中編2
  • 表示切替
  • 使い方

白い外車

wallpaper:1245

wallpaper:718

(大学二回生の冬、父が急死した。

死因は急性心不全、

この後あった出来事は、「それで何をしたい?」という題で、怖話に投稿しているが、それは私の体験、これは母親が見た夢の話。)

母親が近くの川の土手の道を自転車を押しながら歩いていた。

その頃は家に帰ると気が滅入るので、用事や買い物の行き帰りはぶらぶら遠回りしていたらしい。

土手と言っても車が通る道が付けられている。

あれこれ考えながら歩いていると、後ろから急にクラクションの音、

振り向くと車種はわからないが、大きな白い外車である。

その外車が母の横に停まり、窓が開く。

あゝ、また道訊かれるな、面倒くさと思っていると、ひょっこり顔を出したのが父親、

笑いながら、

「おまえ久しぶりやな。元気してるか?」

母は呆れてしまった。それで皮肉混じりに、

「ええ車乗ってるやん、向こうでええ生活してんやね〜」

すると父は、

「いやいや、わしな、今はあっちで送り迎えさせられてるんや。空き時間は好きに車使うてええことになってるよって、ドライブしてんねん。それで久しぶりに会うたから、一緒にドライブせんか?高級車やから乗り心地ええで〜」

「うるさいわ!それ乗ったら戻れんやろ?」

「あ、わかった?」

連れて行く気満々やなぁ。と半ば呆れながら、

「で、仲の良かった元の同僚さん(父に濡れ衣着せて失職させた連中)とか、可愛がってたS先生(父の浮気相手)とドライブせえへんの?」

と聞くと、

「なんかみんな顔色変えて怖がりよる。絶対嫌です助けてください。許してください、言うてな、なんでやろ?」

母は馬鹿らしくなって、

「そりゃみんなあんたより賢いからな」

そう言うと、

「それでも、Hさんの息子が『どうしても乗せてくれ』ていうんや、

『やりたい仕事があったのに親に無理やり教員にさせられる』

よう分からん。休みは多いし、空き時間は好きなことできるし」

母はため息ついてから言った。

「それで結局乗せたんやね……」

(私の同級生で父の同僚の息子さんが亡くなったのは、産休補助教員として初出勤する朝、布団の中で冷たくなっていたそうです。

父や母と同僚だった元教員の住職さんにこの話をすると、

「あなたが知らないだけで、お父さんに関わった人や身内さんが連れて行かれてますよ。

その話は氷山の一角ですなぁ!連れて行かれた人はいわば自業自得です」

と笑われました。)

Normal
閲覧数コメント怖い
5930
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