中編6
  • 表示切替
  • 使い方

ワタシの憂鬱~兄~

※恐い話ではありません。只の人物紹介と関係性ですので、ゾクリ希望の方はスルーして下さいませ。

nextpage

沙羅兄・・彼は、妹である私には非常に理不尽で、厄介な生物。

年下の女子(妹のワタシ)にマジ喧嘩を仕掛けてくること数多く、男の風上にも置けない。

nextpage

だが、彼には彼の持論?があり、

『沙羅を苛めていいのは俺だけ』という概念が存在するらしい。

その概念により、私は近所のガキ大将もどき(本当のガキ大将は、沙羅兄)にイジメられることなく平穏なご近所付合いが遂行できた。

nextpage

小学校高学年に遭った私のイジメにも、彼は犯人さえ見つかれば容赦なく撃墜してくる。

裏目に出ることもしばしば・・迷惑。

nextpage

沙羅が中学に入学した時には、既にヤンチャしており界隈では名が通っていた。。

それ故、申し送りにより沙羅は2年終わりまで先輩方に擁護される身となる。

(ほぼ監視下とも言う。)

3年では自力でどうにでもなるよう、喧嘩については仕込まれていた。(沙羅の持論により女子を除く)

nextpage

高校時代・・不幸にも当時の彼氏が兄の後輩になってしまい、入学当日、早速<兄グループ>に囲まれる。

彼氏に<兄がヤンチャ>とバレて気まずい感じになるも難を逃れる。

BE-BOP風情で眺められ、解放されたと彼氏談。

nextpage

デートを追尾されることもあり、相当迷惑。

デート前のメイク担当は、兄だったりする。

帰宅すると『手ぇくらい繋いでやりゃ~いいのにケチだな~』とか変なイチャモンをつけてくる。

このストーカーめが!と今なら怒るトコだ。

nextpage

中学・高校と、何故か手芸にハマった兄。

手芸については、私の方が上だったので弟子入り許可。

その後、色々部屋から盗んでいくので仕返しもする。

nextpage

初めて出来た彼女へ<手編みのセーター>をプレゼントしたい!

とゆー乙女チックな願いを叶えるべく、鬼のように指導した。

nextpage

かなりの頻度で、あらゆる毛糸を盗むので、兄の(宝物)とゆー名のエロ本全てを押収売却し、毛糸に換えてやった。

キレイに隠されたソレを1冊残らず古本屋に持ち込み1万円以上の高値で買って頂く。

その足で手芸店に行き、毛糸や刺繍糸などゴッソリ補填。

当然、宝物のオカズがないことに気付く兄。

nextpage

部屋に怒鳴り込んでくるも、『母なら知ってるかも!母に聞けば?^^』

と、母を呼びに行く振りする沙羅を押しとどめる。

nextpage

結果が判ってるので、実際に呼ぶつもりなど無かったのだが、見事に引っ掛かる。間抜け。

買い込んだ毛糸で彼氏用のセーターを編んでる最中に別れる事になる。

(バチが当たったとも言う)

nextpage

行き所を失った毛糸は、ベスト2枚に変化し、無事に兄の元へ姿を変えて戻っていった。

(良かったね。。ソレは元から兄のだよ)

心の呟きは、兄には聞こえない。

しかし、心底嬉しそうに礼を述べ、袖を通す姿に少しだけ胸が痛む。

nextpage

数学が苦手な私と、国語の苦手な兄。

時折、宿題は交換してやっつける。

そして自分でやってない事が先生にバレる。

提出物に、<沙羅兄>と名を載せおってからに・・

私はそんな悪戯しないでやったのに・・

nextpage

そーゆー時の仕返しは、弁当に限る。

日の丸弁当にしてやったりもする。

「おー!妹手作り弁当?見せてぇ!」と言われるのが分ってる。

その仲間の前で自慢げに蓋を開け、恥をかかせるとゆー。

nextpage

しかし、育ち盛り・食べ盛りなので、ご飯の下には、ちゃんとおかずも仕込んであげたりもする。

嗚呼~ワタシ優しいな。と自画自賛。

nextpage

突然、兄に深夜の散歩に付き合わされる。

訳の分らないまま付いていくと、<のび太君>と対決しろと言う。

訳が分らないまま意味プになり・・

「俺の妹に勝てたら仲間に入れてやる」とか言う。

nextpage

怒ってないのに喧嘩できません。と断ると、のび太君、何故か激怒。

「俺じゃ、相手にならないってのかぁ~」と泣きながら腕をグルグル回して襲い掛かってきた。

nextpage

避けるだけ避けたものの、ギャラリーが多く野次が飛ぶ。

沙羅ちゃん、ヤッちゃいなよ!

