中編6
  • 表示切替
  • 使い方

後悔先に絶たず

wallpaper:1101

nextpage

こんにちは。

自作品の「白い毛」に登場していない、私の不注意で命を奪った仔猫のお話をします。

前回は「忘れないで」で書かせて頂きましたが、今回はもうひとつのお話です。

怖いというより、悲しいお話です。

nextpage

「元気」の命を奪ったのは、16歳の真冬の12月の末でした。

当時、マイケル、トントン、カンカンという3匹の家族が居ました。

nextpage

その年の初秋、高校から自転車で帰っている時、わりと大きな児童公園から、猫の鳴き声が聞こえてきました。

鳴き声から推測すると、仔猫だと感じて児童公園に向かいました。

自転車を公園の入り口に停めて、歩いて公園内を仔猫の鳴き声を頼りに探しました。

nextpage

すると、鳴き声は女子トイレの方から聞こえてきます。

女子トイレに入ると、鳴き声は和式トイレに備え付けてある、汚物入れの中から聞こえてきました。

汚物入れを開けると、小さな身体で必死に立ち上がろうと「ビィービィー」とカスレた声で仔猫が鳴いていました。

nextpage

私は汚物入れから仔猫を取り出し、身体を見ると臍の緒は付いてなかったので、生後2〜3週間という感じがしました。

多分、自宅で飼い猫が出産して、飼い主が捨てたんだと思います。

トイレの汚物入れに捨てるなんて、本当に身勝手な飼い主だと怒りが込み上げてきました。

nextpage

仔猫をこのまま置いて帰る事は出来ないので、子猫には悪いけど通学カバンの中に入れて帰宅しました。

帰宅後は、取り敢えず母親が帰ってくるまでは何も出来ないので、小さいを段ボールを物置から持ってきて、中にタオルを敷いて子猫を入れました。

nextpage

入れたのはいいんだけど、元気がいいのか立ち上がってジャンプするんですよね。

まだ段ボールから出ることは出来ないみたい。

トントンとカンカンは、興味津々で仔猫を覗き込みます。

仔猫は、覗き込むトントンとカンカンを親だと勘違いしてギャン鳴き(笑)

nextpage

それに驚いたトントンとカンカンは、自分の寝床に消えました。

マイケルはマイペースなのか優しいのか、手作りキャットタワーの一番高い場所から見下ろすだけ。

その光景に、笑みを浮かべながら仔猫を見てました。

nextpage

そうこうしている間に、時間も夕方6時前になり、母親が仕事から帰ってきました。

そして、居間の段ボールに気付きました。

「まぁ〜た拾ってきたんね…」

母親は、呆れた感じでぼやきました。

nextpage

「○○町の児童公園のトイレの汚物入れに入っとったんよ?ほっとけんかった…」

私は頭を掻きながら、母親に軽く頭を下げた。

「まだ仔猫やろ?病気とか持っとったら嫌やし、今から動物病院に連れてくけん。

そんで、病気持っとったら飼われんよ?」

母親に念を押された。

nextpage

「大丈夫!私も一緒に動物病院に行く!」

「なら、早う行くよ?」

母親の運転する車で、近くの動物病院に仔猫と一緒に行く事にした。

動物病院に着くと、待ち時間もなくすぐに診察が始まった。

nextpage

血液検査とか色々な検査をした結果、異常無しという事だった。

「で、どうするん?この仔、飼うん?」

動物病院で、母親から聞かれた。

「飼いたいな…」

可愛気に聞いてみた。

「世話出来るんか?」

「大丈夫!ちゃんとお世話するから!」

「その目は真剣やね?じゃあ必要なモン買わんとな…」

nextpage

保護した仔猫は、推定生後2週間位で母乳が必要だった。

動物病院で、仔猫用の粉ミルクと哺乳瓶を飼って帰宅した。

以前、育児放棄で子育てしなくなった親猫から仔猫を保護して、育てた事があった。

だから、多少の自信はあった。

nextpage

私は、仔猫を胸に抱き帰宅した。

それから、自室で仔猫を育てるのに必死だった。

まだ自分で用が足せないので、綿棒で下腹部を刺激して糞尿をさせる。

刺激して用を足すから、一緒にテイッシュ数枚も準備。

本当に楽しかった。

nextpage

一週間もすると、私の事を覚えてくれた。

朝は5時過ぎお腹が空いたと鳴かれ、寝ぼけ眼でミルクを準備。

部屋の電気を付けると、哺乳瓶を持つ私を見て、段ボールの縁に立ち両手を伸ばして、鳴きながら「ミルクちょうだい」とギャン鳴き。

nextpage

ミルクを飲ませる前に、糞尿を出させる。

出なくても出るまで刺激すると、雫のような可愛い尿を出すから、また可愛さ倍増(笑)

