長編10
  • 表示切替
  • 使い方

コワイ映画の後に

あれは・・・・

『フロントガラス』の頃だから。

だいぶ前ですね。かれこれ10年位遡る話です。

nextpage

現在アイコンに使ってる画像、これ<リング2>のハリウッドバージョンを観に行った時の物です。

コレを撮影した日に、起きた出来事です。

いつものように前置き長いです。ご了承下さい。

nextpage

前出の話の中で私をからかった兄ちゃんが出てきますが、TAKAと言います。

TAKAとは当時、既に10数年以上の付き合いがあり、彼の結婚を機に少し疎遠になり。

nextpage

夫婦関係が破綻しそうな頃に、TAKAの職場で臨時的に職員が欲しいとの話で勤め出したわけです。

勿論、夫婦仲が上手く行ってない事に関して相談も受けていました。

nextpage

<妻の浮気>が原因の・・・

それは、TAKA自身ではどうしようもない事なので、話を聞いてやるくらいしか出来なかった。

nextpage

職場内では別の課に妻が居るので、下手なこと話せない。

専ら、人目につかない場所で会って話すとか、電話で話すのがパターンでした。

nextpage

TAKAは、スレンダーで美人な妻を誰よりも愛し、プロポーズもヘリをチャーターして夜景をバックに指輪を渡すほど。

nextpage

「彼女が出来たから、またね(*^^*)」と友人関係さえ終わろうとしていたのが、憔悴しきった顔で再会することになるとは思わなかった。

nextpage

突然、呼び出され事の次第を聞かされ。

TAKAが泣くなんて。と驚きは隠せなかったものの、公然と浮気を繰り返す妻にも腹が立っていた。

nextpage

そしてある朝。

「妻が、今日出て行くかもしれない。沙羅っち、様子見ててくれない?」

そんなお願いをされた。

nextpage

彼の家の前にある公園脇に車を寄せて見ていた。

少し離れた場所に、私の友人も車を停めていた。

友人と私で<妻>のやっていることを見つめる。

部屋から食器棚やベッド等、大きな荷物が運び出されていく。

nextpage

ソファーにダイニングテーブルセット。

あらゆる物がトラック2台に詰め込まれていく。

携帯を取り出してTAKAへコール。

「あのさ。ほぼ家具の類は無くなるぞ」

nextpage

TAKAは携帯の向こうからパチンコの音を響かせながらも、肩を落としたのがよく判る。

「・・・そっか。。」

そしてどこか腹を括ったかのように言った。

nextpage

「悪いんだけど、沙羅っちとエリちゃんで追尾頼めない?」

どこへ引っ越そうとしているのか知りたいのだそうだ。

知らない方がいいと思うよ。と言ってはみたが、TAKAは頑なに「知りたい」と言う。

nextpage

同じ職場に居るんだから、いずれ分かると思うけど?

