中編5
  • 表示切替
  • 使い方

魅入られた?

※特別怖い体験をした。って事ではないんですが・・

読んでみたい方だけ、どうぞ。

nextpage

怖話に来る皆さんは、怖い話が好きでしょう?

TV番組とかでやる『恐怖映像特集』的なモノも観ますよね?

それは、私も同じです。

nextpage

そして、使い回されている映像等を見て、ナレーションが語る『ソレ』についての説明が他の時と紹介が違っていたりすることにも・・お気付きですよね?

例えば、前回の時は『姉妹』だったのが『学校の友人』となっていたり、『購入』したのが『頂き物』になっていたり。

nextpage

そんなアラ探しも、結構面白かったりしたんです。

恐かったら、なんでもOK的な感覚。

けれど・・そんな中の何かに魅入られてしまったなら、皆さんはどうしますか?

nextpage

いつものように、家族でTVの特番を観ていた。

勿論<怖い>系の映像特集。

「アレ、ただの反射じゃね?」とか

「コレ、作りモンじゃね?」とか。

nextpage

そんな番組の中で、一つの映像に気をとられた。

ナレーションが語る。

<この一見、何の変哲もない椅子が、子供に危害を加えようとしている。>

そんな内容だった。

nextpage

いつもなら、使いまわしの中にも、いくつかは見た事がない映像もあるのだから当然食いつくわけだ。

その『映像』もまた、初めて見るものだった。

nextpage

その<椅子>とは、持ち主の夫がリサイクルショップで一目惚れをして購入したらしい。

取材班の質問に答えていく持ち主の女性。

首から下だけのアングルで、声も修正が掛かっている。

nextpage

パッと見、小洒落た真っ赤な椅子。

ワインレッドに近いだろうか。デザインも曲線が素敵。

子供用に椅子を探していたのだが、どうしても欲しくなり、その場で購入してきたのだという。

妻である女性は、子供用にしてはちょっと大きいけれど、使っていたんだそうだ。

nextpage

だが、少し目を離すと椅子が大きくズレていたり、転んでいたりするのだと。

外出から戻ると留守だったにも関わらず、同じことがある。

それで恐くなって、子供を乗せないようになり、映像を撮ってみた。。と。

nextpage

そこに映し出された映像は、確かに誰も居ない部屋で勝手に椅子が横にずれる。

カタカタと振動して、弾けるように倒れた。

『もう一度、ご覧頂きたい』ナレーションが続く。

nextpage

・・我々、取材班はこの謎を解くために・・とお決まりの台詞を続けていく。

後日、判ったのがリサイクルショップに持ち込んだのは、引越し業者で、たまたま荷物の運び出しをしてる際に見つけた、状態の良い椅子だったのだそうだ。

nextpage

自宅へ持ち帰ったはいいが、不可解な現象が多発し手放すことにし、ショップへと・・。

ソレを購入したのだろう。と語る。

nextpage

取材班は、最初の引越し業者から入手先を聞き、そこが『廃病院』ということで潜入してみたらしい。

その時の映像も流れた。

その建屋を見て夫が言った

「ここ、病院じゃなくてホテルだったんだよ」

nextpage

・・え?なんでそんなこと知ってんの?

だって、ここ知ってるもん。

・・マジで?

うん。こっから、そーだなーー?1時間も掛かんないで着くよ?

nextpage

・・へぇ・・・

ここ、元は観光ホテルだったんだけど、周りになんもないからすぐ潰れちゃったんだよね。ほら、バブルの時に建ったやつだからさ。

・・ふぅ~~ん。

nextpage

でも、変な噂なんて聞いたことないよ?

・・そなんだ?

取材班の映像では、その『廃屋』の探索が行われていた。

nextpage

その中に、<問題の>椅子が映し出された。

ちょっと興奮気味の取材班。

「あった!あった!!」「どこ?あーホントだ」

nextpage

あの素敵なデザインの椅子が無造作に山積みになっている。

他の色もあったが、赤いのがとにかく素敵なのだ。

そして、その映像の中でも椅子は勝手に動いた。

nextpage

テグス等で引っ張ったかのような不自然な横ズレなんだが、沙羅宅での物の移動にも似ている。

「これ、ヤラセだよね^^」夫が言う。

さぁね?と私。

nextpage

・・番組終了後・・

さぁ!出かけるよっ!!

