短編1
  • 表示切替
  • 使い方

呼び声

music:4

これは、私が小学5年生の話

学校と塾の宿題を仕上げて仕舞おうと

机に向かった時、名前を呼ばれた。

nextpage

sound:40

「牡丹」

…誰?

男の人の声。

でも、両親の声じゃない。

弟でもない。

誰の声?

ゆっくりと、恐る恐る振り向いたが誰もいない。

薄暗い室内と別の部屋へと続く白いドアが見えるだけで、声を発した者はいない。

姿は見えない。

でも、ハッキリとした声が聞こえた。

急にゾッとなり、慌てて一階へ駆け下りると

そこには母がいた。

nextpage

母:「どうしたの?そんなに慌てて」

私:「さっき、二階に来た?」

母:「来てないよ」

私:「あたしのこと、呼んだ?」

母:「呼んでないよ」

nextpage

<呼んでない>

それもそのはず

母の声とは明らかに違う声色だったのだ

「そっか、分かった…」

それだけ言うと二階に行き、自分の部屋の机に向い、宿題に取りかかったが、内容が進むことはなかった。

nextpage

あの声は、あの時に聞こえたきり、

もう聞いていない。

ただ、声は、忘れてない。

気味の悪い、ねっとりとした声だったから。

でも、その声の主が私にとって厄介な存在であることを、まだ知らなかった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7478
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

こんにちは、裂久夜さん。
読んで頂き、ありがとうございます。

これからも載せていくので、今後ともよろしくお願いします。

これからの体験談が気になります。
よろしくお願いします<(_ _)>

こんにちは。
飛んでしまったとは、偶然でしたね(^_^;)
とはいえ、読んで頂いてありがとうございます(^^)

利き手、怪我をしていらっしゃるんでしょうか?
お大事にして下さいね(>_<)

うーん、一概にそうとは言い切れませんが、
無意識的に飛ばすことが多いと聞きます。
私達も、気を付けた方が良いかもしれませんね。

「怖い」押させていただきます。
沙羅さんのお話を読んでいたら、なぜか、急にこちらに飛んでしまいました。
今、利き手が不自由な状況でして。
たぶん、タイプミス・・。ということにいたします。はい・・怖いので。(笑)
次回作も楽しみにしておりますね。

私も 無意識に「飛ばしたり」「飛んだり」しているのでしょうか。
時々、疲れて怠くなるのも・・・

表示
ネタバレ注意

初投稿、ありがとうございます(^^)

こーゆーの、一度起きると連続しませんか?
続きが気になります!

表示
ネタバレ注意

実話でしょうか??
次回作が気になります(。>ω<。)