中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ゆみちゃん…

基本、私は実話のみの投稿で 余り面白味はないですが、

こんな事もある、と言うのを皆さんに知って欲しいので投稿させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

私には以前、いとこの女の子がいました。

その子の名前は「ゆみちゃん」。

当時、俺と同い年の3歳の女の子。

俺とは凄く仲が良く、会えばいつもママゴトなどして遊んでいました。

ゆみちゃんのお母さんは、私の母の妹に当たる人で、凄くひょうきんな方です。「マコちゃん【私です】はゆみちゃんといつも一緒ね!

結婚すればいいのに!」などの冗談を言っている人。

ゆみちゃんは3歳にして、五十音訓、アルファベット、など完璧に言えていたという。

そんな天才な子と、お馬鹿な俺。お互い、無い物に惹かれてたんですかね。

sound:38

そんなある日、ゆみちゃんが列車に引かれて亡くなりました。

叔母とゆみちゃんは駅近くのスーパーに買い物に行っていました。

チョット目を離した隙にゆみちゃんがいなくなって、おもちゃとかお菓子の売り場に行ったのかな?と思って叔母は探していたそうです。

所が3歳の子供がどうやって、信号越えて200m先の線路に入ったのかは 分かりませんが、事実そこで列車に引かれて亡くなりました。叔母が駆けつけた時は息も絶え絶えだったそうです。

shake

後頭部を強く打っての打撲死。

一つ、不思議に思うのは、その時駅員は何してたの?、街客も居たのに何故助けなかったの?と思うのです。

ゆみちゃんは線路から出られず、高いホームの上へ登ろうとしていたそうです。

「おたーたん!おたーたん!!」とお母さんを呼び続けて亡くなったんだとか。

それから、私達の地域には線路進入の柵や踏み切りが充実していきました。

ゆみちゃんのお葬式の時、3歳の私は棺桶のゆみちゃんにしがみついて「ゆみちゃーん!どこにいくのー?ゆみちゃーん!?」と わんわん泣いていたそうで、それにつられて周りの方達は涙していたとの事。

…と、色々話していますが私にはあの頃の記憶が一切有りません。小さい私に余程のショックな出来事だったのか、脳がゆみちゃんとの記憶を消してしまっているようです。兄とか母からゆみちゃんの話しを聞いても、私には分かりません…。記憶が無いんですもの…。

自分の脳に「少しくらいゆみちゃんとの記憶、残しとけよ!」と昔は良く思ったものです。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4825
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

沙羅様

怖い、コメントありがとうございます。

でもね、こうやって良い意味で皆様に知られて想いを分かち合う事は、私はとても良い事ではないかと思うのです。

まあ、どの道、そちら側へ皆んな行くのですからそん時に逢えるし。

と考えております。

表示
ネタバレ注意

まりか様、鏡様

怖い、コメントありがとうございます。

事件、事故の犠牲の上に今が成り立つのでしょうね。

ありがとうございます。

ゆみちゃんは、何かに連れて行かれたのでしょうか(/ _ ; )
3歳なんて、可愛い盛りの子供を亡くした叔母さまの気持ちを考えると…
言葉も出ません(T_T)

幼い頃に衝撃的な悲しみに遭うと、人はその記憶を心の奥深くに封印してしまうと言います(/ _ ; )

それだけ、マコさんの心も傷付いたのでしょうね…(/ _ ; )

ゆみちゃん、安らかに天国で笑っていて欲しいです…

表示
ネタバレ注意