中編3
  • 表示切替
  • 使い方

~スープ~

※恐い話ではありません。

あの父が亡くなって、少し後。

初めて父の夢を見た。

今まで一度たりとも父が登場する夢など見た事が無い。

nextpage

あの日、私は猛烈な体調不良で仕事を休んだ。

以前投稿した前職場に居た頃。

何か栄養だけ摂らなくちゃ・・

nextpage

そう思っていたのだが、体が動かない。

そしてそのまま眠ったらしい。

・・・

その夢の中での事。

nextpage

私は、なんとフライパンでポトフを作り上げた。

そして、敷いてある布団まで持ってきて少しずつ口に流し込んでいた。

(普段はベッドなので、敷布団の段階で夢だと判った)

nextpage

コンソメは好きではないのでブイヨンと、たっぷりのベーコン&ウインナーから出汁をとった。

鮮やかな黄色が印象的なスープだった。

nextpage

「フー・・フー・・」

フライパンごとスープを持ってきていた。

周りに目をやると、どうやら沙羅宅の・・

あろうことか一番のホラースポットではないか。

nextpage

二階の部屋で私は寝込んでいたのだった。

布団脇の押入れの戸が開く。

nextpage

・・ツッ・・ツスーーーーー

押入れの戸なのだが、どうやら戸の向こうには空間が続いてるらしい。

父親が、ヒョイヒョイと爪先で跳ねるようにやってきた。

nextpage

余談だが。。

父親の、この歩き方は生前からだ。

どうにもケダモノの様で嫌いな歩き方だった。

nextpage

スープを冷ましながら飲む私の枕元にヒョコリとしゃがむと、「なんだ?具合悪いのか?」と尋ねてきた。

「あぁ。。具合ぇ悪りぃよ。何か用か?」

いつものように、棘のある言葉を父に向ける。

nextpage

・・それ、美味そうだな?

「なんだよ?飲みてぇのか?」

・・・・。

「毒なんて入ってねぇぞ?飲みたいなら、やる。」

nextpage

父は、どこから取り出したのか、小さなティースプーンを取り出した。

そして、フライパンを傾ける私の手元から一掬いして口に運ぶ。

「どうだ?口に合うなら、もっと飲めよ」

nextpage

父は、黙ったままティースプーンを傍らに置き、カクテルを作るときに使うような持ち手の長い柄杓のようなものを取り出して飲み始めた。

「・・・美味いのか?」問う私。

「うん。」と父。

少なからず私は戸惑った。。。

nextpage

生前、父は母の作る食事等に一切手をつけなかった。

『俺を殺そうとしてる。毒が入ってる』

糖尿から来る被害妄想なのだが・・・

『美味い』なんて一度も聞いたことない。

nextpage

ならば、遠慮なく好きなだけ飲めよ。

そう言うと、父は次にレンゲを使い、その次はオタマ。

『・・どんだけ飲むんだよ・・』

少々呆れながら、「全部飲んでいいぞ」

nextpage

そう言った途端、父は・・・

オタマも投げ捨て、フライパンに直接口をつけて飲み始めた。

・・・

・・・

そこで目が覚めた。

nextpage

私は、まだ朦朧とする頭にアイスノンを押し当てながら、母に電話をした。

「あら!こんな時間に何だい?」

平日、昼過ぎの電話に母も驚いたようだ。

nextpage

・・母?悪ぃ。手間かけるんだけどさ。ポトフ作ってくんねぇ?

「野菜スープなら今、丁度作ってたよ?」

・・いや。野菜スープじゃなくポトフ。

「分かった。でもなんで?」

nextpage

私は今見た夢の話を、そのまま伝えた。

・・あの黄色さは・・

サフラン・・じゃなく。

ターメリック・・でもない。

コーンでもなく・・。記憶を辿る。。

nextpage

あ。かぼちゃ!

あれはカボチャの黄色!!

ポトフが出来上がったら、カボチャのペースト混ぜて!!

nextpage

調理師免許を持ってる母だ。

簡単にポトフなんて作れるはず。

だが、私の作ったモノが飲みたかったハズ。

なので、1から手順を説明して同じものを。と要望した。

nextpage

母も、父・兄・私の3人が、不思議体験を重ねていることを知っている。

だからこそなのかもしれないが、何も疑うことなく手順をメモし、仏壇に供えてくれた。

nextpage

翌々日、やっと出勤出来た私は、帰りに実家へ寄ってみた。

仏壇には、また新たに作ったであろう黄色いポトフが置いてあった。

nextpage

線香をあげ、手を合わせる。

「オヤジ。。気が済んだか?母の作ったものは、いつだって美味かったんだぞ。人生の4分の3は損したな。」

Normal
閲覧数コメント怖い
1,06641
16
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ロビちゃんっっっ!!!(怒)

カサカサやめてよぅ~~(--〆)
虫、嫌いだってばさぁぁぁあああああ!!!

