中編4
  • 表示切替
  • 使い方

山で遭遇したもの

music:1

私の友人に

Yという坊主がいる

生臭坊主である

しかし、力を持っていて

お祓いもでき

やろうと思えば

人を呪うこともできる

見た目といえば

スキンヘッドに

サングラス

ラグビー選手のようなガタイ

私服は筋者が来そうな服

うん、怖い

そんなYとは

高校の時に知り合った

その時の話をしようと

思います

全然、怖くないのでご了承ください

nextpage

高2の夏

学校のそばの大きな山

そこに

毎年必ず登山をする

実に面倒くさい行事である

走って登る

歩いて登る

2つのグループに分かれる

高1で走った私は

高2は歩いて登ることにした

天候は曇り

薄暗い山を大勢で

ワイワイと登る

高校は余り素行の良い方ではない

山にポイ捨てをするヤツ

ツバを吐くヤツ

そんなヤツもいた

褒められたことではない

nextpage

歩き始めて

10分くらいしただろうか

ボソボソと遠くから声が

微かに聞こえる

ボソボソボソボソ

不快で仕方がない

段々とイライラもしてくる

すると周りは

イライラが伝わったのか

距離を置いた

ボソボソボソボソ

イラつく

ボソボソボソボソ

うるさい

ボソボソボソボソ

・・・・・・・・

そのまま歩き続けると

開けた場所に出た

登ってきた高さがわかる

nextpage

「結構、登ったなぁ」

心なしか気分が

少し晴れたような

そんな気がした

早朝から登り

今は昼過ぎ

5時間は登ったのだろう

nextpage

music:2

なぜ

それが見えたのか

わからない

吸い込まれるように

それを見てしまった

遠くの山々の

丁度、隙間のような

そんな空間にいる

そいつは

ガリガリの身体に

上半身は裸

下半身は

浴衣を着崩しような

そんな服装

両手を無茶苦茶に

振り回しながら

ずっと聞こえている

ボソボソという声に合わせて

口を動かしている

私は目が良い方だが

そんなに遠くにいるヤツを

見れるわけがない

耳が良いわけでもない

だが、

そいつが

ハッキリと

見えた

あいつは何?

ジーっと見ていると

そいつはゆっくりと

顔を上げてきた

徐々に顔を上げていく

そして

山の入り口の方を見ていく

入り口から

今度は山の上に

顔を動かしていく

ゆっくりと

ゆっくりと

値踏みをするように

nextpage

好奇心から

恐怖に変わった

直感的に

あいつは

俺を探してるんだと

分かった

でも

なんで俺なんだ?

意味がわからん

どうして?

目を動かすことも

出来ない

身体を動かすことも

出来ない

ただ

そいつが動いていくのを

見るしかなかった

ゆっくりと

動いていくそいつを

そいつは

ついに

俺を見つけた

ニターーーーっと

笑った

笑ったのだろう

手を無茶苦茶に振り回しながら

そいつは

俺に向かって

進み始めている

少しずつ

ボソボソ声が

ハッキリと聞こえた

それは、

言葉だった

「移せばいい

咎を移せば

解放される

移せばいい

咎を移せば

解放される」

ずっと同じ言葉を

繰り返し繰り返し

呟いていたのだ

だが

自分との距離は

10キロ以上ある

聞こえるわけがない

見えるはずもない

それが

なぜ見えるのだろう

なぜ聞こえるのだろう

そんな思考が

グルグルと回っていく

何度も言葉が聞こえる

思考が鈍ってくる

頭がボーっとする

な に も か ん が え ら れ な

nextpage

「見るな」

後ろからドスの効いた声が

聞こえた

「てめぇめんどくせぇもんを

こっちに呼ぶなよ」

振り返ると

極道が背後にいた

music:1

学年でもかなり

見た目が怖い

アダ名は陰口で

極道と呼ばれている

そいつが

優男の自分に

話しかけている

周囲には誰もいなくなっていた

あっ

あー

えー?

カツアゲ?

狩られる?

しかし

極道は

言った

極道「お前さ?

見掛けた時から

思ってたんだよ

強過ぎだな」

俺「はい?」

えっ?

狙われてた?

カツアゲ?

極道「あのよ

お前は人よか

憑かれやすい

何十倍もな」

俺「あーうん

分かります」

極道「自覚あんのかよ

めんどくせぇヤツだな」

俺「いえ知りませんよ

お金持ってないですよ?」

極道「あぁ?」

俺「あっいえ失礼しました」

極道「そっちじゃねぇよ」

俺「どっちですか?」

極道「あーー

で?アレどうすんだ?」

俺「忘れた‼︎」

そいつはゆっくりと動きながら

違う方向を見て

手を無茶苦茶にしながら

歩いていく

俺「どっか行くみたいです」

極道「どっか行くんじゃねぇよ

次の獲物を探してんだよ」

俺「へー」

極道「お前さ

今日は忌日だろ?」

俺「は?」

極道「今日は最悪な日ってことだよ」

俺「そうですか

極道さんは」

極道「あぁ?」

俺「あっいや

Yさんはなんで

そんなことわかるんですか?」

(以降、極道改めY)

Y「オレぁ寺生まれだからよ

昔からあーゆーのも

お前みたいなのも分かんだよ」

俺「へー」

Y「お前から

糸みたいのが見えたんだよ

それが嫌な感じがしてよ

だからずっと様子見してたんだよ」

俺「なるほど!ストーカー的な」

Y「バカじゃねぇの?

とりあえず

山を降りるまでは

俺の隣にいろ?」

俺「彼女のように?」

Y「いいんだな?

またあいつと仲良くしたいんだな?」

俺「失礼しました

お供します」

そのあとは何事もなく

帰れました

nextpage

music:5

手を無茶苦茶に振り回してたのが

なんだか私には分かりません

でも、後日わかったのは

あの時は

私は

身体を前後に揺らし

今にも山から

落ちそうだったようです

あれは

なんだったんでしょう

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9866
16
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

りこさん
そう言ってもらえると嬉しいです
ありがとうございます

mamiさん
ありがとうございます
Yとは色んな怖い経験もしてるので
今度それを書きたいと思います

怖くない、と謙遜してますが怖いです。

面白かったです。
また、Yさんのお話し聞きたいです。
女癖のお話も…( ´艸`)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意