中編2
  • 表示切替
  • 使い方

『ユウレイ君』

wallpaper:1162

高校2年の時、クラスで『ユウレイ』と影であだ名にされた男子がいた。

まんまのあだ名の通り彼は非常に影が薄く、オカルトに傾倒していて、同様にオカルト好きな僕とはよく話が合ったけれど、

ユウレイ君が僕以外の人と親しげに話している所は見なかった。

nextpage

まだ、未成年で酒類販売の規制が甘かった当時、僕らダメ学生グループは、

何か事あるごとに、学校の近くの海で深夜の酒盛りをしていた。

けれど夜の海の景色は、僕だけ他のみんなと少し違っていた。

その海では毎度と言っても良い位、そう遠くない沖に黒い人が立っていた。時には一人、時には複数で。

いつも見るので僕の恐怖は薄れ、話のネタにすらなっていたけれど、

みんなが酔っ払って裸で海に入っても、僕は流石に黒い人が怖くて海には入れなかった。

nextpage

ある日、誰かがユウレイ君も呼ぼうと提案した。怖い話要員としてだろう。

唯一仲のいい僕がユウレイ君に、みんなで海で飲み会しないかとたずねると、二つ返事でOKしてくれた。正直意外だった。

nextpage

夜の海でそれぞれ酒を持ち寄って、待ち合わせする約束だった。

ぼちぼち集まり始め、ユウレイ君もやって来た。

彼が沖の方を見た時、表情が引きつったのを僕は見逃さなかった。

最初にこの夜の海に来たときの僕も、こんな顔をしていたのだろう。

nextpage

宴が始まり、ちらちら海の方を見ながら黙りこくっていたユウレイ君も、

酒の力か次第に口数が多くなり、怖い話から下ネタまで披露した。

他のみんなは、ユウレイ君が話せる奴だった事が判明したのが嬉しいみたいで、普段よりもテンションが高くなっていた。

nextpage

誰かが例によって脱ぎ出して、続いてみんな海へ駆け出した。

呆然と立ち尽くすユウレイ君に、無理しなくてもいいよと言おうとしたけれど、

次第に彼も服を脱ぎ出し、海へ駆け出した。

驚いて僕はずっとそれを見ていた。

彼の最初の態度から察するに、黒い人影が見えてないはずがない。

nextpage

暫くして海から上がってきた彼に、こっそり話しかけた。

「アレ見えてるんだよね?」

彼は手形のアザがついた足首を見せながら言った。

「幽霊になにかされるよりも、ユウレイのように過ごす方がよっぽど恐ろしいよ」

後に人気者になるユウレイ君が、肉体を得た瞬間だった。

nextpage

まぁ嘘だけど

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6573
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

やあロビンミッシェル子だ。
あなたはあの有名な「坂さんシリーズ」の作者さんかな?…ひ…
「ユウレイ君」これも良シリーズになりそうな予感がしているのは俺だけでしょうか?…ひひ…

EXMXZ様に
一本とられた!
ですね。