中編4
  • 表示切替
  • 使い方

兄達の協力・7

つい最近気付いたことなのだが。

木葉の性格は、温厚、臆病、そして引っ込み思案に見られがちだ。・・・・・・一見。 確かに、間違いではない。

しかし、俺が思うに、其れはあくまでも彼の一面でしかないのだ。

そして、其の一面により隠されている、木葉のまた別の一面とは・・・・・・

「あの影のこと、ご存知なんですね?僕達に教えなかったのは、単に面倒だったからですか?其れとも、他に教えたくない理由でも有ったのでしょうか。」

こんな感じ。

さっき書いたかと思うが、木葉は臆病だ。其れはまごうこと無き事実だ。怖いものには悲鳴を上げるし、一目散に逃げる。

だが。生来の気性か育ちの所為か、妙な所で妙にアグレッシブになるのだ。どちらにせよ、間違い無く彼の祖父であるヒゲジジイの影響だと思うが。

殺られる前に殺る精神というか、攻撃は最大の防御というか・・・

兎も角、発動すると厄介極まりない。

というか、今考えてみると出会ってから暫く経った頃に巻き込まれたプチ家出。両親を忘れそうで怖くなったとか言ってたが、あれも、ジジイ譲りアグレッシブの所為だったに違い無い。

あの時は凄い叱られた。特にあのヒゲジジイには其れはもう・・・・・・

「もし貴方が此のままはぐらかすと言うのなら、其れでも僕は構いません。・・・自分でどうにかするだけのことです。」

あれっ何時の間にか凄い勢いで話が飛躍している。

何言ってんだこいつ。

「おいちょっと待て!何でまたそんな危険なことをだな」「真白君。着いて来てなんて、僕は一言も言ってませんよ。」「でも、お前一人でなんて無理だろ!俺も」

「はい言質取った。真白君も来てくれるそうですよ?赤の他人である僕なら平気かも知れませんが、仮にも貴方の孫です。記憶にあろうとなかろうと。どうします?危険に晒しますか?」

開いた口が塞がらない。

俺、まんまと乗せられたのか。

テーブルの向かい側を見ると、縁さんが俺と同じようにポカンと口を開けていた。

「・・・・・・君の其のやる気はなんなの。」

俺としても完全同意だ。

木葉はすました顔で答えた。

「強いて言うならば《じっちゃんの名に懸けて》僕は頑張らねばならないのです。」

nextpage

~~~

「さて、可愛い孫を人質に取られてしまった訳だが。君は一体何をお望みなのかな?」

縁さんが早くも今の状況に慣れたようだ。楽しそうにさえ見える。順応の早いジジイである。

木葉は淡々と言う。

「先ずはあの影の正体。あとは性質と撃退方法、あとは有効活用出来る部分等があれば、其れも教えて頂きたいです。」

木葉もグイグイ行ってる。さっきまでの様子がまるで嘘のようだ。

そうすると、縁さんは益々楽しそうな顔になった。

「ほほお。其れを知ってどうするの?」

「退治とまでは言いません。実力が圧倒的に足りていませんから。只、町から追い出すぐらい出来ないかと・・・・・・」

「追い出すってのは、君が?」

「ええ。」

「出来ると思ってるのかい?」

ふん、と軽く鼻で笑われた木葉。しかし、本人は眉一つ動かさず尋ねる。

「ならば、貴方がやってくれますか?」

縁さんは軽く肩を竦め、答えた。

「悪いけど、仕事はとうに廃業してるんだ。」

「じゃあやっぱり僕がやるしかありませんね。」

「其の黒い影がそんなに嫌なんだね?」

「ええ。嫌ですよ。其れだけが理由でもありませんけどね。」

「ふーん。無理だと分かっているのに?物好きだねぇ君も。」

ニマリと縁さんが笑う。

直感で分かった。縁さんが何やら企んでいる。

こうなると録なことにならない。止めなくては!

「縁さ」

nextpage

~~~

「やっぱり引き受けようか。此の仕事。復業にも時期的に丁度良いし、何かと面白そうだからね。」

「「・・・え?」」

木葉の顔が一気に輝く。

おかしい!