・・いや。きっと実家で登録すると思うから。

nextpage

それで、<妻>を尾行した。

私の友人エリと二人で・・。

新しいアパートの、どの部屋なのかまで判断できた処で連絡を入れる。

TAKAには『付きまとったり嫌がらせしないよう』散々言い聞かせた。

nextpage

何もない部屋に帰りたくないな~というTAKAが心配になり、帰宅時間に合わせてアパート前でエールを送った。

「耐えられなかったら、ウチにおいで」と。

力なく階段を上がり、玄関から中に消えたTAKA。

nextpage

数秒後。

「うあぁぁぁぁぁああ~~~」と絶叫。

悲しみの果ての絶叫を聞いた気分だった。

nextpage

数十分後、TAKAがフラフラと部屋から出てきた。

「家中の何もかもが無くなってる。キッチンに空き缶が散らばってて・・流しにフォーク1本と寝室にタオルケット1枚だけ残ってる」

nextpage

・・そこまで持ち出していたのか・・

「ね。今日はウチに泊まれば?パパにも話してあるから大丈夫だよ?」

そんな提案をしたが、今夜は1人になりたい。と言うので私は帰宅した。

nextpage

離婚が成立するまでの間、私とエリは随分とTAKAに付き合った。

喫茶店で話し合いするとなれば、あらかじめTAKAと席を決めておいて先乗りしてる。

二人の話し合いに、耳を澄ませる。

nextpage

妻からの一方的な絶縁希望だった。

長引く話し合いの回数。

nextpage

そして、TAKAのアシスタント的な職員が出産・育児休暇を取ったのが致命的なダメージをTAKAに与えた。

nextpage

年功序列の、その職場で偉い人は、ただお茶を飲みながら雑談に明け暮れ、若手に全ての業務が回ってくる。

当時、TAKAも若手の類だったので負担が物凄いのだ。

nextpage

夫婦仲だけでなく、職場の愚痴も聞いていたので『アシスタントやってー』との誘いに乗ることになった。

少しでも彼の負担を減らしてやりたかった。

nextpage

窓口応対はしなくていい。との約束だったが、一番窓口に近い席なので必然、窓口応対もする。

電話も職員に取り次ぐだけで良かった筈が、いつの間にか対応しなくてはいけなくなった。

別に苦では無かったけれど、忙しいったら。

nextpage

そして、『その日』がやってきた。

いつも仕事助けてもらってるお礼にリング-2を観に行こう!と。

それでTAKAと観に行った。断る理由もないし。

nextpage

フロアには、大きなディスプレイが設置してありワクワクする。

井戸の形をした立体的な立て看。

nextpage

裏から回り込むと、井戸の中に入れる。

TAKAは怖いのが大の苦手だ。

私は、からかうために井戸へと入る。

nextpage

切ったばかりで、そうも長くはないが、一般的には長い髪を井戸から出してみる。

「TAKA~(^^画像取って~」

「沙羅っち!コワイからやめてよっ!」

「いいじゃん!早くぅ♪」

nextpage

数枚の画像を携帯で撮ってもらう。

TAKAの後から、その様子を撮ってる人もいた。

(・・自分達で撮れば良いのに)は、この際言わずにおく。

nextpage

画像をTAKAの携帯に送りつけ、酷く怯える様子を楽しく見ていた。

「これ、コワイから消していい?(TдT)」

「ん?ダメ(^^」

nextpage

そして映画を楽しみ、昼食を採って帰宅。

その夜。。。。

nextpage

深夜1時を回った頃だったろうか。

TAKAからの着信があった。

寝ぼけながら電話に出ると緊迫した様子が伝わってくる。

nextpage

「沙羅!今から来れる?部屋に誰かいるんだ!いや。居ないんだけど!来てっ!早く!」

なんだか、こちらまで緊張するような声なので、とにかく行ってみることにした。

nextpage

彼のアパートへ到着すると・・

階段を登りきった踊り場に煙草を咥えた物憂げなTAKAが居た。

片腕で自分を抱きしめるようにしてる。

震えてるのか???

nextpage

私の姿を見つけると、コソっと手招きをする。

「・・どしたの?何がいるって?」

「判んないんだけど、誰かがいるみたいなんだ」

「虫だったらお断りだよ?」

「違うよっ!!」

nextpage

とにかく、階段から降りて外の公園のベンチで話を聞いた。

部屋でタオルケットにくるまって寝てたら、急に寒くなって目が覚めた。

nextpage

なんか、冷房かけてるみたいに寒いんだよ。

でさ~。何となく時計をみようとして壁を見上げたらさ・・・・・。

nextpage

・・言葉に詰まるTAKA・・

TAKAの姿が外灯の淡い光の中でもハッキリ判るほど震えてる。

全身貧乏ゆすりのように。。

nextpage

先を促すと。。

・・壁に変な影が映ってたんだ。

最初は、カーテンの隙間から差し込む明かりで木が揺れてるんだと思った。

nextpage

けど・・そんなに風なんて吹いてないし。

おかしいなって思ってたら目が離せなくなってね。

どんどん勢いよく揺れだすからホント怖くなっちゃって。

それで電話したんだ。

nextpage

一緒に部屋、見てくれないかな?

