中編3
  • 表示切替
  • 使い方

不思議な出来事

 あれは私が高校3年生の時。時期は秋ごろだったと思う。

 いつもより少し遅く学校が終わり、家に帰るために歩いている時だった。不意にポケットに入れていた携帯が鳴った。画面を確認すると、かけてきたのは実家にいる祖母だった。

「もしもし、どうしたの?」と言うと、慌てた様子で祖母がこう言った。

「あんた大丈夫!?無事!?」

「ん?」と返した私。慌てていた祖母を落ち着かせ事情を聞くと、どうやら私に電話がかかってくる数分前、実家に自宅(両親と住んでいる私の家)から電話があったとの事。それでその電話に祖母が出たのだが、「もしもし」と言っても何の反応もない。暫くそうしていると受話器を通し何か聞こえてきた。耳をよく澄まして聞いてみると…

「う、ううぅ…う…」

 という女のか細い呻き声が聞こえてきたとの事。ちなみに私の両親は共働きで、本来ならこの時間は私しか家にいない。物騒な事件が起きている昨今。祖母は私に何かあったと思い、電話口にて色々と話しかけた。でも、すぐに電話は切れた。再度かけなおしても誰も出ない。

 それで私の携帯にかけたとの事だった。「何それ?ほんとにウチからだった?」と聞いても番号は間違いなくそうだったとの事。ちなみに祖母はボケてはいない。

「まあ、何かの勘違いだろう」

 そう結論付けた私は祖母との電話を切ると、試しに自宅にかけてみた。

 何度かの呼び出し音がなったが誰もでない。

「まあ当たり前か」

 そう思い、電話を切ろうとした時だった。誰かが電話に出た。

nextpage

「え?」と思い話しかけようとすると、「う、うう…」と女の呻き声が聞こえてきた。

 慌てて私は電話を切った。

「何これ…」

 背筋がぞっとした。だが同時に、別の可能性が頭に浮かんできた。

「お母さんに何かあったんじゃ…?」

 本来ならこの時間に母は戻っていない。でも仕事が早く終わって帰ってきてるんじゃ?

 それで何かあって大変な事になってるんじゃ?声は小さくて判別しにくかったが、そう思うと母の声に聞こえない事もない。

 そう思った私は急いで家に帰った。息を切らしてドアを開け、「お母さん!」と中に入ったが、中はシーンとしている。母の姿はみえなかった。

 念のために各部屋とトイレ、浴室も覗いてみたが誰もいない。そもそも玄関には私以外の靴は無かった。

 サーッと血の気が引いていくのが分かった。心を落ち着かせようと思ったのか、私は何故かテレビをつけようとテレビの前に座った。その時だった。

「何かいる…」 

 電源を入れる前のテレビの画面に何か写っている。アップの私の顔の少し後ろに、着物をきた誰かが前で手を組んでこちらを見ているのが分かった。後ろを振り向こうにも金縛りで身体が動かない。必死に画面を凝視していると、その「誰か」が私に近付いてくる。

nextpage

「お願い、やめて!」と心の中で叫んでみても変わらない。その誰かが私のすぐ後ろに立った時、私は目をギュッと瞑った。その直後、耳元で…

「気付いているんでしょ?」という女の声が聞こえてきた。私はその直後、気を失った。

 数時間して帰宅した母に起こされ事の顛末を話したが、一向に信じてくれない。「気のせいでしょ」の一言で片付けられた。

 それ以来、呻き声やその「誰か」は出てきていない。

 でも昨日の深夜、トイレに行って寝ようとした時、

「ふふふ…」

 という、どこか聞き覚えのあるか細い笑い声が部屋の隅から聞こえてきた。

 私は空耳だと信じている。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6295
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

はじめまして。
リアルな描写にドキリとしました。
こわかったです。
実話なのでしょうか。

これからもよろしくお願いいたします。

はじめまして!

いやあ、初投稿とは思えないクオリティでしたよ!

これからが楽しみです!頑張ろう!

はじめまして!ピノです(^^)
…怖かったです…マジで…(T_T)ううぅ…
これからも楽しみにしてます!

なかなかどうして、初投稿と思えない出来栄えですよ!