短編1
  • 表示切替
  • 使い方

鳴き声

music:4

※この話は、家のこととは別の話です。

例の一件(※ある人との出会い-1〜4-)が解決した後の話です。

separator

nextpage

彼と付き合い始めたばかりの頃

私が家に帰る時に、それは聞こえた。

「ニャー」

nextpage

車内に猫の声がしたのである。

高速道路を走っているので、急には止まれない。

驚いて、後ろの席を見ても、猫は乗っていない。

彼の家に猫は飼っているが、その子達の声ではなかった。

じゃあ、何故…?

nextpage

H:「大丈夫だよ。」

私:「!」

H:「あれは、生きてる猫の声じゃない。」

どうやら彼にも聞こえたらしい。

妙なことに、少し安心してしまった。

自分と同じモノを聞いた人がいることに。

nextpage

高速道路では、たまに生きてる動物の声ではないモノが聞こえる。

高速道路に動物が飛び出して、轢かれたり、ぶつかって死んでしまうことは珍しくない。

その際に死んでしまった猫が、たまたま通りかかった私達に声が聞こえてしまっただけだった。

たまたま通りかかったとはいえ、誰かに気付いて欲しかったはず。

気付いたよ、ちゃんと上へ逝けますようにと、祈りながら、帰っていった。

Normal
閲覧数コメント怖い
4221
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意