中編2
  • 表示切替
  • 使い方

FMラジオ

~~~

僕の持っているウォークマンは、今時珍しくもないが、FMラジオが聞ける。

・・・と言っても、音質はかなり悪く、音が綺麗に聞こえるポイントも日々変化するため、殆ど使ったことはない。

nextpage

~~~

ポケットから何か声のようなものが聞こえた。

探ると、ウォークマンが手に触った。

これか。

何時の間にかボタンを操作してしまい、知らない内にラジオや音楽が流れていたりするのだ。

耳にイヤホンを突っ込んでみると、女性の話し声がする。ラジオのようだった。

ノイズが時折入るが、今日は何時もよりは比較的マシに聞こえる。

どうやら怪談を話しているらしい。

若い女性が語り部で、まだ話は冒頭部分のようだ。

僕は何となく、其のまま放送を聞いてみることにした。

nextpage

~~~

主人公の女性がマンションの自室で寛いでいると、部屋のドアをノックする音が聞こえた。

来客かと思いインターホンを見たが、誰も居ない。

悪戯かと顔を背けると、またノックの音。

インターホンには、やはり誰も映っていない。

死角に隠れているのかも知れない。

そう思った彼女は、玄関から直に確認しに行くことにした。

また、ノックの音。

怒った彼女は勢い良くドアを開けてーーーーーー

nextpage

~~~

ザザザザッと、突然ラジオにノイズが入った。

電波の来るポイントが変わったのだろう。

部屋の中を歩き回りながら音が聞こえる場所を探す。

然し、一向に直る気配は無い。

どうしたんだろう。電波の通り道に、何か障害物でも来たのだろうか。

僕は残念に思いながら、イヤホンを耳から外した。

・・・そろそろ寝るか。

ベッドへと上がり、布団の中に潜り込む。

其の時だった。

shake

窓から、コツン、コツン、と音が聞こえた。

ハッとして跳ね起き、窓の方を見る。

カーテンを閉め忘れていたので、ガラス戸と網戸を通して外が見えるが、誰も居ない。

気の所為か・・・?

もう一度気を取り直して布団を被り、今度は壁の方を向いて横になる。

コツン、コツン、

また音がした。

寝返りを打って窓を見る。やはり誰も居ない。

もしかして、あの話の通りに・・・

思わず窓に駆け寄った。カーテンを閉めなければ。

鍵の掛かったガラス戸。其の外側には目の細かい網戸が・・・・・・

「・・・・・・あ。」

網戸。

音がした時、網戸はずっと閉まっていた。

閉められた網戸越しでノックは出来ない。

じゃあ、あの音は・・・

nextpage

コン、コン、

自分の直ぐ隣から、ノックの音がした。

Concrete
コメント怖い
12
29
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

沙羅さんへ
コメントありがとうございます。

感想の他にも、質問やリクエスト等も出来る範囲でお答えしていますので、此れからも気軽にどうぞ。

お気に召して頂けたようで何よりです。
連日の猛暑ですからね。沙羅さんに後輩さんも、御仕事もあまり根を詰め過ぎず、くれぐれも御自愛ください。僕の話が息抜きとなるのなら、光栄です。

書きました。久々の本編です。
よろしければ、お付き合いください。

返信

紺野様、お返事ありがとうございます(^^

一人で挙動不審になるのがイヤで、後輩にも教えたところ
やはりハマったようで、上司が出払っている時に時折「ぶふっ!」とか「クッ・・!」とか
堪えながら、時折ティッシュで目頭を拭きながら私をチラ見してきたりと、私の思う壺の反応がww

お互いに、この話のココが~とか話せて、仕事の合間に楽しんでいました♪

紺野様に触発されて、私も自分のコトをUPしてみる気になりました(^^
比較にならないほど、大したコトは無いんですけどねw

返信

沙羅さんへ
コメントありがとうございます。

あれ全部読んだんですか・・・。
自分でもゴチャゴチャして何が何だか分からないのに・・・・・・。
凄いです!!
有り難う御座います!!

寧ろ個性しかない人達な気もしますけどね(笑)
気に入って頂けたなら何よりです。
次回からはまた本編に戻ります。
よろしければ、お付き合いください。

返信

裂久夜さんへ
コメントありがとうございます。

何だか宣伝効果が・・・(笑)
軽はずみなことを口走るものではないですね。

何故に・・・・・・あ、不便だからですか?
其処まで嫌悪されている理由知りたくもありますが、御気分を害してしまわない内に、口を閉じますね。

正統派を書こうとしてこうなりました。レトリックが甚だ貧弱・・・・・・。

返信

紫月花夜さんへ
コメントありがとうございます。

パトカーにタクシー、航空機なんかも入って来てしまうみたいですね。
最近はネットに隠語の一覧表があるんですよ。警察の秘密な会話も丸聞こえですね!

次回はそんな暴力御姉様がメインの話ですよ。
よろしければ、お付き合いください。

スタンプは、色々とバージョンがあるみたいです。
・・・って、何だか宣伝みたいです。

返信

mamiさんへ
コメントありがとうございます。

そうですよ。今回の、僕の考えた話では。

何でしょうね。変態や駄目人間にばかり関わっていると、何だか今一《怖い話》の定義が分からなくなって焦ってしまいます(笑)
仰る通り、普通に怖い怪談は心が和みますね。ホッとすると言うか・・・。

スタンプは滅多に購入しないので、少し浮かれていてあの様です。あんまり送り過ぎてしまうと、貴女も胸ぐら掴まれてしまうかもですよ。
・・・いや、まずmamiさんの周りにそんな野蛮人居なさそうですね。失言でした。

返信

はるさんへ
コメントありがとうございます。

ああ、分かります。季節もそう何ですけど、時間帯とかでもやっぱり微妙に違くて・・・。
と言っても、僕が聞くのって殆どカーラジオなので、ウォークマンは使わないんですけどね。前に東京へ行った時、あまりに音がクリアで驚きました(笑)

偶にはオーソドックスな怪談も良いかなと思いまして。次回からはまた怖さの欠片もない本編へと戻ります。
よろしければ、お付き合いください。

返信

やっと、紺野様のUPしたお話を読破できました~

登場される方々の個性が、みんな素敵で楽しく読ませて頂きました(^^
紺野様には苦痛な屈辱的なコトも多々あるようですが、それすら面白くて!!
(ゴメンなさい)

仕事中に、うっかり大笑いしてしまう事もあり、挙動不審者になりつつありますww
次作も楽しみにしております(^^)b

返信

皆様同様にスタンプ、気になる(笑)

個人的にはFMラジオが大っ嫌いですが、
つい読んでしまったのは主様の作品だから。
さり気なさすぎな怖さに背筋がゾワゾワしました。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

私の若い時分には深夜ラジオが主流でした。 懐かしいですね。 ウォークマンは無かったですがσ(^_^;) あるあるでしたね、私の田舎では季節でも違いがありましたよ。
油断して読んでたら…怖かったです。
紺野さんの作品はどれも素晴らしい文章力で、毎回楽しみに拝読させていただいております。 ありがとうございます。
次回も楽しみにお待ちしております。

返信