長編7
  • 表示切替
  • 使い方

執着

今は、沢山のSNSが存在しています。

まだ今のように、沢山のSNSが無かった平成17年頃。

TVのCMがバンバン流れ、会員数を増やしていたSNSがあります。

現在もであります。

無料で使えるという事で、出合い系として使う人も多かった。

nextpage

ここに、平成17年当時、このSNSに登録した人がいた。

×1で、二人の息子を育てている34歳の女性のM。

無料のゲームで遊ぶのが目的で登録した。

しかし、伝言板や専用のメールに、異性からの連絡が増えてきた。

nextpage

どのSNSにも、プロフィールというモノがあり、Mも簡単に自己紹介を含むプロフィールを公開していた。

ペンネーム、年齢、性別、居住地等を、偽りなく書いていた。

ペンネームは、名前をもじった「まゆたん」と名付けていた。

Mに、一通のメールが携帯に届く。

SNSのメールが届いた、連絡のメールだった。

nextpage

Mがメールに記載されていたURLに入ると、Uという男性からのメールだった。

何度か、伝言板にコメントを残していた男性だった。

内容は、まず自己紹介が書かれていた。

隣県に住む、Mと同世代で、一歳年上。

半導体の工場で働き、実家住まい。

Mは、まぁ、メールだけならいいか。と、軽い気持ちでメールしていた。

nextpage

するとだんだん、現実的な内容のメールになっているのにMは気付いた。

一度だけ会いたいとか…。

好きになったかもとか…。

とにかく、MはOに誘われていた。

「とにかく一度会いたい」と…。

nextpage

SNSのメールに本アドが書いてあり、Mは仕方なく本アドに「まゆたんです。メアドありがとう」とメールを書いて送信した。

nextpage

すると、間を置かずにOからのメールが届いた。

それから、メールでのやり取りを続けていた。

写メが届いたり、届けたり…。

そんなある日だった。

「まゆたんに、会ってみたい」

Oからのお誘い。

nextpage

Mには二人の息子がいて、長男は中学3年生で、次男は小学5年生。

会うのは構わないが、Mの方から出向くのは不可能。

子供を置いて、Oの住む場所へ行く事は、母親として出来なかった。

その事を理解してくれたOは、Mの住む場所へ来てくれる事になった。

会った後の馴れ初めは、こちらで書ける内容では無い為、書くのは控えます。

nextpage

お互い惹かれ合い、出会った場所はSNSだったが、そんなモノは関係ない。

SNSで知り合って、半年後に恋人同士になったMとO。

恋は盲目という言葉があるが、Mは子供を親に預けて、Oが住む場所へ遊びに行く回数が増えた。

特急を乗り継ぎ、Oと楽しい一時を過ごし、その日の内に特急で帰宅。

nextpage

こんな事を、週一、月に4回ほど繰り返し、半年ほどMからOの住む場所へ行っていた。

特急代、ホテル代、食事代、映画代等、全てMが支払っていた。

まさに、恋は盲目状態で、生活費をOとの恋愛の為に使っていた。

カツカツな生活になり、Oの住む場所へ行けなくなってしまった。

nextpage

子供達は、何も言わなかった。

母親が幸せならば、それでいい。

自分達が我慢すれば、それでいい。

そう思っていた。

nextpage

そんな中、出会って一年が経ったある日。

仕事で失敗をしたOは「ここに居たくない。Mと一緒に住みたい」と、Mに愚痴ってきた。

散々話し合った結果、OがMが住む家に転がり込む形で、同棲生活が始まった。

nextpage

同棲生活が始まったのはいいが、OはMが住む場所の地理が全く分からない。

派遣業に登録するも、すぐに仕事は紹介してもらえない…。

Oは、無職の状態が続いた。

当時Mは、パートの掛け持ちで働き、高校生になった長男は、定時制に通いながら、アルバイトをして生活をしていた。

nextpage

Mと長男の給料合わせても、15万ギリギリ。

4人で生活するには無理がある。

それに、Oと生活してる事が理由になり、母子手当も止めた。

男性が働いてなくても、男性と共に生活している場合、母子手当は止められてしまう。

nextpage

Oも派遣先で仕事が見付かっても、3ヶ月等の期間限定。

延長もできず、また職探しの日々。

同棲生活が2年半を迎えた夏、MはOに地元に帰るように頼んだ。

nextpage

2年半の間、Oは1年も働いておらず、生活はギリギリ。

これ以上同棲生活を続けても、誰も幸せになれない。

それに派遣切りという噂が巷を駆け抜け、そんな中Oは、正社員に拘っていた。

nextpage

正社員になりたいならば、地理が把握出来ない此処で暮らすより、地元に戻って職探しをした方がOのためになるとMは考えたのだ。

Mの精一杯の優しさだった。

そんな中、Mは特急で地元に戻った。

nextpage

戻った途端、OはMにこんな言葉をメールする。

持金がない。

親父はMを恨んでいる。

仕事なんて簡単に見付からない。

マイナスな事ばかりのメール。

nextpage

持金がないというから、お金を一度だけ振り込んだ。

しかしこれも、増やそうとスロットをしたら30分もしないうちに消えたとか…。

親父がMを恨んでいるという事も、Oが地元に戻った時、地元に戻った本当の理由を親に正直に伝えていたのか疑問が残る。

仕事が見付からないのは、Mの責任ではない。

nextpage

そんな時、再びOから「持金がない」とメールをしてきたOにMは励ましのメールを送った。

「お金は貸せないけど、精神的に支えてるつもりだからね」と…。

しかしOは「励ましにもなってない。俺の事はほっといて」というメールが届いた。

