短編2
  • 表示切替
  • 使い方

上がってくるな!

これは私の父が体験した話です。

私の曾祖母がなくなったのは今から十数年前。その後を追うように曾祖父も間もなく亡くなり、孫の中でも長男である私の父親が法事の一切を取り仕切っており、一家に二つの祭壇があるというなんとも言えない状況でした。

そんなある日の深夜、父が自室で職場から持ち帰った仕事をしていると、一階からなにやら足音が聞こえたそうです。

私の家は二階に家族全員の寝室があるので、当然だれもいるはずがありません。

すこし手をとめ、その足音に聞き耳をたてていると、廊下をいったり来たりしているような気がしたそうです。

父は直感的に、これはきっと曾祖父母のどちらかだと考えたそうです。

しかし、そこまで大きくはない家ですので、すぐ下を徘徊されているとなると父も平常心を保つので必死であったそうです。

しばらく足音に耳を澄ますと次第にひとつだった足音が二つに増えたように感じたそうです。

その二つの足音は次第にその歩く速度を速め、いよいよ聞くに絶えないものになってきたそうです。

父が下階の様子をみにいかんと腰をあげた瞬間に、廊下を踏む音が階段を踏む音に変わったそうです。

「上がってくるな!」父は気付けば恐怖心でそう叫んでいたそうです。

階段脇の非常灯のみがぼんやりと照らす下階を睨む父は、しばらく得たいの知れない何かに無言の牽制をしていたそうです。

滑稽な構図ではありますが妻と子供が眠る二階にソレを寄せ付けんとした父の勇敢な行動でもあったのかもしれません。

それ以降は足音もやんだそうです。

あとから父は、おそらくあれは曾祖母が曾祖父を追いかけていたんだろうと言っていました。根拠はありませんが生前の曾祖父母を知っている私からすれば納得もできるような気がしました。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
8464
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

さすがの父親も恐怖を感じたのでしょう笑
恐らく私でも、いくらなれた曾祖父母とはいえ、この世のものではない二人がセットで二階に上がってくると考えたら、たぶん発狂ぎみに上がってくるなと叫ぶでしょう。

オバジータさん

なるほどね。カカア天下だったのね。

しかし・・・何故オバジータさんのお父さんは、曾祖父母たちが二階に上がってこようとしたのをやめさせたのかなって思ったんですよ。

曾祖父母たちから悪意を持った感じを受けたんですかね。

再読したら、また気になっちゃったもんで(`-д-;)ゞ

紫音さん
コメントありがとうございます!
文章力が乏しいせいで、最後の部分をハートウォーミング(笑)な感じで飾ったつもりでいたのですが、どうやら伝わりずらかったようですね😖

最後の部分は、曾祖父母夫婦がかかあ天下といった感じで、曾祖父が尻にしかれていたのを私は知っていたので、なくなった後も曾祖父が曾祖母に追いかけられていたという父の考えにも頷けるという感じです☺
この説明すらも少しわかりづらいですがご容赦を。

曾祖母さんと曾祖父さんの生前の様子がどんな感じであったのかが気になりますね。