短編1
  • 表示切替
  • 使い方

水たまり

wallpaper:174

最近体験した話。

nextpage

その日の天気は最悪だった。

雨もひどく、風も強い…。

傘をさしていても中へ吹き込んでくるので、足元はびしょ濡れ。

そんな天気に、心の中で悪態をつきながら帰宅していた。

nextpage

途中、通ることが困難な場所があって、いつもとは違う道を歩くことに。

少しだけ遠回りなだけだから…と軽い気持ちで。

nextpage

もう少しで家に着く、そう思った時、ふと目の前にあった水たまりが気になってしまった。

水たまりなんて雨が降っているのだから珍しくもないのに…。

そして私は走った。

nextpage

なぜなら、水たまりの中から何かが手を振っていたのだから…

nextpage

周りの草木が揺れているのかと思ったのだが、そんなものはない。

本当に怖かった。

Normal
閲覧数コメント怖い
4940
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