話を聞いた私は、すっごくイヤだった。

が、解決しなきゃ部屋に入れない。

nextpage

それで、一緒に真っ暗な部屋へ入ってみた。

夏の終わりではあったけれど、異常に寒い。

nextpage

ひそひそと「エアコン、入ってないよね?」

と聞くが、やはり空調はいじってないらしい。

それにしては、全身に鳥肌が立つほど寒い。

nextpage

TAKAが寝ていたという部屋の入り口で、『ここだよ』と指をさされる。

静かに引き戸を開けると、また一層冷たい空気が足元から流れてくる。

nextpage

月の明かりと、公園の外灯以外の明かりが入ってこない。

だが、暗くてもそれなりに部屋の様子が見える。

TAKAは部屋へは入らず『こっちの壁見て』とまた指をさす。

nextpage

押入れ脇の白い壁に・・映っていた。

ロータイプのキャビネットの上に正座してる高さ。

床からおよそ70センチ位の高さにソレが揺れていた。

nextpage

少し長めの髪を前後に激しく振り、何かを抱いている。

・・赤ちゃん?いや・・もっと大きい。

nextpage

クタリと力が抜けているような人の手が垂れている。

その人形のような物を膝に乗せて抱いているようだ。

そして、抱いてる方は、激しいヘッドバンキング。

nextpage

・・・コレ、どっかで見たような影・・・

でも、すっごくイヤな感じしかしない。

私は、ゆっくり後ずさり部屋を出る。

気付かれないように、そっと。

nextpage

TAKAは固唾を呑んで私を見ていた。

私が『早く外へ行け』との意味を込めてシッシッとやると外へ出た。

玄関から外へ出ると、少しモワリとした空気があった。

nextpage

室内とは雲泥の気温差だった。

無言でTAKAの腕を引っ張り車に押し込む。

「沙羅!?なに?なに?」

後で説明する。とだけ言って自宅へと向かう。

nextpage

さっきのTAKAからの電話で目が覚めたであろう夫も起きている。

ウチで熱いコーヒーを出しながら見たものを話す。

nextpage

TAKAは、やはり同じものを見たらしい。

夫は、途中まで話を聞いて寝てしまった。

「TAKAさん。今日、ウチに泊まりなよ?」

そう言い残して。

nextpage

あの姿、、どっかで見たような気がするんだよねぇ

私は記憶を手繰り寄せる。

そして唐突に思い出した。

『呪怨』シリーズの中に、アレと似たものがあった筈だ。

nextpage

障子戸に映る影。ものすごく似てる。

バッサバッサと髪を振り乱してる女性の姿。

狂気に満ち満ちた姿。

nextpage

今日見てきた映画とは関係がない。

が・・

映画館で拾ってきたのかもしれない。

nextpage

私は、すぐに水晶の浄化を始める。

TAKA?少し横になってなよ?準備出来たら起こすから。

カリフォルニアの山の一角を買い取った友人が居る。

nextpage

ワイルドホワイトセージの生えている一角を買ったんだそうだ。

そして、都合よく数日前に収穫してきたと言ってお裾分けを貰っていた。

その乾燥させたセージの束と、浄化の済んだ水晶を準備する。

nextpage

準備に小1時間掛かっただろうか。

時刻は既に3時になろうとしていた。

・・リミット近いな・・

nextpage

TAKAに声を掛け、安心したような顔で眠りに落ちた彼のポケットから鍵を拝借。

起こさないよう気をつけながら、TAKAアパートへ向かう。

心臓は、外から見ても判りそうなほどバクバクしてる。

nextpage

体中が、部屋へ行くことを拒否しようとしてる。

だけど・・・

何故か解らないのだけれど、勝てる気がしていた。

nextpage

ガチャリ。。重い音を立てて鍵が開いた。

そっと玄関を開けると、さっきより冷たい。

・・・・・。

玄関を一度閉めて、外でセージの束に火をつける。

nextpage

全体に火が回り、モクモクと煙を上げる束を持って再度進入。

松明を持って入ったような感じだった。

nextpage

玄関からキッチン。浴室・トイレ。

他の部屋も煙で満たし、最後に例の部屋。

そっと部屋を覗くと、まだ激しく揺れていた。

nextpage

部屋に滑り込み、束をグルグルと回して部屋中に煙を蔓延させようとしたら急に煙が途絶えた。

どうやら種火が消えたようだ。

こんな中途半端なトコで!

nextpage

再度ライターを取り出すも虚しく、火が点かない。

少し焦りながら、水晶を影の傍に乱雑に投げる。

もう1本・・・。

予備に持ってきた束に火を点ける。

今度は水晶の念珠を巻きつけて。

nextpage

今度は、あっという間に火が点いた。

先の束より煙が圧倒的に多い。

ん”あ”ぁぁぁぁぁあ”あ”~~

nextpage

濁った、それでいて甲高い女性の声がする。

影は、さっきまでとは違い、体全体を前後に揺らしている。

nextpage

影にセージの束を向けながら「消えろ!出てけっ!」と怒鳴る。

もう片方の手で、粗塩と水晶のさざれのミックスを投げつける。

バチバチッ!バチバチ!!

