中編3
  • 表示切替
  • 使い方

長月の月

私の兄から聞いた話です。これは貴重な体験をしたなー、と思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

15年ほど前の9月某日、兄とその連れ達4人でちょいと離れた温泉旅館に泊まった時の話。

その連れ達は高校からの付き合いで、丁度皆んなの都合が会い、旅行に行く事になったと。

皆んなヤローばっかですがね!笑

で、地元から旅館まで車で4時間程かかるので その途中で休憩を何度か入れたそうです。

その休憩の度に兄が「なんかステレオと違う音が聞こえ出した…」と言うのです。

その旅館に近づくにつれて言葉数が増えてきたと。

初めは「…ち…つ…た…な」と若い男の声が聞こえて来て、旅館に着いた時には「長月の……な」までハッキリと兄の耳元で聞こえて来たそうです。

ステレオを消しても止まず、2〜3分おきに繰り返し聞こえたと。

もう、わけわからんとか思いながらも無視し旅館に到着。

連れは前からの兄の「体験」を知っているので「おい!k男!また、怖がらせようと思ってからに!」と少し怖いのか、冗談と本気を混ぜた言葉を連呼しながら旅館に入ったと。

しかし、当の本人は至って本気。

「あー、また始まったとか思ってんだろ?これ、マジだから。聞こえないやついいなー。」と。最後尾のk男兄が旅館に一歩踏み入れた瞬間、真後ろから「長月の月がみたかったんだよ!!」

と大きな声で怒鳴られ、「うわっ!」と、咄嗟に振り向くが誰も居ない……。

「おいおい!!k男、役者やのー。そんな事せんでよかよ!」と冗談混じりで連れが言ったと同時にk男兄は分かったんだと。

よく見ると、旅館の玄関口の右側に兵隊姿のキリリとした男の人の写真が掛けてあるのがみえた。それを見てすかさずk男は出迎えてくれた女将さんに「すみませんが、この写真の方は戦争で亡くなられた方ですか?」と聞くと、女将さん「そうです。私の祖父が戦争で亡くなりました。特攻隊に居ましたので、招集が掛かれば もう戻れないと祖母には言っていたそうです…。」

「それは八月の事ですか?」と尋ねると女将さん「そうです。昭和20年八月三日の事です。よくお分かりに…」

k男「此処に向かう前から声が聞こえて来たんです。おそらくですが、貴方のお祖父さんが私に聞いて貰いたくて 長月の月がみたかった。と、おっしゃっていますが…」と言うと女将さん「あ!!毎年、九月になったら祖父の遺影の向いに「月」の写真を飾るんですが、此処のところ忙しくて忘れておりました。」だって。

そして、お祖母さんの元に届いたお祖父さんの最後の手紙にはこう書いてあったという…。

「志半ばで有るが、お国の為行かなくてはなりません。◯子【女将さんの母上】の事はよろしく頼む。

せめて、長月の月まで見たかったが。

昭和二十年 八月一日

ーーーーーーーーーーーーーーー

それから女将さんの母上は毎年、九月になるとお祖父さんの遺影の向いに長月の月の写真を飾っていたと。その後は女将さんが引き継ぎ、やっていたがここ最近の忙しさに負けて 忘れていたそうです。

k男「無理にとは言いませんが、仏壇か何かあるのならば 線香など挙げさせていただけますか?」と聞くと、「それはそれは!ありがとうございます!祖父も喜ぶと思いますのでよろしくお願いします!」と、仏間に案内される途中、k男「来たいやつだけ、来たらいいよ」と言うと、全員来たそうで皆んなで参ったそうです。

この方達のお陰で、今の私達が有ると言う事。

人が 忘れてはならないのがそういう所なのでは無いのかと思いました。

Normal
閲覧数コメント怖い
68011
24
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

鏡姉様、mamiちん、にゃにゃーみん、
怖い、コメントありがとうございます。

ねぇ、本当に今の私達は恵まれて居ますよね!
つまらない事で悩んでいる自分が何だか 恥ずかしいです! 大きく、そして確実に前へ進める今のご時世、「実行」したもん勝ちと 私は思います。みんな、頑張りましょうね!
押忍!!

月を楽しむ…、とても和の心をお持ちのお爺様だったのでしょうね。
そして何よりも、ご家族を思い、自分の命を礎に、これから先の幸せを願っていらっしゃったのだろうと思います。
私達は、戦争を知りませんが、
その時、日本はどんな国だったのか、
人々はどう思い過ごしていたのかと、

聞いた話を、決して忘れず、
知らない私たちだからこそ、
伝えていくべき大切なことだと思います。
良いお話、ありがとうございました。

マコさん、お久しぶりです。やっと読める日が来ました。
感受性豊かなお兄様に伝えにきたのでしょうね…
このおばあさまの愛も感じます。
『よか話しばありがとね。』

良いお話なので…

ポチッと♫

戦争の犠牲になった方々が私達の礎となり、今の平和を築いてくれたのですよね(/ _ ; )

誰も、心から死を願っていた訳ではないでしょうし…

大切な者を守る為…

きっとそうなのでしょう(T_T)

私達はその様な方達に対して、一生懸命に生きなくてはいけなませんね(;ω;)

裂久夜様、あんみつ姫様、ロビン氏、沙羅ねえたま、まりかたん、バーンちょう、怖い、コメントありがとうございます!

戦争は良いものは何も産まない。

これは本当ですよね。

物や情報が溢れかえる今の時代、私達は何かを無くしてしまったのでしょうか?

今、「生かされている」事に気づき、先人に感謝しなければならないと 私は思っています。

なので皆さん、人生を大いに謳歌しましょう!*\(^o^)/*

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

怖いというより、しんみりとする話しですね。
いや、切れ切れに聞こえて来る声からの怒鳴り声は怖かったですが。