シューってしちゃうよ?シューって!!
Φシュー・・ε=ε=ε=シューq(OωO )!

まりかちゃん♪

体が温まる。とゆー所から、鍋の話になったのだよ(*^^*)

温泉豆腐は、湯豆腐に非ず。
作り方は・・・・ボードに書くかな(^^
しばし、お待ちを♪

しっかし、上で削除菌バラ撒いてるのが居るから。。
気を付けてね~~~~www

削除菌!拡散!!!
カサカサカサカサ
カサカサカサカサ
カサカサカサカサ…

表示
ネタバレ注意

さえさん♪

温泉豆腐、冬場のワタシの定番鍋です♪
安いし、安いし、、何より安い!!!
作り方も超簡単♪
是非、作ってみて下さいね(*^^*)

番長??
私が作ると・・・緑色のドロリとした変なモノになるよ?
いいのか~~い?イッヒッヒ♪

で、口から摂取するワクチンとは、コレ如何にwwww

小夜子さん!!
番長が、何やら怪しげな「粥」を作ってますよ!!
どうやら、「ロビンパターン」に陥らないためのワクチンのようです!
どうかどうか、感染しませんように(祈)

沙羅さん♪
鍋暖まりましたょ♪
温泉豆腐ですか?
めっちゃ気になります&食べたいです♪

あんらまーーー!
お姉様も感染していたのですね!?www
これは大変!
実は先日開発いたしました、ワクチンがありますのよ?
名を『滋養強壮粥』と言いまして、老若男女問わず食べやすいようになっております!
ぜひご賞味くださいまし?www

お姉様~
私のために紅茶と牛乳のスープ作ってくださーいw

沙羅さま。
もちろんです!
ありがとうございました\(^o^)/
小夜子

姐さ~~~~んヾ(´・∀・)ノピトッ

とうとう、ヤラれたよ。あの強力なヤツにwww
まりかちゃんが感染しないように祈るばかり(--;;

美味しかったんだかねぇ?ww
欲しけりゃ欲しいと心と体で~♪が流れてきました(^^;;

パンプキンシチュー!!美味しそう♪
トロトロっと熱々のシチュー良いよねぇ(*^^*)
昨晩のコンビニシチューはブロッコリーが固かったです^^;

mamiさん♪
まさかの寝込んだ部屋が、アソコだとは(@@;
夢とはいえ、拒否反応出そうでしたwww

パーティーの時は、ネット上でしたが皆さんをとても身近に感じられて嬉しかった(*^^*)
これがリアだったら・・もっと潰れてますねww
本当に朝まで飲みそうな勢いだったかもしれないですね♪

今日は・・お昼を忘れて弁当抜きです・・シクシク(´;ω;`)

牡丹さん♪
そうでしたか、牡丹さんも作ってあげたんですね(*^^*)

私用に作ったモノを横取りして、全部平らげるとは、まったく呆れるばかりですわww
ちょっと頂戴♪とか 何か他に言うことないのか~~!!

ま~口に合ったようだから、いいけどね~~(--;

ロビちゃん♪
気管支の方は大丈夫? 随分辛そうだけど・・・。

「ロビンパターン」は感染してしまったが、「財布」は落とさないように気をつけるよ・・ひ・・
つか、30万も持ってないけどね~~(T∀T)

紫音さん♪

お注射、イヤです(ーー;) 自然治癒を望みますwww

ほんと、人のを横取りしてないで、『作ってぇ~』って言えば、喜んで作ってやるのに
(上目線)

さえさ~ん(^^

鍋、良いですよね~ 温まりましたか?
私も。。そろそろ温泉豆腐が恋しいですぅ~~♪
でも、1人でカセットコンロは寂しいかもなぁぁぁ~~(´;ω;`)

姫様の仰るように、スープの冷めない距離なら良いのになぁ~~

あん姫様・小夜子さま♪

こけしアイコン並ぶと可愛いですね(*^^*)
和風な茶の間のようです♪

姫様と小夜子さんの姉妹の契りwww
素敵なタッグですが、どうぞ私共たくさんの姉妹もよろしくお願いします(^^b

表示
ネタバレ注意

こんばんは‼
ホッコリくるお話しだったのですが、久しぶりのお父様and沙羅宅andあの部屋登場で、ドキドキしながら読んじゃいました。
皆さん、美味しそうですね…
私も、この前のみなみさんの誕生日パーティーの時『あぁ、近くに住んでいたらなぁ』と思いました。
あぁ…お腹すいたなぁ…

表示
ネタバレ注意