短編1
  • 表示切替
  • 使い方

☆☆忘れ物☆☆

僕は学校の帰りに立派な林檎が1つなっている木をみつけた。

でも その林檎はすごく高いところにあった。

僕はゆっくりと木を登っていった。

それからやっと林檎を掴んだ。その途端落ちてしまって後頭部を強く打ってしまった。

でも何故か全く痛くなかった。早くお母さんに自慢したいから走って帰った。

僕「お母さんただいま」

母「おかえり。あれ?どこ?」

僕「ここだよ?なんで探してるの?」

僕は気づいたんだ

僕「お 母 さ ん 僕 ね 体 忘 れ て き て し ま っ た」

怖い話投稿:ホラーテラー skさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