短編1
  • 表示切替
  • 使い方

隣の人

あれは日差しが強い8月の出来事。私の住んでいる所はごく普通にある一軒家。天窓から西陽が入ってきて眩しい。今日は丁度仕事が休みのため買い物に出掛ける事にした。

私は家を出たあとある事に気付いた。

あれ?隣の家のカーテンが開いてる!

なんでかはわからないが無性に気になった為通り際に中を確認するかのようにのぞいた。

すると中には大量にゴリラの人形が吊るされているがみえた。気味が悪くなり早足で買い物先に向かう事にした。

そして買い物も満足に出来て気分も高まって家に着いた。玄関の扉を開けようとしたら何かが落ちた。

手紙らしきものが届いていたので家の中に入って確認する事にした。

手紙をあけると、

「k様」と私の名前を一言書いてあるだけの紙が入っていた。なんだこれ?間違えて送ってきたのかな?と思った瞬間誰もいるはずのない後ろから声が聞こえた。

「ミタナ」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5090
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