短編2
  • 表示切替
  • 使い方

カミサマ

wallpaper:224

「これがね、ボクのカミサマ。」

及川さんが小学生の頃、近くの林の中に作った秘密基地で、佐村君が突然打ち明けた。

「何言ってんだ?これただの石じゃんか。」

子供の手の中に収まる大きさの小石を、佐村君はカミサマと呼んでいた。

「よく見てみて。っていうか聞いてみて。」

佐村君が石を近づけてくる。

どこからどう見てもただの石ころだ。

…あれ?

その石から小さな音がする。

思わず耳を近付ける。

本当に小さな、集中していないとわからない音が石から出ている。

…音?……いや、声?何か話してる?

「…すげえ!何これ!?」

興奮ぎみに佐村君に問いかける。

「この前川に泳ぎに行った時見つけたの。誰にも言わないでね。」

「わかった。けどさ、その石ころが喋ってるのはわかったけど、それで何で神様なの?」

「わかんない…。たまに石が自分でカミサマだって言うの。」

「何か御利益とかないの?願いが叶うとか?」

「ないと思う。今のところ何もないよ。」

…なんだそれ?何でそんなのが神様?

「全然神様じゃないじゃん。喋る石じゃん。」

「止めなよ。カミサマ馬鹿にしたら駄目だよ。」

勝手に御利益を期待して、肩透かしを食らった及川さんは、佐村君に怒られて機嫌が悪くなった。

「神様なら願い事の一つや二つ叶えて見せろよな。」

腹立ち紛れに佐村君に当て擦る。

「カミサマに失礼だよ!バチがあたるよ!」

佐村君が慌てて諌める。それが益々気に入らない。

「だから何が神様なんだよ!石じゃん!おい神様ならバチでも何でも当ててみろよバーカ!」

頭に来てそう言い放つと、秘密基地を飛び出した。

「駄目だよ!カミサマ怒ってるよ!」

背中ごしに佐村くんの怯えるような声が聞こえた。

家に帰ると、妹が階段から転げ落ちて死んでいた。

Normal
閲覧数コメント怖い
9172
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

自分にこないんだ…
恐ろしいな(つд;*)

ん〜〜ん その石が何かの神なら、神への冒涜に対する報いは余りにも大きすぎる。
生きながらにしてカルマを背負い続けるか…

怖いねぇ(-.-;)y-~~~