中編5
  • 表示切替
  • 使い方

ストーカー 始まり

ある日の仕事帰り、いつものように電車に揺られ帰途に着こうとしていた。

自宅の最寄り駅に着き電車を降りた。

なんとなくふと視線を動かしたら、ホームのベンチに大学生位に見える男性がぐったりと横たわっていた。

駅には帰途に着くであろう利用客で溢れ返っていたが、男性に目を向ける事はあっても何事もともなかったように足早に通り過ぎていった。

酔っ払いか?などとも思ったが、今日は定時にて職場を出たため、そんな時間にはまだ早過ぎる気がした。

体調が悪く動けなくなっている可能性あり、酔っ払いだったとしても放っておくのもしのびなく、近くに寄り少し様子を見てみることにした。

様子を見てみると男性は苦しそうに肩で息をし、顔色も青いを通り越し蒼白になっていた。

これはただ事ではないと思い男性に駆け寄った。

「大丈夫ですか?」

私が声を掛けると男性は弱々しく顔をあげ、

「大丈夫です。少し気分が悪くて…多分貧血だと思うので休んでいれば大丈夫です。」

男性はそう言ったものの、とても少し休めば回復するようには見えなかった。

「とりあえず駅員さんを呼んできますので、ここで休んでいてください。」

私は男性にそう告げ、ちょうど口を付けていないペットボトルのミネラルウォーターを持っていることに気が付き、それを渡し駅員さんを呼びに行った。

駅員さんに状況を説明し、急いで男性の元に向かった。

後は駅員さんに任せその場を離れようとしたが男性に呼び止められた。

「ありがとうごさいました。ご迷惑おかけして申し訳ありません。後日お礼をさせて頂きたいので連絡先を教えてください。」

私は駅員さんを呼びに行っただけで特に何もしていないし、知らない男性に連絡先を教えるのも怖いので、丁重にお断りした。

だが男性は引いてくれず、自分の連絡先をメモしそれを私に渡した。

「お礼がしたいのでここに連絡をください。本当にありがとうごさいました。」

その場はとりあえず男性の連絡先を受け取り帰宅した。

連絡先を受け取ったものの、別に見返りを求めて男性に声を掛けた訳でもないので、申し訳ないが連絡先は処分させてもらい、その出来事はそこで終わった。

そんな出来事から数週間、私は駅で声を掛けた男性のことはすっかり忘れていた。

だがなんとなく違和感というか異変が起き始めた。

私は割と勘のいい方なのだが、なんとなく視線のようなものを感じるようになった。

気のせいということもあるので、疲れているのか?などと思ったり、その時主人が長期出張にでていたので精神的な不安からくるものか?などと思い、気にしないように努めていた。

仕事から帰宅し集合ポストを確認してみると、切手も貼っていない送付元も宛先も記載されていない封筒が入っていた。

連日続く視線もあり少し気持ち悪さも覚えたが、自分の家のポストに入っていたものなので持ち帰り中身を確認してみることにした。

封筒の上から見てみた所何の変哲もない普通の封書のように見える。

透かしてみたり振ってみたりしたが、やはり異変はない。

思い切って開けてみることにした。

中には手紙が1枚入っていた。

『この間◯◯駅で助けて頂いた者ですが本当にありがとうごさいました。お礼をしたいと思っていたのですが連絡を頂けなかったので、手紙を送ることにしました。俺は土日は学校もなく空いているのでいつでも連絡ください。連絡お待ちしています。』