・・きょとん?の夫と娘。

nextpage

どこに?と聞いてくる夫に「決まってんジャン!あの廃ホテル。場所知ってんでしょ?」と・・。

やめようよ。という二人を制して懐中電灯やらハンディカメラやら準備をする。

nextpage

そして、(私一人が)嬉々として出発したのだ。

「さて!あの赤い椅子をゲッチュするぞ~!」

本当に小一時間で、到着。

nextpage

外観は、TVで見たのとちょっと違う気がした。

「車で待ってる」そういう二人を残し、私は一人夜中の廃屋へと向かった。

身長より高い雑草を掻き分けて進むと、TVで観た通りの入り口があった。

nextpage

大きな観音開きのガラス戸。

これといって大きな破損の様子はない。

・・が、ガラス戸に到達するには、このロープを超えなくては。

nextpage

膝の辺り・胴の辺り・胸の辺りと3本で塞がれている。

少し考えた後、車へ一度戻ることにした。

「で?二人とも来ないの?一人で行っちゃうよ?」

nextpage

そう告げる私に娘が半ベソで言う。

「やめようよ~。ママおかしいよ?いつもこんなトコ行くもんじゃない。って言ってるのに」

夫も言う。

「・・お前さ、アレ見て気持ち悪くない?俺はヤダよ?行かないからね」

nextpage

促され視線を投げると<地蔵坂>と書かれたバス停があった。

・・・・確かに気持ち悪い。

すっごい恐怖感に突然襲われた。

nextpage

(ワタシ、なんでこんなトコに来たいと思ったんだろう?なんで、あんな椅子が欲しくて堪らなかったんだろう?)

夫が被せてくる。

「お前さ・・やっぱ今日変だよ。帰ろう?な?」

nextpage

・・うん。

大人しく車に乗り込み、建物を改めて見上げる。

月夜なのに、明かりを遮る黒々とした廃ホテル。

さっきは大した損傷がないと思っていたが、ボロボロになったカーテンや割れた窓ガラス。

結構な荒れ具合だった。

nextpage

<地蔵坂>

急な上り勾配になっていて、その先には森だろうか木々が生茂っていて何も見えない。

・・コワイ・・

nextpage

作り物でも近寄らない『廃墟』や『お化け屋敷』なのに、何故私はあんなに心惹かれたんだろう?

しかも<椅子>まで探し出して持って帰る気満々だったなんて。

nextpage

番組で<一目惚れ購入した>のもこんな感覚だったんじゃないだろうか?

私は・・うっかり魅入られたんだろうか?

何かの念を残した『赤い椅子』に・・

Normal
閲覧数コメント怖い
1,28123
15
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

裂久夜さん(^^*)
いつもお目通しくださって、ありがとうございます♪

本当に!!あのロープが無かったら、突入していたのか?と思うとΣ(゚д゚;)
で、更に妄想を繰り広げて・・・
廃墟の中で我に返っていたら・・・と思うと、シャレになりません。゚(PД`q。)゚。

で、話は変わりますが・・
裂久夜さんは、ダンディな声をお持ちの御様子(>▽<)
想像しちゃいましたよぅ~~~♪

表示
ネタバレ注意

仲間さ~~ん!
御無沙汰です~~♪元気してましたか?
台風の関係で大変な事になってるんじゃないかと冷や冷やしてましたよ~~

で・・やっぱり、そう思う?(^^;
テッパンだけど、王道だけど、私もそんな気するのよねぇ~~
誘われても近寄らないのにねぇ~~・・・
んで、私の周りにはアチコチ塩が置いてありますw
持ち歩いてたりもします(^^;

友人には「何故持ってる?」と毎度聞かれますが、ヒ・ミ・ツって事でw
因みに天然の粗塩を使用しております!(*^_^*)