酷い言葉である。

nextpage

確かにお金が無いのは不安だろう。

だけど、お金には変えられない想いというモノあるはず。

精神的な支えとは、お金ではない。

人の優しさや思い遣りは、精神的な安らぎになるとMは思っていた。

nextpage

その想いをOに伝えたかったが、しかしOには、Mのこの優しさや想いは伝わらなかった。

それと、Oにとっての精神的な支えはお金なんだと実感したMは、Oに別れを告げた。

別れを告げられたOは、すんなりとOKした。

3年半の苦しい恋から足を洗ったM。

nextpage

それから1年後。

Oから電報が届いた。

「サミシイ、アイタイ。」

ただこれだけ。

しかしMは、読んだ電報をゴミ箱へ捨てた。

nextpage

しかし、2日に1回のペースでOから電報が届く。

書かれている内容は、全て同じで「アイタイ」「サミシイ」といった言葉だけ。

これが、半年続いた後の電報に「アシタアイニイク。マッテテ」という内容で、これは完全にストーカーである。

nextpage

Mは、3通目からの電報を保管していて、この100通を越す電報を手に持ち、近くの警察署へ駆け込んだ。

すぐに取り合ってくれて、翌日、Mの自宅周辺をお巡りさんが警備してくれた。

nextpage

何も知らないOは、翌日のお昼過ぎ、Mが住む場所へ現れた。

写メで顔を知っているお巡りさんが、Oに声を掛けた。

「Oさんですよね?Mさんからストーカーの被害届けが出てます。こちらへどうぞ」

Oはそのままパトカーに乗り、警察署へ連れて行かれた。

nextpage

離れた場所で、流れを見ていたMは、婦警さんと共に、警察署に出向き、取り調べをされているOを小窓で見ていた。

Mは、Oとの同棲生活からの話をしていて、お巡りさんは全ての流れを知っている。

Oは今でもMの事を愛しているとか、Mには自分が必要だとか、一生懸命に説明しているが、お巡りさんには通じなかった。

nextpage

そしてOは、Mが住む県への出入りを禁止した…。

Oは納得していない様子だったが、渋々承知して地元に戻った。

それからMは、平和な生活をしていた。

nextpage

すると、ある日曜日。

Mの自宅に、ある女性が訪ねてきた。

その女性は、Oの母親だった。

突然の訪問に、驚いたM。

と同時に、怖さを感じた。

自分は行けないから、母親をよこすとは、どこまで執着してるのか!と…。

nextpage

自宅には上げたくなかったので、近くの喫茶店へ行き話しを聞くことにした。

「貴女の事ばかり考えてノイローゼになってる」

Oの母親から聞いた時、絶句した。

Mは、同棲生活中のOの事を説明した。

nextpage

しかし、あの子は優しい。

あの子は弱い。

貴女が居ないとダメになる。

Mの話を無視した言葉の数々。

それに、父親はMの事を恨んでいる。

その事を言えば…。

大丈夫しか言わない。

何がどう大丈夫なのか。

肝心な事を話さない。

nextpage

それに、Mの子供達は、Oの事を恨んでいる。

働かず、生活費に渡したお金は、スロットで使う。

それを子供達に「Mには話すな」と脅し、Mの親からお金を落としたと借りに行く。

そのOの姿を、子供達は見ている。

nextpage

それに、子供達の事を愛せないOと、また恋人同士になる事は出来ない。

ノイローゼになるのは、Oではなく自分だ!と付け加えた。

それでも、一度だけ会って欲しいと懇願する母親を前にして、携帯で婦警さんに電話をした。

nextpage

Oの母親が来ている事と、此方に来た理由も話した。

Oに会う事は出来ない。

だから、Oに関わる人とも会いたくない。

事情を話したら、婦警さんが来てくれた。

Oの母親は、婦警さんの説得に、応じてくれて、地元へ戻ってくれた。

nextpage

それから、何度かOやOの母親から手紙や電報が届いていたが、読まずに捨てていて、やがてそれもなくなった。

nextpage

39歳の時に、Mはある男性と出会った。

恋愛は止めていたMだったが、子供達の父親になりたいと言われ、お付き合いする事になった。

その男性は、自営業で生計を立ててる×1の43歳のS。

1年のお付き合いの末、目出度く結婚。

現在、幸せに暮らしている。

nextpage

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
8424
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

仲間さん。こんばんは。
コメントありがとうございます。

半分実話で半分作り話でして、警察の件は実話です。
同じ言葉の電報を2日に1回の割合で届くなんて、本当に怖いですよ?
犯罪を未然に防ぐのも警察の仕事ですからね。

あんみつ姫さん。こんばんは。
コメントありがとうございます。

半分実話で半分作り話です。
どこが実話でどこが作り話かはヒミツてす。

今のSNSは厳しいですし、メアドなんて書いた時点でアウトですよ。

陳腐な内容ですが、用意に想像できますね。

正しく、この親にしてこの子ありですね
親が過保護にして子どもをダメにしていると感じました。
んー、SNSが怖いというよりも、それを使う人間次第でどうとでも変わると思います。
私としては、幸せであれば結果オーライで過去のアレな事は、良い勉強代になるのでは思います。

それにしても、警察の方のイメージが…ストーカー被害でも実際に殺人等にならないと、動かないものだと思ってました。

人が怖い話ですね。
ありがちな話ですが、実話なのでしょうか。
SNS怖いです。