあったんです。

顔だけ壁から覗かせる態勢をとって、二メートルくらいの高さになる人なんていない。

そして、その人は明らかに女性だったんです。

おかしいと思い、もう一度リハビリテーション室のほうをみた時、もうその顔はありませんでした。

友達に話ても笑われただけでした。

それだけで済めばよかったのですが、

今回わたしが受け持たせていただいた患者様は脳梗塞のかたで、毎日リハビリテーションを行っている患者様だったんです。

病院を出入りする以外にも、1階に行かなければならない・・

わたしは気が重くなりました。

初日の午後、

患者様を車椅子に乗せ、看護師さんと一緒にリハビリテーション室に行きました。

今回は耳鳴りもなく無事についたのですが、患者様のリハビリテーションを見学していたとき、

また耳鳴りがし、鳥肌が一気にたちました。

はっと思い周りを見渡すと・・

いました。

リハビリテーション内に

じ〜っとわたしを見る、壁から頭だけを出した女性・・

「怖い!」

一気に恐怖が押し寄せ、もう見学どころではありません。

だけど、患者様をおいて行くわけにもいかない。

わたしは自分の足元だけを見つめて、恐怖の時間をすごしました。

そして患者様のリハビリテーションが終了し、わたしは逃げるように病棟に戻りました。

今回は一週間だけの実習でしたが、わたしは実習中ずっと耳鳴りと視線に悩まされました。

自分の身長以上の壁は見ないようにしてましたが、気配を感じるんです。

実習が終わって

病院から出て、もう二度とその病院が実習先にならない事を祈りました。

その後は特に被害は無かったのですが、一体彼女はわたしに何を言いたかったのでしょうか。

怖い話投稿:ホラーテラー ★さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2240
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