あのニヤケ面でこんな真面目なことを言うなんて。

「ただし、報酬はキッチリ貰うよ。」

「はい!有り難う御座います!!」

「礼には及ばない。ビジネスだからね。」

「其の、御代というのは・・・」

「何、ほんの御気持ち程度だよ。」

おかしいおかしいおかしい。

こんなの絶対におかしい。

いよいよ世界の滅亡が近付いたか。

そんなことを思いながら俺が戦いていると、縁さんはやはり老人らしからぬ口調で言った。

nextpage

「丁度、雑用を任されてくれる使いっぱ・・・基、助手が欲しかったんだ。」

「えっ?」「・・・やっぱり。」

そして其の日から、俺達の日々はまた少し非日常に近付いて行くこととなったのだ。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7459
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

紺野さん

うちも何かあるとすぐに『お腹痛い~』『胃が痛い~』と言ってます(`-д-;)ゞ

父親の家系がお腹が弱く、母親の家系が胃が弱いみたいで、私は両方を受け継いでしまったようです_:(´ω`」 ∠):_

よく『丈夫そうに見えるけど、意外と弱いねぇ』と言われてるけど、体型だけが丈夫そうに見えるだけであって、周りの人は失礼な人ばかりだぁぁ~って、つくづく思いますわ。

ここ数日、急激に涼しくなってきてるから、腹巻きして寝なさいよ。←再びおかあちゃんからの命令www

YUKA Hosakaさんへ
コメントありがとうございます。

原因は不明ですが、無事完治しました。ご心配痛み入ります。

温厚な人ほどキレると恐ろしい・・・なんてよく言いますけれど、そういうことなのでしょうか。

いえ、こちらこそ、素敵な御名前を有り難う御座いました。

紅茶ミルク番長さんへ
コメントありがとうございます。

僕もメリハリが付けられるよう頑張って書きました。なので、そう言って頂けるととても嬉しいです。
有り難う御座います。
宜しければ次回もお付き合いください。

mamiさんへ
コメントありがとうございます。

御仕事の時に強くなるのは昔からだったらしいです。
恐るべしヒゲジジイ遺伝子。
普段が普段ですから、ギャップも大きいですよね。
のり姉に会うのも仕事中だけにしたら良いのに。

小学生が《言質》なんて、普通使いませんよね。何と言いますか、やっぱり小さくても木葉さんは木葉さんだなと思いました。

お陰さまで元気になりました。
原因は不明ですが、治ったからもういいやと思っています。其れじゃダメなことは分かっているんですが・・・(笑)

紫音さんへ
コメントありがとうございます。

出すものを全て出したら、無事回復致しました。びろうな話で恐縮です・・・。

テストも終わったので、ゆっくり寝れます。腹を壊していた僕が言うのもなんですが、紫音さんも御体に気を付けて。

紺野さん、おヘソを出しっぱなしで寝ましたか? ストレスからだなんて聞きたくありませんよ‼︎

皆んなで速く良くなるように願っておりますので、出来るだけリラックスして良くなってくださいね。

木葉様は、昔からクールだったのですね♡ 木葉様カッケー‼︎

遅れ馳せながら、名字をお選びいただいて、誠に有り難く思っております。
幸加

え、あれ?
かっこいい…
ちょっと途中からしか読んでなかったので読み直してきます…

このモードの木葉さんが大好きです。
怖がりでオドオドして、のり姉さんの前ではドギマギする情けない木葉さんも好きなのですが…
木葉さんが登場したお祭りのお話が大好きなんです。
なんか神秘的で、謎めいて、大人で…
しかも…言質って…このメンバーでしか通用しない脅しですね。

最近、体調が思わしくないようですね…
どうぞゆっくりご養生して、しっかり治して下さいね。
のり姉さんに呼び出される前に…

新作アップは嬉しいけど、紺野さん・・・先ずは、お薬飲んで早く寝なさいよ。

お母ちゃんからの命令です( ・`ω・´)