nextpage

仔猫の身体をハンドタオルで包んで、哺乳瓶の乳首を仔猫の口元に持っていくと、乳首の蓋を前脚でガシッと掴み、勢い良く飲んでくれる。

そこが、可愛らしくて笑みしか出なかった。

私は学生だから、朝から夕方までは家に帰れない。

本当は、昼間もミルクを与えないといけない。

それができなくて、可哀想な育て方をしていた。

nextpage

学校に行っている間は、小鳥用の鳥小屋に入ってもらっていた。

鳥小屋の下にはペットシーツを敷いて、糞尿をしても大丈夫な感じにしていた。

nextpage

季節も師走にかわり、そろそろ離乳食を始める頃になっていた。

トイレは、仔猫の身体でも簡単に糞尿が出来るように、大きなタッパを改造してトイレを作り、教え込んだら3日間で完璧に覚えてくれた。

トイレの心配もないので、自室に炬燵を設置して、仔猫は炬燵布団がお気に入りの場所になっていた。

nextpage

世の中はクリスマス一色。

彼氏などいない私は、雄猫の仔猫が彼氏でした♪

冬休みで、毎日一緒にいられる。

それが、楽しみで仕方なかった。

nextpage

大晦日の前日の昼間。

お昼ご飯のミルクを準備して、ミルクを飲ませた。

飲ませ終わった後、中学時代の友達から家電に電話があって、近所に出来たカラオケBOXに行こうという話になった。

nextpage

当時のカラオケとは、今のような通信カラオケ&カラオケ屋ではなく、レーザーディスクのカラオケで、今では信じられない1曲100円(笑)

貨車の中に部屋を作り、貨車自体がカラオケルームとなっていた。

約束の時間は、お昼過ぎの3時。

30分前から、準備に取り掛かり、居間と自室を行き来していた。

nextpage

その時だった。

nextpage

”ゴリッ”と、何かを踏んだ感触が、足裏に伝わった。

私が踏んだ場所は、自室に置いている炬燵布団の縁だった。

急いで炬燵布団をめくると、仔猫の頭が…。

私は、仔猫の頭を踏み潰したんです。

nextpage

思い出しながら書いてるので、文字にするのも辛いですが…。

仔猫を抱き上げると、身体は痙攣して糞尿垂れ流し。

頭が半分陥没。

顔は…表情は、口を大きく開けて、苦しそうに…してます。

私は、仔猫を抱えたまま、部屋を右往左往。

nextpage

動物病院に今連れて行けば助かるかな?

nextpage

でも、頭が半分陥没してるし…

nextpage

また安楽死?

nextpage

そんな事を考えている間、子猫の口からギューギューと聞いた事がない、苦しそうな息遣いに変わりました。

私は、友達との約束も忘れて、まだ両手に乗るほどの仔猫…。

そういえば、まだ名前も付けてなかった。

もう、100%亡くなる。

nextpage

そう感じた私は即座に「元気」と名付けました。

小学生の時に観た「がんばれ元気」というアニメから主人公の名前を貰った。

それから、数十分後、元気は私の両手の中で息を引き取った。

nextpage

友達とカラオケの約束さえしなければ…。

炬燵布団の縁を踏まなかったら…。

元気は死なず、大きく育っていた。

亡くした後で悔んでも仕方ないけど、悔やんでも悔やみきれない。

今でもこの光景は、鮮明に思い出す。

nextpage

炬燵布団は、踏まないように注意していたのに、この日はカラオケの事しか頭になく、元気の事を考えていなかった。

本当に、今でも悔しくて仕方ありません。

nextpage

友達との約束は、私がドタキャンした形になって、今のように携帯などない時代で、やっと業務用のポケベルが出回っていた時代。

友達には翌日、事後報告という形で事情を伝え、一人の友達は元気の事を知っている子だったので、その子とは今でも大親友です。

nextpage

亡骸は、小さ過ぎて火葬出来なかったので、家の庭の花壇に埋葬しました。

そして、小さな墓石を作り、実家に寄った時は手を合わせています。

nextpage

おわり

Normal
閲覧数コメント怖い
5278
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

紅茶ミルク番長様。コメントありがとうございます。
そうですね。
短い期間ではありましたが、私も元気を育てて楽しかったのは事実なので。
元気も幸せだったのかな…ってたまに思い出します。

みぃねこ様。コメントありがとうございます。
実際に猫を飼われていたら、想像してしまうことは仕方の無い事ですよね。
読んで頂きありがとうございました。

私の家も猫を1匹飼るせいか、すごく鮮明に想像できて、悲しくなりました…。
でも、わずかな間でも幸せな時間を過ごせたのはまぎれもなく
まさりんさんのおかげです。
元気くんが生まれ変わってまさりんさんにまた出会えますように。

うちにも猫がいるので読んでいて、その場面を想像してしまい旨が苦しくなりました…

沙羅さん。コメントありがとうございます。
愛情いっぱいに育てました。
トラウマにはなってませんが、猫を飼う時は心配りを忘れないようにと思っております。
現在は子供が猫アレルギー持ちなので飼えませんが、実家には母親が飼ってる猫がいるので、私には懐いてませんが週一実家に寄り猫を眺めるのが日課です♪

仲間さん。心温かいコメントありがとうございます。
確かに、保護してなければ確実に亡くなっていたと考えると、少しでも長く生きられたと思えば気持ちも少し楽になれました。

とても悲しい出来事でしたね…

元気君は、最期まで幸せだったと思います。
汚物入れからの救出。毎日の世話。
大きく育たなくても、愛情で満たされた時間をすごせたかと。

まさりんさんのトラウマにならないことと、元気君の御冥福をお祈りいたします。

お悔やみ申し上げます。

まさりんさんがその仔猫を拾ってあげなければ、仔猫はトイレで餓死していた可能性が高いと思います。
それに、かつて仔猫を棄てた飼い主よりは愛情を貰っていたので、充分「元気」も幸せだったと思いますよ