花火が炸裂するような音が上がる。

nextpage

煙で、私の目もシパシパしてきた。。

まだか?もっとか??

そろそろ粗塩と水晶のさざれのミックスも底をつく。

nextpage

最後の一掴みを壁に叩きつけるように投げた。

ん”~~き”ぃ”ゃ”や”ぁぁぁぁあああ

nextpage

影は、膝の上の何かから手を放し頭を抱えるような仕草を見せた。

膝の上の物は、幼い子供のようだ。

さっきは少ししか見えなかったが、ダランと下に手を落とした姿。

nextpage

その姿を見て、すかさずキッチンへ走り、ケムケムの束を流しに放り込んで、ダッシュ。

部屋中の窓を開けて回る。

浴室もトイレも玄関も。

nextpage

ユルリとしてはいるが、風が家の中を通り過ぎ、煙を外へ排出していく。

全ての窓を開き、影の部屋に戻ると、煙の流れと一緒に影も薄くなっていく。

ん”あ”ぁぁ・・あ”・・あ”~・・

nextpage

声も小さくなっていく。

『・・・勝った・・・』

nextpage

完全に煙が排出されたことを確認して、戸締りをする。

セージの束も回収。

水晶の丸玉だけは回収。

そして帰途に着く。

nextpage

TAKAは、涎を垂らしながら眠っている。

薄手の毛布をかけてやり、ポケットに押し込んだ回収済みの水晶を見ると・・

いくつかが欠けていた。

欠けてないものだけ集めて水に漬ける。

nextpage

欠けた・欠けないに関わらず、全ての水晶が透明度を半減させ白濁していた。

その後、コワイ映画を見に行っても同じ事は起きなかった。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,70643
20
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

紫音さん
いらっしゃいまほまほ~~(*^^*)

可愛い妹出来て、姉ちゃんは嬉しいです♪

ちゅ~か、御祓いは、私全く出来ません(´;ω;`)
うっかりくっついてきた。とかに気付いてその時の自分のコンディションで、何か出来たり
どーしよーもなくなって皆さんの知恵をお借りしたりしてますw

どうかプロの方にお願いして下さいね~~(^^)

マコさん
ようこそここへ~♪クッククック♪(^^)b”

打ち込みながら、自分でも思いました。
『やっぱ、アレも廃墟トラウマレベルに恐かったなぁ』・・って^^;

で・・長女じゃ~ありませんw 鏡姐さんがいますから(^^)
虫は、大っ嫌いです(T∀T)
部屋に虫が出たら、すぐ助っ人呼びます。みんな大笑いしながら退治してくれます。。
笑い事じゃないのに!!!

今は、喧嘩もしませんし尖がった部分も痕跡さえありませんし、か弱いですwwww
歳とともに、どっかに置いてくるのか、はたまた波で削られて丸くなる水辺の石のような感じかな~

牡丹さん
いつもありがとで~す(^^)

惚れ・・惚れられちゃっても困っちゃわないなぁ~~ヾ(´・∀・)ノ
大好きな方に、大好き言われると舞い上がりますよ♪

アレは・・多分その場から単純に出て行っただけだとは思うんですよね。
なんせホラ、ちゃんとした御祓い系は知らないもんですから^^;;;
ほぼ思いつきの直感信じての行動でした。今となってはよくやれたな~ってw

で、申し訳ない!!<(_ _)>
ロビンさんや、番長さんたちと、怖話で知り合ったステキな方々を推定年齢で
勝手に【姉妹】【兄弟】と称して楽しんでおりました<m(__)m>
知らない所で名前が出ていて、気分を害されていたら本当に申し訳ない限りです。

