短編2
  • 表示切替
  • 使い方

廃病院

ある大学生の5人の話です。 その5人は深夜心霊スポットに行くことにした。それは関東で知る人ぞ知る廃病院だった。

wallpaper:691

最初は車の中ではしゃいでいた5人。ついたとたん冷たい空気が肌に感じる、、。

「なんかめっちゃ怖そうだな!」5人は入口行ったが頑丈に南京錠で閉ざされていた。

5人のうちの一人が「ここ窓ガラスだから石かなんかで割って入ろうぜ!」と言った。かれは大きな石をガラスめがけて投げた。ガラスは割れた。

そして5人は入った。中は嫌な寒さだった。

sound:3

すると1人が震えながら前を指さした。「ねえあそこ、、、」指をさした方向には壁に赤い字でこう書かれていた、、、、私の死体はこちらです→。やじるしがさす方向に5人は行った。長い廊下を歩いてしばらくたつとまた壁に、、私の上半身は地下、私の下半身は2階と書いてあった。

すると1人が「上半身は怖いからせめて下半身にしよう」といいほかの4人も賛成した。2階の廊下を進んでいくと、

私の下半身はこの部屋です。と書かれていた。その部屋はロッカーなどがたくさんある看護師専用の部屋だった。

すると一人が「これじゃないか?」と問いかけた。そこには赤く染まったロッカーがあった。5人は恐る恐る開ける。

すると中には何もない、、、5人は安心したしかし一人がロッカーの中に紙が入っているのに気づいた。

その紙をほかの奴らに知らせ読むとこう書かれていた、、、、、、、上半身がそちらに向かっています。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
8120
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