(イヤです)

オメー腕の見せ所だろ?(兄)

(意味解りません)

nextpage

来いやぁぁ~~~(のび太君)

(だから、イヤですってば^^;)

バシッ!!!(沙羅、何故か平手打ち食らう)

(・・何してくれてんですか?(--))

nextpage

ゴッチン!!(沙羅、何故かゲンコされる)

・・そろそろ怒りますよ?いい加減・・

だ~から、掛かって来いやぁぁ~(のび太君)

~野次馬&沙羅兄の野次MAX~

nextpage

・・・仕方が無いので立ち上がる。

と同時に、柔らかな蹴り(?)が太腿にペンっと当たる。

女子相手に手足を挙げるなんぞ、ほんとムカつく。

nextpage

襟首を取っ捉まえて壁まで引っ張っていき強く押し当ててみる。

ぐ~る~じ~~~~(のび太君)

(あのね?好きでやってんじゃないからね?)

は”~な”~せ”~~(のび太君)

(お願い事は、丁寧に言いましょうね?)

nextpage

う”る”せ~勝って仲間入りするんだぁ~

(こんなクズになりたいの?え?マジ?)

沙羅兄から「クズとは何だ」と言われ何かが弾ける。

nextpage

あんた達の事じゃ~ボケがぁ!!

のび太君標的。ボコる。そして泣かれる。

胸の辺り目掛けて蹴り1発。のび太君ダウン。

nextpage

何気に男同士のイジメも陰惨な事を学習した。

帰宅途中での沙羅兄言い分。

『アイツ、口ばっかで嫌だったんだよなぁ~』

なら自分でケリつけろ。と心の声・・

は、残念ながら届かない。

nextpage

<盗んだ原チャリ>に<盗んだ燃料>でパルパル~~と近所まで帰る。

盗んだくせに隠しちゃったりする。お馬鹿。

nextpage

やってる事はハチャメチャだが、お勉強もスポーツも普通の同級生より出来ちゃう。

ある意味、感心する。

nextpage

外面は父によく似て、ものすごく良い。

(同一人物じゃナイような錯覚さえ起きる)

外へ出れば「妹、すげー可愛いんだ」とシスコン発言も辞さない。

nextpage

そして、その裏付けを沙羅に強要する。

「可愛いって言ってやってんだから、可愛く振舞え」と。

(誰も頼んでなかったりする)

nextpage

お前は口さえ開かなきゃ残念じゃないのに。と、のたまう。

女のクセに口が悪すぎる。と。

誰のせい?私か?私のせいか??

メチャメチャ疑問に思うが、致し方ない。

確かに、口だけは本当に悪いのだから。

nextpage

兄の親しい友人たちは知っている。

『ナンチャッテ沙羅』を。

お転婆というには元気の良い私を「シャデ」と呼ぶ。

「シャデ」とは、方言の一種かもしれないが<舎弟>を意味する。

nextpage

年月が経ち、私を<シャデ>と呼んでいた方々に兄の結婚式で遭遇する。

『○○さん(^^)ご無沙汰しております』と挨拶をする私を見て、驚愕以外の何物でもない表情を見せる。

nextpage

内心(私は珍獣か?)と思うものの、おくびにも出さない。

『ごきげんよう(^^)』と、その場を去ると『アレ。シャデか?マジか?』が聞こえる。

・・・放っとけ・・・

nextpage

結婚式では、「お兄様にお祝いの言葉を」と式進行の女性がカメラマンを連れてやってきた。

「え。。(聞いてねぇし)^^;」

「え~~っと。喧嘩ばかりしてましたが、よく守ってくれた兄です~」

「兄、お義姉さん。私達夫婦を見習って仲良く暮らしてください」

nextpage

あ~マジ心にもないことを口走ってしまった。

テンパると何を言い出すかわかったモンじゃない沙羅。

なのに、何故か号泣する沙羅兄。

・・ぜってぇ演技だ。アレ。・・

nextpage

女性が、ニコやかに言う。

「あらあら、お兄さん感極まってしまいましたね」

(・・・・いや。演技ですから)