表示
ネタバレ注意

mamiさん
いつもながら、ありがとうございます(^^

言い出したら聞かない<ワタシ>を熟知してるので、仕方なく。ですねぇ^^;
本当に、何故????って感じの思い出です(´;ω;`)
ゾワッと感だけ楽しめれば良いだけのTVで、まさかの。。
でも、鑑賞は止められない~~(少し懲りれば良いのに)

お久しぶりです。
読みながら、『沙羅さん、過去の色々あった実家からやっと出れたのに、また持って帰るようなことしちゃうんだ…』と思いながら読んでいたもので…
私の心境を見越したかのような終わり方に『おぉ!!』でした。
そうですよね…普通は行かないですもんね。
でも、深夜にそんな所まで付き合ってくれるご家族がスゴいなぁ…と思います。

ひなをさん
いつもありがとうございま~す♪

すっご~~~~い!!∑(゚ω゚ノ)ノ
自分でDIYって言うのかな?デキちゃうんですねぃ(*^^*)
手芸系以外は、超絶苦手なので挑戦する気にもなりませぬww
あ。電気の配線関係だったら・・って畑がちがうしっ!!

こんばんは、魅入られたらやだなー(;゚Д゚,)
でも私はクリエイティブなので、自分で似たような物を作りそう( ´∀` )b

まさりんさん
いつもありがとうございます(*^^*)

呼ばれてるんですかねぇ(T_T)
一家心中の家に辿り着かなくて良かったです!
なんか変な【使命感】みたいのを感じたら、近寄らないのが一番かもしれないですね(T^T)

怖いですねぇ。
地元にも似たようなのがあって、一家心中があった家なんだけど、場所を地図で調べたらバイクで1時間程の場所にあるんですね。
建屋もそのまま建ってるみたいです。
怖くて行けないのに、画像を検索で探したり、近くの国道を通ってる時に行きそうになった自分がいて、その感覚って呼ばれてるのかなって、このお話を読んで思いました。

まりかさん
いつもありがちゅ~~(*^^*)

ホント、引き返せて良かった話です~~~
【某タレントさんの話】【呪いのビデオシリーズ】【本当にあったシリーズ】その他、B級から何から、もろもろ観てますが<自分>が<自分じゃない>体験は初めてだったかもしれません。

呼ばれたのは・・・この時が恐らく初体験>?で。
後々、またお呼ばれしてます(^^;

そのうちUPしますので、良かったらお目通しくださいね(^^

表示
ネタバレ注意

りこさん
毎度どもどもです(*^^*)

たくさんの方々のコメやコワイも超嬉しいんですけど、りこさんからコメ貰えるの、すごく嬉しいです♪

初めての『心霊スポット』体験でヘビーな思いをしてから、町内会の祭りの出し物である
<お化け屋敷>さえ近寄りませんでしたから・・。

『お祭りのお化け屋敷、行ってきていい?』と聞いてきた娘にも「よーく考えて、行くなら行きなさい」と。。結果、お友達も揃って、行かないことになったので安心するぐらい(^^;

呼ばれたのか・・魅入られたのか・・定かではありませんが、私にとっては恐怖体験でした。

牡丹さん
いつもありがとです(^^

彼氏さんも慌てて対処することあるんですね~(@@;
ちょっと驚きです。
確かに<コワイ>雰囲気を楽しみたくて(TVやDVD等)観るんですが・・
アラ探しも面白いですよww
某タレントさんの『怖い話』シリーズも、ライブに行けば違う設定になってたりしてますし。

危険なモノ。と牡丹さんは表現されましたが・・
あの時の私は全く<危ない>なんて思ってなかったんです。
夫と娘が「ママ、変だ!いつもと違う!」と言ってくれなかったら。。
そして夫が<坂>を見つけてくれてなかったら。。
後々、大変な事になっていたんじゃないかと思われます。
因みに、その後に前作の『フロントガラス』が起きてますしね・・

この時、何かが付いてきたのかもしれないですね~

表示
ネタバレ注意

番長さん
いつもどもどもです(^^

私も・・椅子だけじゃない何かを持ってきたと思っちゃいます。
富士急の・・鬼太郎グッズショップのトコにありましたね!そういえば!!
ソコへ行ったかどうか・・・覚えてないぃ~~~w

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意