中編3
  • 表示切替
  • 使い方

サイドミラーには…

wallpaper:1109

これは、一番最近の体験…

nextpage

今年の3月、俺が営業回りで乗るライトバンがついに寿命を迎えた。

走行距離は23万㎞弱。

ホントによく走ってくれた。

最後の頃は、オートマなのにギアが変わらない、坂道は一杯に踏んでも30㎞/hちょっとしか出なくなり、わが社のケチ社長もさすがに買い換えを決めた。

とはいえ、さすがにケチ社長。

届いた車は、どこの廃車置き場から拾って来たの?

って思うほどのボロいライトバン…

『マジかよ…』

初めてその車を見たとき、思わずこぼした一言…

車の周りを見て回る…

助手席のドアの動きが悪い…

しばらく開け閉めを繰り返していたときだった…

ゾクッ…

なんとも例え難い寒気…

俺がこの世のものでは無いものを見る前によく起こるこの寒気…

背骨を直接掴まれてるような感じ…

それと同時に誰かに見られてるような気配…

『マジかよ…、もしかして事故車か…』

nextpage

車に乗り込む…

いや~な湿気…

確かに外は雨…

でもそれだけでは納得出来ないほどの嫌な感じ…

カビ臭さと錆の匂いが同居したような車内…

ため息しか出ない…

とりあえず、外回りに出る…

nextpage

運転中も嫌な寒気はおさまることが無い…

営業先に向かい、交差点を左折…

ふと、助手席側のサイドミラーに目をやる…

自転車!

慌ててブレーキを踏む!

『巻き込んだか?…』

でもなんの衝撃も感じなかった…

車を降りる…

誰も居ない…

なんの痕跡も無い…

気のせいか…

疲れてるのかな?…

nextpage

その場所での営業を終え、再び車に戻る…

路地を抜け、幹線道路に出る…

左折…

さっきのこともあったので、左後方を黙視

誰も居ない…

サイドミラーは…

nextpage

居た…

wallpaper:654

さっきの自転車の女…

再び振り返るがそこには誰も居ない…

なんとなく理解した…

彼女はこの車に巻き込み事故かなんかではねられたんだろう…

それで助手席側のサイドミラーの中に存在する…

ゴメン、はねたのは俺じゃないんだ…

俺は何もしてやれない…

nextpage

その日、左に曲がる度に彼女は現れた…

3月のまだ寒さの残る雨の日に、半袖のシャツにジーンズという姿で…

nextpage

wallpaper:920

それからしばらくたった日だった…

その日も雨…

時間の空いた俺は海沿いの広場に車を停め、少し遅めの昼食をとっていた…

視線を感じる…

サイドミラーに目をやる…

やはり居た…

nextpage

wallpaper:653

いつもと同じ雨の日…

いつもと同じサイドミラーの中に…

ただいつもと違うのは、血だらけの顔…

目が合う…

強い怨みって感じではない…

悲しそうな顔…

どしゃ降りの雨の中、傘もささずにたたずんでる…

とても悲しそうに…

瞬きもしないで…

『ゴメン、同じ事を言うようだけど、俺には何もしてやれない…

ただ、あなたが安らかに眠れるように祈ることしか出来ないんだ…』

そうつぶやくと、彼女は消えた…

nextpage

wallpaper:792

車を変えるべきなのかな?

でも、憑いてるからなんて言えば、頭がおかしくなったって思われるだろうな…

特に悪意も感じないし、とりあえず乗るか…

呑気な俺はとりあえずそのまま乗り続けることに決めた…

nextpage

それから2週間後…

俺の出張中のことだった…

事務のおばちゃんが、俺の車に乗り銀行へ入金に行った時…

用を済ませ、駐車場から出ようとしたとき、急にエンジンが停止…

結局、廃車になった…

駐車場から左折で出ようとした時だったそうだ…

その日も雨が降っていた…

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7332
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

仲間さん、コメントありがとうございます。
どうなんですかね?
つぶやきで話した後、出ては来なかったですけど…
車も廃車になったことだし、成仏出来てたらいいなぁって思ってます。

サイドミラーの中の彼女は成仏したのでしょうか…?

烏賊サマ師さんに、何も起きなくて本当に良かったです。
それにしても、呟いた言葉は聞こえるものなんですね~~