だいたいこのような内容が書かれていた。

駅で助けたといえば思い当たるのは、数週間前に体調の悪そうな男性に声を掛けたことくらいだった。

だがその男性には名前はおろか、住んでいる所なんて教えていない。

頭の中は?でいっぱいになった。

すぐに主人に電話を掛け今までの出来事を聞いてもらった。

主人は兎に角戸締りをしっかりすること、危険だと感じたら実家にすぐ帰ること、そんな事がつづくようであれば警察に相談することを私に言い聞かせた。

また手紙は何かあった時に証拠になるので、気持ち悪いとは思うが取って置くように言われた。

主人に話を聞いてもらえたことで安心し、手紙くらいなんてことないかとその時は楽観視してしまった。

だが私の考えは甘く、次の日から毎日集合ポストには切手のない宛先も送付元も記載のない封筒が届くようになった。

その内容は最初の頃は文体も丁寧で、兎に角お礼がしたいから連絡をくれといった内容だったが、日に日に内容はおかしくなっていった。

かなり気持ちの悪い内容で、思い返すのも気持ち悪いくらいだ。

『貴方は俺の天使だ。こんな俺に優しくしてくれ、想ってくれている。君からの贈り物(恐らくペットボトル)は俺の宝物だ。君の想いは俺が全て受け止めるよ。』

『なんで俺たちはこんなに想いあっているのに空回ってしまうんだろう。恥ずかしがらずに素直になって。』

『最近帰りが遅いようだけど忙しいのかな?忙しくて俺に連絡出来ないんだね。君の想いはいつも俺に届いているから安心して。』

他にも気持ちの悪い手紙はあったが、思い出すのも恐ろしい。

『帰りが遅い』という記載もあり、見張られているのかと思い、心底恐ろしくなった。

これは流石に危険を感じ主人や実家の父に相談した所、今まで送られてきた手紙を警察に届け、すぐに実家に帰ってこいということになった。

私は手紙を持ちすぐに警察へと向かった。

しかし、本人は恐怖を感じ身に危険を感じているが、手紙のみで他に被害はない。

警察では今の段階では動くことが出来ないと言われてしまった。

家の周辺は巡回を強化してくれることにはなったが、私には気休めにもならない。

そのまま実家に逃げ帰った。

実家では暫く穏やかに過ごすことが出来ていたが、その穏やかな日常も長くは続かなかった。

夜になると金縛りにあい、起きている時も体が怠い、なんとなく気分が優れない。

終いには霊感の強い父に、

「お前の周りから嫌な気配がする。念の塊というか…いつもと纏っている気がまったく違う。恐らくお前に手紙を送ってきている男の念か?いや他にも何か獣の様な気もするが。」

などと言われてしまった。

私は以前生き霊の類に付きまとわれたことがあったので、

「もしかして生き霊とかじゃないよね?」と完全に怯えていた。

「そこまでの強さはないから生き霊ではないが、呪詛のようなそんな邪悪さを感じる。一刻も早く犯人を見つけ原因を調べなければならない。」

警察は動いてくれない、だからといって私には何も出来ない、頼りの姉も(姉も霊感の様な不思議な力があり、無意識に邪悪なモノを跳ね返してしまう力があり、過去に姉のその力で助けられた事があった。)すでに嫁いでしまっていて今回は頼る事が出来ない。

父も呪詛の元を突き止めないことには対処療法くらいは出来ても、なす術がないと。

八方塞がりだった。

続く。

Normal
閲覧数コメント怖い
2,12916
27
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

鏡水花さん

いつもコメントや怖いを大変ありがとうございます!

お父様の容態が安定されたとのこと、何よりです(o^^o)
お仕事にも追われているようで、どっと疲れが出るかもしれないのでご注意くださいね。

ストーカーの行動原理って意味不明ですよね…。
今ではストーカーという言葉を当たり前のように耳にしますが、少し前まではそんな言葉なかったですよね。
しかもストーカーされる側にも問題があるような言いようをされていた始末ですからね(›´A`‹ )

鏡水花さんの体験談は凄まじいですね!
飛び蹴りなんてなかなか出来るものではないですよ!!
そんな男は飛び蹴りで問題ないです(๑•̀ㅂ•́)و✧

宵闇さん、おはよー(⌒▽⌒)
先日はメッセを有難うございました(*^^*)
お陰様で父の容態も少し落ち着きを取り戻し、そして昨日までは仕事の〆切に追われ…やっと皆さんの投稿を読める様になりました♫

しかし…
親切を仇で返すとは…(*`ロ´ノ)ノ

ストーカーになる奴って、自己愛の異常に強い人なんでしょうね(>_<)

私の若い頃…
未だ、DVやらストーカーなんて言葉もなかった頃、当時付き合っていた人の束縛が激しく、言う事を聞かないとDVを受け…
頭に来て、反撃(飛び蹴り)をし、猛ダッシュで逃げ、別れを言った後…
毎日、当時の職場の某ファッションビルの私のいる階のエスカレーター横で待ち伏せされたりとストーキングされ、怖かったです(T_T)

どうやっても力で敵わない相手の執拗な愛情…
恐怖以外の何者でもないですよね(T_T)

meさん
闇神楽さん

最後までお読み頂き、また怖いを付けてくださりありがとうございます!

もう本当にお読み頂けるだけで感激なのに、怖いを付けて頂けるなんて(*´°̥̥̥̥̥̥̥̥﹏°̥̥̥̥̥̥̥̥ )
拙い文章ではありますが、少しでも皆様に伝わっていれば嬉しく思います!

パピヨンさん
mamiさん

お読み頂き、また怖いまで付けてくたさりありがとうございます!

頂いた怖いを励みに、今後も投稿していくと思いますので、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

深雪さん
紅茶ミルク番長さん
ぽよりんこさん

最後までお読み頂き、また怖いをつけてくださりありがとうございます!