私個人的には、世代が一緒とか、偶然にも誕生日が一緒な方がいて、ネット上の、
それもこのサイトに限っての【仲良しさんたち】を親しみを込めて姉妹・兄弟と呼べることが嬉しくてたまりませんでした(*^^*)

沙羅様 皆々様

朝から 大爆笑です。
久しぶりに声を上げて笑いました。
究極の「恐怖」は、「笑い」が原点 なんですかね。

私まで お姉様方のお仲間に入れていただけるなんて。
名前を見つけて とても うれしかったです。

多分、皆様よりもずっと かなり上・・・ですが、精神年齢は、永遠の18歳と言われています。(よく言うよ)

「怖話イケメン兄弟」までいらっしゃるんですね。(笑)

沙羅様
改めて、おはようございます。
沙羅様の作品を読んでいると、不思議な気持ちになります。
自分もそこにいるかのような錯覚と申しましょうか。
沙羅様は、サイキックなのですね。

美しくも逞しいお姉様、これからもよろしくお願いいたします。

ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イ

お姉ちゃんが出来たぁぁ~ε= \_○ノヒャッホー!!

‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/››‹‹\( ´ω`)/››

私、年齢をプロフィールにて公開しましたので、5女より上に行く可能性が( *´艸`)

沙羅さん

私、不運が続いてるので、お祓いをして欲しいです

そうね、沙羅姉が言う通り ロビ男より年上よ!あたいはさ!

まあ、本題に戻りますが。

そんなの こえーよ!

よく一人で行けたなー?流石長女なだけある!!

頼れる姉が居るから、皆んな心強いですね〜!喧嘩もツエーシ、度胸満点、しかし 虫 が大の苦手!本当にそんな姉がいたら、オモロイだろうな!!と思いながら 読んでました。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

沙羅さん

怖い話をしてると寄ってくるっていうし、離婚問題で気が滅入ってる時って事で、TAKAさんに憑いていっちゃったんですかね。

お祓いご苦労様でしたm(_ _)m

てゆうか・・・うちも姉妹の仲間入りしてるぅぅ~҉٩(*´︶`*)۶҉

8女って・・・ちょっと若過ぎかも( ´艸`)

高校生の時にジュンスカが全盛期ですもん🎵

ロビちゃん?(*^^*)
マコさんは、イケメン兄弟の中でもロビちゃんよっかお兄ちゃんよ?♪
私のお兄ちゃんだったりするんだから~w

あとは、姉妹の順列変更が残ってるわね?(^^
宿題は今日のうちにするものよ?( ̄ー ̄)ニヤリ

表示
ネタバレ注意

番長(^^)

異議を認めますwwww
ちょっと修正入れるよう、要請中ですので、今しばらくお待ちくださいな(^^

ちゅ~か、私にも判らなくなってきてますwwwww
でも姉妹が増えるのはステキ♪

ロビちゃん?(--;)

それは本当なの?
姐ちゃん騙すと酷い目に遭うわよ?(^^)修正は今のうちにね・・ポキポキ・・

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

沙羅お姉様、本日二度目のごきげんようw

勇気ありすぎですよ…
一人で行くだなんて!
傷心の中でのその出来事、
TAKAさんはそうとうダメージがきてそうです…w
お姉様グッジョブ!

あと、お話には関係ないのですが
お姉様にしつもーーーん!
我等が怖話<美人>姉妹は現在どのような構成になってるんですか!w
高校4年生のバカには把握が出来なくなっております!www

別の意味で更に怖くなりました。
ジャケット着込みました。

小夜子さ~~~ん(*^^*)
お待たせいたしましたぁ~~♪

とゆーか、今日は上司が居ないのを良いことに投稿できました(^^♪

TAKAは、離婚が成立した後、もぬけの殻になり心を病みました・・。
部屋を散らかしてると余計に蝕まれるから!って私が何度も片付けに行きましたが、改善せず。
お化けのせいではなく、自分に負けた結果だと思われます。
私のバツの時に「バイバイ」したのが最後でした~

元妻は、元気いっぱいでww
バツの手続きの一環で元職場へ顔を出したときの職員が元妻でねw
「離婚ってメンドくさいですよねぇ~」と私に話しかけてきましたよ(^^;
・・あぁ。ゴメンね。尾行しちゃって~と心で詫びてきました~