中編3
  • 表示切替
  • 使い方

電柱になった話

 人は死んだら電柱になるって話。

そんなバカな、って思ってた。単なるおもしろおかしく創作された都市伝説。

 気がつけば俺は電柱になってた。自分が死んだってところまでは覚えている。

目覚めると俺は高見からこの町を見下ろしていた。いつも通り、この街が動いている。

車の騒音や、木々のざわめき、道行く人の喧騒。

 ただ、夜や早朝ともなると、長い静寂が俺を包む。永遠に続くのではないかとも思われる静寂。

先週の土曜日は俺に寄りかかって、酔っ払いがゲロを吐いた。

俺はこんな不愉快な状況にも耐えなければならない。

いつになったらこれを誰が片付けてくれるのだ。その汚物は次の大雨までそこに放置された。

 あと、大きな鳥が俺にとまると恐怖だ。ああ、ほら、こんなに大量に汚物が。小さい鳥のならまだマシだ。

大型の猛禽類のそれは、俺の体を大いに汚してくれる。俺は雨を心待ちにするようになった。

 そして、今日とて、俺の足元から勝手にオッサンがしがみついてきた。どんどん俺に

昇ってきたのだ。やめろ、俺はそんな趣味はない。

オッサンの股間が目の前にせまる。まったく、迷惑な話だ。

電気の工事があるたびに俺はこうして、見知らぬオッサンに体を蹂躙される。

そして、毎日、俺は同じ犬に、足元に小便をかけられるのだ。

 なんで電柱なんだよ。電柱でなくてもいいだろう!

俺はこんなにも、いろんなものから馬鹿にされ、人権なんて無い。

そもそも電柱だから人権ではない。電権?それじゃあ電気の権利みたいだ。

 そもそも、俺、何で死んだんだっけ?そこが思い出せない。

確か、すごく痛くて怖かったような。そんなことを考えていると、俺の側を

男が通った。そして、男はふと何気なしに上を見上げたのだ。

空気が変わったから、たぶん雨が降る。男は俺ではなく空を見上げたのだ。

 その瞬間、俺に電撃が走った。お前、見たことあるぞ。

振りかざす銀色のナイフ。俺に吸い込まれる熱い痛み。

 

 そうだ、思い出した。俺、お前に殺されたんだ。

たぶん俺の死体は、あの山の中だ。俺は遠くに見える山を見上げる。

 よくも、よくも、俺をこんな目に。お前のせいで、俺はこんな姿になっちまった。

オッサンにゲロを吐かれ、犬に小便をかけられ、知らないオッサンによじ登られ

鳥にさえ、クソをかけられる。

 俺は怒りに震えた。でも、いくら怒りに震えたところで、俺は電柱。

俺は動けないジレンマに打ち震え、声にならない咆哮をした。

そのとたんに、俺の足元に衝撃があった。なんと、車が俺の足にめり込んでいる。

俺はゆっくりと、足元から倒れた。そして、目の前には俺を殺したあいつが迫る。

 神様!

俺の願いが通じた!

 俺は驚くあいつの顔面をめがけて、あいつを押しつぶした。

「で、電柱が吼えたんです。ホントです。余所見しちゃって。その電柱に突っ込んでしまって。」

「そんな言い訳が通ると思ってんの?」

「ホ、ホントなんです・・・。」

警官二人は溜息をついた。

「しかし、なんでこの方向に倒れたんだろうね、この電柱。普通、車を直撃だろ。」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
91319
18
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

コメントありがとうございます。
鏡水花様
だいぶネタが尽きてきましたが、無い知恵を絞りますw
まりか様
ストーカーされて光栄ですw
いつも変な題名をつけるので、面白がられてるのかも。
題名って難しい「(´へ`;
ロビンM子様
鬼ごっこですか?混ぜてくださいw というか、ご指摘はごもっともなので真摯に受け止めてます。
他の話では12様には怖いをいただいているので、この話はちょっと捻りが足りないのだと自分でも思います。
仲間様
最近というか以前からですが、ちょっと私だけふざけてますね。
怖話なのに笑わせてどうする、私。今度は怖いといわれる話を考えます。まじめに!(`・ω・´)b

タイトルから内容が全然想像出来ない。

そして、何気に笑えました(*´∀`)

こ、ここここここ!こんにゃろー!┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
12 11552 21 ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

よもつさん、アタシもよもつさんのお話大好きです(*´艸`*)

大ファンです(*´艸`*)

ロビたんみたいにストーカーみたいな事はしないけども(笑)

最近ネタギレとのこと。。。

たまには「呪いのビデオ」とか、「本当にあった。。。」とかミックスしたりとかいいかもですよ♫

よもつさん♫
ロビちゃん筆頭に、よもつさんの大ファンは数え切れない程おります(*^^*)

その中の1人の私めは、今までも、これからもずっと応援させて頂きます♪

なので、今までの様に、怖い話を沢山読ませて下さいね(๑˃̵ᴗ˂̵)و ♡

コメントありがとうございます。
12 11552 21様
貴重なご意見ありがとうございます。精進いたします。
mami様
いや、オチを読んでおられる方もいらっしゃるのでまだまだですね。
精進いたします。

つまんなー。

いやいや、本当に天才ですね。
よもつ様のお話しを読むときは『今日は見破ってやる!』と思うのですが、一度もオチが分かった事がないです…まぁ、天才と凡人の差ですね。
そして、裏切られたこともない。
また、楽しみにしてます。

まりか様
コメントありがとうございます。
そうなんですよねえ。これが私の悪い癖で、すぐふざけてしまうので、終わってみれば、あれ?ってのが多いですよ。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

マガツヒ様
コメントと怖いをありがとうございます。
先生だなんて、ホントやめてくださいと言いたいです。お恥ずかしい限りで。
最近になってようやく皆様のお目にとまるくらいになった程度です。
最近ネタ切れになってきたのであまり期待しないでください(>_<)
樹になった話は気になりましたwパソコンの前でつい「おぃ!」と突っ込んでました。
ロビン先生のほうが、ええ話でした。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

コメントと怖いをありがとうございます。
あんみつ姫様
まさにその通りです。私は書き散らすだけで、読むのが追いついていません。きっと素敵な作品がたくさんあるのに勿体無いですね。私の部屋には、ゆうに百冊を超える積読があります。
鏡水花様
都市伝説と言って良いものかわからないんですけど、確かにそういう企画があって、気付いた時は時遅しでした。その企画は賞は別に無くて、ただ紙の媒体に載りたかったのです。こういう邪な心だからこういう目にあうのかも。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

先生、今回もわくわくをありがとうございました!…ひひ…