中編5
  • 表示切替
  • 使い方

~フルフェイスの~

「次郎杉荘」兄が沙羅宅から逃げるように引っ越したアパート。

どうにも古めかしい名。

外見も相当に古い。

nextpage

この部屋には1度しか訪れたことはない。

正確には、部屋に上がったことは1度しかない。

兄の部屋は、2階だった。

nextpage

アパート前まで来ると、その階段が上れないのだ。

どーしても、足が『行きたくない』と駄々をこねる。

用のある時は、いつも「ここで待ってるから」と言い、兄は特に追求することなく「おー待ってろ!」と部屋へ消える。

nextpage

兄も結婚して、嫁さんは現在仕事中。

その帰宅を待って、2家族でスキーへ行こうという話になった。

で・・帰宅時間まで外で待つのもなんだし・・

仕方なく、お邪魔したんだった。

nextpage

初めて訪問する『兄の部屋』

共働きのせいか、ちょっと許せる範囲を超えて散らかっている。

が・・ココは私の領域ではない。

口を出すべきところでもない。

nextpage

「兄貴さぁ。。お義姉さんばっか当てにしてないで片づけなよ。」

「そうは思うんだけどさ~~甘えちゃうんだよねっ(*^^*)」

・・新婚だから・・・なのかもしれないが。

ちょっとキショイ。

nextpage

夫と二人、少々落ち着かない感じで正座をしている。

兄が、マグカップに並々とコーヒーを淹れてくれた。

「ま~遠慮しないで飲んでくれ!瑠奈ちゃんはジュースでいいよな?」

これまた子供に飲ませるには大量のジュースをグラスに注いでくれた。

nextpage

娘は、幼心に「零さないように」気を遣ったんだろう。

そっとテーブルに近づき、グラスを置いたままチューっとジュースを啜った。

「子供は可愛いよなぁ~^^」

兄の口から出るとは思えないような台詞。

nextpage

夫は、狭く散らかった部屋に少し戸惑いながら耳打ちする。

「・・奥さん、いるんだよね?」

・・無言の肘鉄。

nextpage

私は・・といえば。とある場所が気になって仕方ない。

どうしても目が行ってしまう。

ほぼ万年床に近いであろう布団のそばに置いてある洋箪笥。

nextpage

私の視線に気付いたのか、兄がニヤリと笑う。

「俺も持ってきたけど、お前も持って行ったんだぞ?」

「え・私も??」

「あぁ。なーんだ。気付いてなかったのか?」

「て~っきり、軽いの選んで持って行ったのかと思ったわぁww」

nextpage

兄は続ける。

やっぱ、アレまずいよなぁ?(洋箪笥)

まだ独り暮らしだった時に、変なんばっか起きてさー。

nextpage

アレ、壁にビッタリくっつけてんだろ?

上にメット置いてあるんだよ。3つ。

それも転がらないように、壁に密着させてんの。

でもさぁ~落ちてくんだよな。

nextpage

ここには、寝るために帰ってくるようなもんだったから気にしなかったんだけどよ。

最初は(地震でもあったか?)って思ったんだわ。

でもな。腹の上に落ちてくんだわ。

nextpage

・・・布団の場所変えたの?

いや。変えてない。だーから変なんだよ。

nextpage

箪笥の上を転がったとすんだろ?

そしたら、真っ直ぐ下に落ちるよなぁ?

でっも~何故か腹の上なんだよなぁ~

ち~っと布団からは離れてるだろ?

変だろ~~?とまたニヤリと笑う。

nextpage

無表情で兄の話を聞いていた。

もっと変なのがさ、真ん中のメットに限って落ちてくるんだ。

他のは、全然何ともねぇの。真ん中だけなんだよな。

nextpage

・・既に夫は欠伸を噛殺している。

自己本能防衛発動準備が整ったらしい。

パパ?ナイターまで滑るんだから寝ておけば?

ん~。。(兄に気遣う素振りのチラ見)

兄からも仮眠を取るよう促されて、夫は堂々と転がった。

nextpage

それを横目で見ると、兄は私を手招いた。

・・まぁ、ちっと見てみろよ。

イスを持ってくると箪笥の上を見ろ。と。

nextpage

仕方なく、箪笥の上の様子を見る。

マジックで、ヘルメットの置き位置が丸で記されている。

ちょっと異様・・いや。かなり異様な状態。

nextpage

この印からズレんの、真ん中だけなんだよな。

確かに、他の2つは丸の中に納まっている。

が、真ん中のは丸印から半分ほど前に突出している。

nextpage

・・またズレてるか?

ん。半分ぐらい外に出てる。

・・じゃっ!戻しといて。

・・コラ。恐いじゃんよ?

いいから。ホレ。

nextpage

仕方なく、手を伸ばしてギリギリ届く場所にあるヘルメットを押しやる。

気付くと、今沙羅が見たようにズレてんだよ。

nextpage

・・どっかの部屋から少しずつ振動が伝わってんじゃね?

だと思うだろ??じゃ~なんで真ん中だけなんだと思う?

・・しらねぇよ。。左右に挟まれておかしな振動でもしてんじゃねぇの?

nextpage

ん。なかなか合理的に無理矢理ソコに持ってったなww

ならば更に質問しよう。何故、腹の上に落ちるんだ?

