短編1
  • 表示切替
  • 使い方

風呂場にて…

私の遠い親戚に耳の聞こえない三人兄弟がいます

親戚のおばちゃんは 生まれる子供がみんな 先天的に耳が聞こえないので

不思議に思い調べたら

おばちゃんの家は

かなり以前に

一家心中があったそうです

理由は借金苦だったらしく

きっと聞きたくない怨念みたいなモノが家に残っているんだ…と聞きました

そんな話しを知っていた私は中古マンションを購入する時に

慎重に物件を選びました

先日シャワーを出しっぱなしにしながら洗髪をしていると

私の首筋の後ろから腰までを

小さな

暖かい

柔らかな

子供の手が

スッー ー

となでました

ぎゃぎゃ

びっくり

振り向くと誰もいません

怖くて 怖くて

まだローンが20年もあるに!!

知り合いから買ったマンションなのに

慎重に選んだマンションなのに

心霊現象なんて

やだ やだ

でも絶対触った 小さな手だった 絶対触った!

私はシャンプーが目にしみながら

そそくさと風呂場を出た

風呂場のドアを閉めようとした時

私が風呂場の床に見たモノは…

水分を含み

ふにゃふにゃになった

冷えピタだった

そう言えば昨日

首の後ろが痛くて貼ったんだっけ…

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名小杉おばちゃんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