短編2
  • 表示切替
  • 使い方

…死んだ時はさ…

この話は、私の兄k男の彼女が言ったことなんですが…。

以前、お話をさせていただいた「侍」の守護霊のいる k男の彼女t美に何気無く、聞いてみたんですよ。

「ねぇ、人は死んだらどうなんのかなー?」と。

「うーん、一緒じゃないの?」とt美が言う…。は?何が?と皆さんも思うでしょ?

私が「何が一緒なの?全然答えになってない気がするんだけど…。」と問いただした。

すると、人生の哲学を思わせるような事を言い放った。

「ねぇ、今私達は学生でしょ?親にお世話になりながら学校に行かせて貰ってるよね。それが「胎内」。そして親の金銭的な援助を受けず、自立した状態が「産まれた時」。

「ねぇ?何となくわかる?」と言ったので、「まぁ、何となくだけどそれは分かるよ。じゃなくてさ…」とまた、問いただそうとすると、「わかってるよ。死後の事だよね。要するに「繰り返す」んだよね。」

「あぁ、輪廻って奴?」

「でも、さっきの胎内→産まれた時 と、

学校 → 自立の時に「輪廻」って思う?」とt美。

「そうだね、あんまりそれと結びつける人は居ないかもね?」とマコ【私です】。

「でしょ?でもね、それも俗に言う「輪廻」なんだよね。だから、自立して「生きている」事って、「生かされてる」事になるんだよ。だからさ、「生き抜く」為には色んな事があり、幸も不幸も自分次第。

それで「死後」は、どう「生き抜いたのか?」が、照準になり俗に言う「生まれ変わる」とか、「天」に止まったり、その辺にいたりとか、ね?一緒じゃない?」

今になって、この言葉が本当の意味で半分位わかったような気がします。

「だから、この前のk男の「落ち武者」は生き抜く事が出来ずにその辺にいたんじゃないの?」と。【落ち武者について知りたい方は、「ソレ、どっから連れてきた…」を見てください。】

「と、言うことは一番大事な事は「生き抜くこと」だね!」とわかった風に言うと、

「ちゃうでしょ?一番大切な事は「感謝」でしょ?」と。

むーん、今自分で書いていても「なるほどな!」となります。

今回は怖い話ではありませんでしたが、誰にでも「死後」の事は知りたいし、そして「怖い」し…。

Normal
閲覧数コメント怖い
9394
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

姉と現在の職場のおかげで、「ありがとう」は沢山言いますが、心からの感謝というのは、
そうそうありませんね

私としては、「生きて」「死ぬ」・・・
もし、本当に輪廻というのがあれば、魂の経験したい…経験し成長したい!
というような事だと思っています。
そして、生霊とかという言葉に対しても、アニメの見すぎですが(主にナルトや封神演義)、
魂の分身みたいなものと解釈しております。

まこさん
考えさせられる。
よく内の死んだ親が何時も言ってたことを
思い出しました。
生きてくことは、大変だ。死ぬのは楽だ。
何も無い。人間に生まれ変わるのが
一番大変だ。と

裂久夜様

怖いとコメントありがとうございます!

そうですね。「生きて」これて「死ねる」のだから、色んな人に感謝しておいた方が良いと思います!

感謝を忘れず生きるのは難しいですよね…
死後も感謝に拠って違うのでしょうか?