この話を投稿し、皆様のストーカー被害を知り、ストーカーをしてしまう人間について憤りを覚えます!
誰しもそうなってしまう可能性があるのか…考えると怖いですね。

ジャガーさん
清水白桃さん

お話を読んで頂き、怖いまでつけてくださりありがとうございます!

この話を投稿して、ストーカー被害にあわれことがある方が多くてびっくりしておりました。
この話を通して、今後ストーカー被害にあわれてしまった方への対象方の一つとして参考にして頂ければと思うようになりました。

仲間さん

こちらの話もお読み頂き、怖いとコメントまでありがとうございます!

人間の怖さも幽霊の怖さに負けず劣らずですよね…。
ストーカーへの対応も「桶川ストーカー殺人事件」を教訓にストーカー規制法が制定されましたが、まだまだ警察の対応も甘い所があるというのが実情なようです。

私もこの話を通して、人の怖さの部分が伝わればいいと思います。

うん、幽霊より一番怖いのは人間

やはり、痛感しますよね(汗)
一番頼りたい警察が動かないとは、単純に職務怠慢なのでは?という気持ちにしかならないですよね
それで、結局事が重大になり、殺人事件に発展してしまう事も過去沢山あるだろうに・・・

人の恐怖を理解してくれ~~~~!!って伝わってくれれば良いんですが・・・

ひなをさん

こちらもお読み頂き、怖いやコメントまでありがとうございます!

この話を投稿しコメントを頂いたのですが、ひなをさん始めストーカー被害にあわれた方が多くびっくりしました。
今ではストーカー規制法が制定されたものの、それ以前は警察に頼ることも出来ず怖い想いをされたことでしょう…。
現在は大丈夫でしょうか?ひなをさんの心の傷が癒えていることを願っております。

すごく怖い。私自身高校生の時にストーカーにあい、しかしまだストーカーが軽視されていた頃のためなにもしてもらえず、泣き寝入りで携帯や家の電話を解約してもらったことがあります…
その頃思い出してすごく怖かったので、怖いをつけさせていただきました。

マコさん

お読み頂き、またコメントをくださり大変嬉しいです!

もうたまらんです(>_<)
私の周りにはたまたま「チカラ」のようなものがある人がいるのでなんとかなりましたが、そうでなかったら…怖いので考えるのは止めておきます(笑)
続編も投稿を終えましたので、お時間がある時にでも読んでやってください!

宵闇さん、

たまらんですね。そういう類は。

何処から来てるのか見当もつかないから、「チカラ」のある方に頼むしかないですよね。次回作に期待!!

りこさん
光道 進さん

ここまでお読み頂き、また怖いを付けて頂きありがとうございます!

自分で読み返してみるともっとこうした方が良かったかな?などと反省点がいっぱいです。
このお話の続きも投稿し終えたので、お時間がある時にでもお読み頂けると嬉しいです!

まりか♫さん
ゆさん
裂久夜さん
みけさん

最後までお読み頂き、怖いを付けてくださり大変ありがとうございます!
文章を書くのはどうも苦手なようで分かりづらい部分などあったかと思います。
こうして読んでくださる皆様がいらっしゃるのを励みに、少しでも伝わる内容が書けるように頑張ります٩(°̀ᗝ°́)و
そのうち後編も投稿しますのでお時間がありましたら読んでやってくださいm(_ _)m

沙羅さん

いつもありがとうございます!
なかなか上手く表現出来ずアワアワしています(笑)

なんと?!沙羅さんもそんな被害に合われた事があるんですね(>_<)
警察がすぐに動いてくれ、大事にいたらずよかったです!
私の時は警察がなかなか動いてくれず…心の中で税金泥棒!!と悪態をついてしまいましたよ( ¯−¯ )
現在では警察も動いてくれるようで、このような恐怖を体験してしまう方が少しでも減ればいいと思います。

後編を書きためていたのですが、なぜかデータが吹っ飛びました( °Д° )
そのうち投稿するので良かったら後編もよろしくお願いしますm(_ _)m

私も、今年のゴールデンウィーク中に被害に遭いました(T_T)/
部屋に乗り込んできたため、即刻通報。

事情聴取に数時間。。。
念は飛ばされていませんが、実被害がないと動いてくれない警察も警察ですよね。

ただ、現在はこうした証拠品だけでも動くように強化されてるようなので少しは安心かな・・
毎日の夥しいラインやメール。。メッセの嵐。
それだけの証拠品でも俺たちは動くよ!って言ってくれた警察官には感謝しました~