中編2
  • 表示切替
  • 使い方

足音...

wallpaper:57

music:2

※これは、私が20歳で上京してきて初めて住んだアパートで、本当に起こった話。

nextpage

その日は仕事が長引き、時計を見ると、11時を回っていた。

会社から自宅までは約1時間。

「家に着く頃にはもう明日かぁ」などと心の中で文句を言いながら、疲れていた事もあり、自然と早足になりながら帰路を急いだ。

nextpage

満員電車+コンビニに寄ったので結局家に着いたのは0時30分頃だった。

玄関を開け、溜まっている食器には目もくれず、キッチンを通りすぎ、ベッドへ直行。

そのまま倒れ混み、少し休もうと目を閉じてしまい、そのまま眠りについてしまった..

nextpage

しばらくすると、外から「カン、カン、カン、カン」と階段を登る音がして目を覚ました。

こんな遅い時間に誰だろうと少し不審に思ったが隣に住んでいる大学生が帰ってきたのかなと思っていた。

nextpage

だがおかしい...

いつまで経っても階段を登る音が消えないのだ。

一定のリズムで「カン、カン、カン、カン.............」

階段の段差はそこまで多くないし、明らかにおかしいと思い、正直怖かったのだが好奇心の方が勝り、様子を見に行って見ようと、玄関の扉を開け、外に出てみると音が聞こえなくなってしまった。

「なんだ、寝ぼけたのかな」と独り言を言いながら部屋に戻ってしばらくすると、また「カン、カン、カン、カン」と階段の方から音が聞こえてきた。

nextpage

しかし今度はすぐに階段を登る音は消え、「ズルッ、ズルッ」と足を引きずるような音が聞こえてきた。徐々に音が近づいてくる...

nextpage

さすがに怖くなった私はもう寝てしまおうと布団にくるまったのだが、ふと玄関の鍵を掛け忘れたことに気付いた。

慌てて鍵を掛けに行こうとしたその時、自分の部屋の前で足を引きずる音が止まった。

このままだと何かわからないが得体の知れないモノが入ってきてしまう、直感でそう感じたのだが、恐怖で体が動かず、金縛りのような状態に陥ってしまった。

ドアノブが回り、扉が少しずつ開いていく...

nextpage

shake

wallpaper:79

この世のモノとは思えない目がそこにはあった...

怒っているのか、悲しいのか、笑っているのか。

私には分からなかったが何かを訴えようとしていたのは間違いないと思います...

nextpage

私が覚えているのはここまでです。

目を見た瞬間、意識が無くなり目が覚めると朝になっていました。

アレがなんだったのか、今でもわかりません。

皆さん、戸締まりだけはしっかりしてくださいね。

Normal
閲覧数コメント怖い
4562
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

仲間さん、初めまして。
誤字の指摘頂いてありがとうございます!
私も実体験しか書く気はないので同じですね!

仲間さんのお話も勉強がてら読ませて頂いています、今後とも宜しくお願いします!

初めまして
とても興味深く面白かったです
気を悪くすると思い、申し訳ないですが、
「不信」→「不審」かと・・・
私も実体験した事しか、投稿していませんが、
そういう目に合うのは嫌ですね(笑)