心の声は、彼女にさえ聞こえない。

nextpage

これ以降、私は脱げなくなってしまった。

<可愛い妹>というペルソナを。

傍目から見たら、とっても仲良し。

蓋を開ければ・・・

nextpage

兄の無言の圧力が掛かっている。

コレは、きっと天命を全うするまで続くのだろう。

兄の勤め先で受けなきゃいけない健診。

nextpage

『お兄さんにお世話になってますぅ」と毎回声を掛けられる。

そして、その都度定番の<忌まわしき笑顔>で答える。

「こちらこそ、兄がご迷惑をかけております」

nextpage

ワタクシ、沙羅の憂いはまだまだ続く。

Normal
閲覧数コメント怖い
60711
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

mami様~~(もう頭が上がりません)

こちらにも、ありがとうございます~~<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

んむぅ~~(--;) Loveですかねぇ・・・(苦悩)
でもmamiさんもボコられていたという驚愕の事実Σ(゚д゚;)
そして・・・他界されてしまったとのこと。。
お兄様のご冥福を、心より。。。(泣きそう)

沙羅兄が、2~3度命を落としそうになった時は、さすがに心配しました。
今のうちに、大事にされておこうと思います。

ほらほらほらぁ!やっぱりお兄様《沙羅love》じゃないですかぁ!
うちも、兄に『弟と思ってね!?』ってくらいボコられたりしてました。今思えば、愛情表現だったのかなぁ…と20,000歩ほど譲って思ってやってますが…

実は、そんな兄も15年ほど前に他界…
今生きてたら、大人の会話したり出来たのかなぁ…とか思う日もあります。
お兄様、大事にして下さいね。
そして…大事にされて下さい^_^;

鏡姐さん♡
疲れてるのに、コメありがとう(*^^*)

私も今日は、ちぃ~~~っとばかりメンタルやられてます(苦笑)

沙羅兄・・優しいのかな??素朴に物凄く。物凄く!疑問ですww
けれど、義姉さんには『・・さすが兄妹よね。似てるわ』って言われます。
それが、そこはかとなく心外で堪りませんww

沙羅っち♫
ご無沙汰しちゃってゴメン(>人<;)

何だか、兄ちゃんと沙羅っちの関係、微笑ましくて(*^^*)

なんだかんだと言っても、支え合って来た兄妹の強い絆を感じます(*^^*)

妹のいる男性って、優しいですよね!
女がどんなモノか、身を以て分かっているから、我慢強いと言うか(⌒▽⌒)

番長~(*^^*)
ご機嫌麗しゅう~~♪

可愛い!?(T◇Tll)・・・え~~~
こんな兄、イヤなんですけど~(´;ω;`)
相当全力でイヤなんですけど~~

外面いいもんだから、ほんと周りからの評価はよろしくてね~
裏を知ってる私としては、【下衆の極み】ですよww

沙羅お姉様 ごきげんよう。

え、なんかお兄様かわいい…w
いや確かにデンジャラスブラザーではあるけど…
ところどころが…w
ん~、むしろこのお兄様の妹は沙羅お姉様だからこそ成り立ってる気がします!

お兄様の一風変わった妹愛と沙羅お姉様の優しさに乾杯w

牡丹さん
ありがとございます(このような、どうしようもないグダグダに・・)
申し訳ないやら<(_ _)>

そうですねぇ~
<可愛い>を演じなくてはいけませんが、兄を立ててれば波風起きないので
触らぬ神にの扱いをしておりますwww

表示
ネタバレ注意

ひなをさ~ん♪
こんなクッダらない話に、お目通しありがとうございます(T^T)

私は優しい姉や悪戯っ子な妹。
とにかく姉妹が欲しかったですぅ~~

願いは、思いがけず此処で叶いましたがww
イサ兄みたいな兄だったらファザコンになってますね(笑)

こんばんは、兄とは理不尽なものですよね…でも私は長女なので、兄がほしかったです。あ、沙羅さんのような姉もほしかったです( *´艸`)