中編4
  • 表示切替
  • 使い方

ある人との出会い

music:4

去年の6月の末。

私は、ある人に出会った。

この人が、今まで私に憑いていたものを落としてくれた。救われたから、私は生きてる。

ずっと、私に憑いていたもの

人ならざるモノ

つまり、幽霊…

nextpage

当時の私は、荒んでいた。

深夜に出歩くのは、当たり前

興味本位で夜の仕事の世界に飛び込み、それがきっかけで大学の連中にイジメられた。

行きつけのBARを見つけ、そこに通い詰め、自分の好きなことだけをやっては、親とケンカ

たまに◯会い系の人と会い、遊ぶ。

そして、夜の仕事で稼いだお金でBARにまた行く…

居場所を求めるが、そんなモノ、何処にもない。

そんな現実から逃げてはお酒に酔う。

そんな馬鹿みたいなことを繰り返していた。

nextpage

ある日、大学の講義を終えて電車に乗っていた時にLINEにいきなり電話がきた。

◯会い系のアプリのチャットで知り合い、LINEのIDを交換し、話をするものの、それっきりの相手だったから放っておいたのだが、どういうつもりだろうと考え、少し警戒し、今は電車に乗っているので電話出来ないと状況を伝え、LINEでメッセージのやり取りを始めた。

家に帰ってから電話をすることになり、やり取りを後にして、電車で寝る。

nextpage

家に帰り、夕飯を済まし、iPhoneのチェック

仕事先からメールで連絡があり、返事を済ませた後、昼間に連絡があった相手にLINEを送り、メッセージのやり取りし、電話をする。

話は弾み、その話の中で以前から聞いていたギターの話になり、音楽仲間のLIVEがあり他の人も来るが、良かったら来ないかと誘われ、okをし、あと事前にどんな人か知りたい、今から会わないかと話になり、応じた。

nextpage

支度を済ませ、親を無視し家を出て、

雨の中、傘を差して歩く。

最寄り駅の近くに待ち、連絡する。

もうすぐ着くとのこと。

待っている間に親からLINEが来るが無視。

数分後、相手から連絡があり、

「着いたよ。◯色の車だよ」と言い、

車を見つけて窓をノック

車のドアを開けてくれた。

nextpage

私:「こんばんは(^^)

すいません、こんな雨の中来て頂いて」

相手:「いいよいいよ、こっちこそごめんね。

いきなり会おうだなんて言って」

私:「いえ、私もどんな人か知りたかったので。 逆に良かったです。」

相手:「そっか、うーん、ドライブでもしながらお互いのこと話そうか?(^^)」

私:「はい(^^)」

nextpage

色々話をしているうちに、道に迷い、相手が言い出した。

この先は、心霊スポットがあるから別の道に行こうと。

別の道に行き、そこから話題が変えられ、自然と私自身の話になり、私の周りで起こっているおかしな話をし、そこで何を思ったのか彼は見える人であることを明かし、写真のこと(※前作参照)について聞いてみた。

相手:「青っぽいのは、嫌いです。怨みとか妬み、そういう負の感情が強い。赤は、怒りとかあるからなー…」

私:「やっぱり、色々あるんですか?」

相手:「あるね。映ってないけど、見える時は見えるし」

私:「へぇー。実際に人に憑いているモノは見えますか?」

相手:「見えるね」

そこで私は、興味本位で聞いてしまった。

私:「私を見て、何か見えるものはありますか?」

nextpage

今思えば、何故それを聞いた?失礼だろうと考える。

だが、それを聞かなければ今の私はいなかった。

相手:「言っていいの?」

私:「はい。」

相手は、車をコンビニの駐車場に停め、私の方を向いた。

相手:「…糸が見える。」

私:「え…?糸、ですか?」

相手:「うん。いっぱい見える。中途半端な糸から色々と」

私:「その糸って、なんですか?」

相手:「人との縁」

nextpage

私:「縁、ですか?」

相手:「その他にも見えるけどね。」

相手は、後ろの席に目をやる。

私:「…もしかして、憑いてますか?」

相手:「憑いてるね。」

私:「あの…どういうものが憑いているんですか?」

相手:「…言っていいの?」

私:「…はい。」

相手:「まず、女。次に男2人。あと狐。」

私:「…多くないですか?」

相手:「多いよ。だって、ずっと憑いてるもん」

nextpage

私:「ずっとって、もしかして私が車に乗った時から、ですか?」

相手:「うん。というか乗る前から憑いてる。」

私:「⁉︎Σ(゚д゚lll)」

相手:「乗り込んできたんだよ、一緒に」

私:「…( ゚д゚)」

相手:「狐はね、君の親代わりみたいな感じでずっと唸ってたよ、俺に」

私:「何で唸ってたんですか?」

相手:「昔から狐とは相性が悪くてね。それでだよ」

nextpage

私は、まさか自分が取り憑かれているとは思ってなかった。

昔から怖い話は好きだったが、自分が憑かれていることは到底、想像出来なかった。

相手:「ま、狐にはさっき離れてもらった」

私:「え⁈いつの間に…」

相手:「ずっと唸られても、嫌だし。話をつけた。でも、君はね、実は色々とヤバいよ」

私:「え?」

相手:「だって、君の守護霊、もう隅っこの方に追いやられて守りきれてない。直に君に影響してる。」

私:「どうして守りきれていないんですか?」

相手:「君が生まれた時からずっと憑いてるやつがいて、そいつが今いる中で一番強い。生霊もいるし、厄介なやつばかりいるからさ」

nextpage

いきなりの爆弾発言に、クラリときた。

楽しい話とドライブから一転。

LIVEの話どころじゃなくなった。

初めて自分の状況に気付き、焦りと不安、憑いているモノに対する恐怖が一気に押し寄せた。

続く。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,1208
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

分かりました。
ペースを早めますね。

遅くてすみません。

あのー中途半端なんですが?
続きがあるなら早く見せてください

追伸です。
私のコメ、牡丹さんの気持ちを優先に、削除して頂いて構わないですよ(^^

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

牡丹様…
どれだけ沢山背負っていたのですか(T_T)?

とっても気になるので続きに行きますε=ε=ε= ┌(;´゚ェ゚)┘

表示
ネタバレ注意