だ~から!しらねぇって!!

nextpage

・・俺な。見たんだよ。

もうだいぶ前なんだがな・・

疲れ切って帰ってきてさ。そのまま寝たんだわ。

でも、すんげー寝苦しいの。暑いわけでもないのに、汗だくになってなぁ。

nextpage

首回りが汗で気持ち悪りぃから体拭こうと思って目ぇ開けたんだ。

したらさ。

あのメット、箪笥から半分位落ちかけてんだよ。

1000歩譲ってだな、勝手にメットが移動するものだとしよう。

nextpage

『あー落ちそうだなーー』って思ってたらな。

アレが、そのまま落ちることなく横移動して腹の上に来た時、はじめて落ちてきた。

ほら、いつもは寝てる時にいきなり落ちてくるから知らなかったんだ。

nextpage

手。がな、見えたんだ。

メットを掴む手。ソレのせいなんだよ。

わざわざ、俺の腹の方まで持ってきて落としてた。

もうさ、ソレ見ちゃったら理由分かったジャン?

マーカーしたけど、意味ねぇのwww

nextpage

アハハと笑う兄には、怖い事じゃないんだろうか?

「・・お義姉さんには?」

「アイツ、そんなの聞いたら発狂するよww」

でもな。俺が夜勤なんかで居ない時には起きないんだよ。

nextpage

俺一人の時にしか、起きないんだよ。

不思議だろー?

あ!コーヒー飲む?

私を箪笥前に残して兄は台所に消えた。

nextpage

・・箪笥の場所。布団の位置。

っちゅーか、『手』が運ぶ??

充分恐いんじゃないの??

そんなこんなをクルクル考えてたらコーヒーがやってきた。

nextpage

兄貴さぁ。。恐くないん?

うん。恐い。

・・なんで今まで対処しなかったの?

nextpage

・・・あのメット・・・

事故って死んだ仲間の形見なんだ。

事故った時のじゃないけど。

また俺とツーリングしたいんじゃないかと思ってなぁ。

nextpage

・・でもさ。想いを残してるなら、処分した方がいいよ。

いつまで経っても、上がれないじゃん?

だよなぁ・・・・・

俺もそろそろかな?って思ってるんだ。

nextpage

そして兄は、暫く後バイクの転倒事故を起こした。

<供養>のつもりで、そのヘルメットを被って走ってる時に。

幸い、私の作ったジャケットがズタズタになった程度の軽傷で済んだ。

ぶつかってきた車にも大した被害はなかった。

nextpage

ただ・・・

ヘルメットだけ、損傷が激しかったそうだ。

頭など打ってなかったのに。。

頭を打たなかったのは、兄の勘違いかもしれない。

nextpage

でも。亡くなった仲間の壊れたヘルメットのようになっていた。と兄は言った。

Normal
閲覧数コメント怖い
72911
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

仲間さん
いつもありがとうございます(^^

連れて来ちゃうと帰ってくれるまでが大変ですもんねぇ~~(^^;;

ヘルメットで命拾い。ホッとしました!
大破した自転車には申し訳ないけど、もっとイイのが入手出来たならよかったですねっ♪

ちゅ~か、轢かれちゃダメでしょうっっ!!メッ(´・д・`)

ヘルメットに憑いた友達の仕業なのではと、ついつい疑ってしまいますね
成仏されたのでしたらいいですが…そうでないと・・・・

私の場合、今のアパートから連れて行って欲しい(笑)
初めは静かだったのにorz

ヘルメットで思いますと、過去自転車に乗ってて、2、3回位轢かれましたが
ヘルメットのおかげで命拾いしています。
ヘルメットは真っ二つ、自転車は大破
保険金で更にイイバイクを買いましたけどね・・・

牡丹さん
いつもありがとうございます(^^

危ない。といえば危ないのかもしれないですね(^^
けれど、私なら・・・兄同様、遺品を身に着けていくと思います。

誘われていたんだとしても、コイツとならいいか!みたいな?

事故の後、そのヘルメットの行方はわかりません。
兄も一応、救急車で運ばれてますし。
しばらく、抱えていたそうなんですけど、気付いたら持ってなかったと。

兄友人が上がれているといいですね・・。

番長さん
いつもありがとうございます(^^

兄の方が、どちらかといえば普段から『なぁなぁ主義』ですよw
ワル~~~~い感じもしますけどね~
個人的にはイサ兄みたいな兄が欲しかったです(T◇T)
例え舞ちゃんloveだったとしても、数百倍イサ兄のが良いwww

普段、お互いに放置しあってますが、納得しきれないと、お互いに呼ぶとゆー
何とも不思議な関係だったりします(´∀`)

鏡水花さん
Σ(゚д゚;)怖話画面開きっぱで寝落ちとわ。。。
ある意味、コワイです!!なんか出てきそうで(*ノд゚)ノチラッ

その『手』については、性別まで聞いて来なかったんです^^;
コワイしwww
何より「お前も持って行った」に過敏に反応してしまってwww

事故の後、兄から「このジャケットに掛かった費用を教えてくれ」と言われ
保険請求する兄の方が恐かったです(^^;

宵闇さん
いつもありがとうございます(^^

兄も私同様、原因探す派なんで自分なりに解決したかったんだと思われ・・・
私も宵闇さんと同じように、怪我から守ってくれた。そう信じたいです(^^

表示
ネタバレ注意

こんにちは 沙羅さん
お兄さんもなあなあで済ませつづけられるなんて…w
かなり肝座ってますねw
沙羅さんがお兄さんのことをほったらかしたらいろんな意味ですごいことになりそう…
ちょっとヘルメットが怖くなったので、親のヘルメットの位置がずれてないか確認してこようっと。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意