短編1
  • 表示切替
  • 使い方

イジメ

music:4

ある日、俺はある自殺サイトを見ていた。

別に自殺願望があったわけではない。ただ、自殺したいと思う人間の心理や自殺理由に興味がわいただけだった。

そのサイトの書き込みの中に

「私はいま数人のクラスメイトから執拗なイジメを受けています。

他のクラスメイトも見て見ぬフリで助けてくれません。

イジメがひどくなるのが怖いので、先生に言うこともできません。

もう死にたいです。誰か楽な死に方教えて下さい。」

というものがあった。

俺は、その自殺志願者に向けて

「死ぬなとは言わない。だがどうしても死ぬと言うなら、その前にお前をいじめた奴らを完膚なきまでに叩きのめしてからにしろ。やられっぱなしで死ぬことだけはやめろ。」

と書き込んだ。

いじめた奴らさえどうにかしてしまえば、自殺する理由もなくなると思ったからだ。

nextpage

数週間後、俺は部活が終わって、街灯もまばらな暗い夜道を歩いていた

すると突然、背中に鈍い痛みを感じ、意識が遠のいていった。

薄れゆく意識の中、俺はどこかできいた言葉を思い出していた。

「イジメを見て見ぬフリをするやつは、イジメをしているやつと同罪だ。」

Normal
閲覧数コメント怖い
8534
15
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

同感です。
たしかに、いじめる側ここそ心のケアが必要でしょう。

「愛の反対は憎しみではなく無関心です。」
一番罪が重いのは、身近な存在がいじめられていても、「無関心」でいる大多数の傍観者ではないかと私は思います。特に、教育をつかさどる学校!自殺者が出ても、未だに、自殺の原因は、被害者の心が弱いからだと言い張る輩がいるのは許せません。

あんみつ姫さん
怖い&コメントありがとうございます。
あなたのおっしゃる通りだと思います。
きっとイジメをする側は軽い気持ちでやっていたり、イジメているつもりがなかったりするのでしょう。
イジメを苦にして自ら命を絶ってしまう人がいるというのはとても悲しいことだと思います。
私はイジメをされている側だけではなく、している側の心のケア、教育のあり方を見直す必要があると思います。

初めまして。
「他人に叩かれたことは忘れないが、他人を叩いたことは忘れている。」
人間とは、かくも罪深いものですね。