中編2
  • 表示切替
  • 使い方

「いのちの電話」

「いのちの電話」

めったに繋がらないと聞いていた。

話を聴いてくれるのなら、全国どこにつながっても構わないと思った。

パソコンの画面に表示されている都道府県の電話番号全て 

かたっぱしからかけてみたが、

そのほとんどが受付時間外か お話中だった。

二巡三巡と掛けなおす。

気が付いたら、午前1時を過ぎていた。

諦めかけた頃、受話器の向こうから、女性の柔らかい声がした。

「はい、○○いのちの電話です。どうぞお話しください。」

やっと繋がった。

「今から死にたいと思う。

その前に恨み言を聞いてほしい。」

すがりつくように話し始めた。

この10年間、身内の葬儀ばかりしている。

近所では、「呪われた家」と噂され、会う人たちは皆よそよそしく誰も近づこうとしない。

疲れた。

もう、生きていく気力も体力も財力もない。

私が死んでも悲しんでくれる身内もいない。

「いのちの電話」の女性は、否定も肯定もせず、ただ黙って頷いていた。

風邪をひいて熱を出しても、

咳をしてもひとり

笑っている時も

泣いている時も

ひとり

どんなに美味しい食事を作っても

食べるのは、私ひとり

眠る時も

いつもひとり

ひとり、ひとり、ひとり・・・この部屋でたったひとり。

「ひとりなんです私。

私が死んでも、悲しんでくれる人なんて いないんです。」

伝えたいことの千分の一も話せない。口をついて出る言葉は、せん無き事ばかりだ。

受話器の向こうで、すすり泣く声が聞こえてきた。

共感してくれているのだろうか。

この私に、同情してくれたのだろうか。

ささくれ、爛(ただ)れた心の痛みが少し和んだ。

「あなたは、一人ではないと思います。あなたのような人が、孤独なはずはない。孤独であってはいけないのです。」

幼子を諭すような優しい口調は、どこか懐かしく切ない響きを帯びていた。

「・・・・ごめんなさい。こんなこと申し上げていいのかどうか解らないのですが、怒らないで聞いていただけますか。」

その人は、躊躇(ためら)いがちに こう語った。

「このお電話を頂いた時から、あなたの声に混じって、赤ちゃんの笑い声と 赤ちゃんをあやす穏やかな男性の声が聞こえて来るのです。他にも、ご年配の方数人の声が聞こえます。

あなたは、本当にお一人でお暮しなのでしょうか。」

Normal
閲覧数コメント怖い
1,57346
36
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

緋月様・琉璃葉様

お読みいただきましてありがとうございました。
その上、「怖い」まで頂戴し恐縮しております。
「いのちの電話」今まさに、必要としておられる方に繋がりますように。との願いを込めて、
祈るような思いでおります。
人は、誰かが傍にいるだけで、ただそれだけで生きていられるものですから。

みぃねこ様
初めまして。
「怖い」ありがとうございました。
読んでいただけて、尚、評価までいただけましたこと感謝申し上げます。
「いのちの電話」この貴い奉仕が多くの人の命を救うことができますように。との願いを込めて書いてみました。
これからも、よろしくお願いいたします。

ケイ様

初めまして。
「怖い」ありがとうございました。
読んでいただけて、尚、評価までいただけましたこと感謝申し上げます。
「いのちの電話」この貴い奉仕が多くの人の命を救うことができますように。との願いを込めて書いてみました。
これからも、よろしくお願いいたします。
2015年11月01日 20時52分

本舘愛様

初めまして。
私の拙作に目を留めていただき、更に「怖い」の評価まで賜りましたこと、とても嬉しく感謝申し上げます。たいへん励まされました。
メッセージボードにもコメントさせていただきましたが、これからも精進しつつ、作品をアップしてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

rs77様

この拙作に目を留めていただき、お読みくださったことを感謝申し上げます。
そのうえ、「怖い」の評価まで賜り、とても嬉しく、また、今後の励みにもなりました。
ありがとうございます。
メッセージボードにもコメントさせていただきましたが、これからも精進してまいりますので、今後とも どうぞよろしくお願い申し上げます。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

あき様 ジャガー様 

「怖い」ありがとうございました。
読んでいただけて、更に評価までいただけましたこと感謝申し上げます。
「いのちの電話」にかけることで多くの貴い命が救われていることを思います。
たった一言が、たった一人の、一握りの愛が いのちを繋ぐ役目を果たすかもしれません。
そんな願いと感謝をこめてアップいたしました。
これからもよろしくお願いいたします。

火の玉様

こんばんは。
お読みいただいて、「怖い」とコメントまでありがとうございました。

いのちの電話は、自殺を予防することを使命とする全国組織のボランティア団体です。最近は、少しずつですが、自殺をする人の数が減少しております。それでも、年間2万人以上の命が失われていると知りました。
多くの人がアクセスしていると思いますが、なかなか繋がりにくいと言われております。
マガツヒ様がおっしゃっているように、資金不足や相談員になる方が年々減少していること、研修にかなりの時間を割かなければならないことなどがネックになっているようです。

番長様

超多忙な中、お読みいただいて、その上「怖い」とコメントまで。ありがとうございました。
その後、お仕事の方は、いかがですか。
無理は禁物ですよ。

ええ、もう独りではないです。
このお話は、過去のことですもの。
今の私には、こんな素敵な家族同様の皆様が、ついていてくれるのですもの。
本当に 独りで生きられる人は、大勢の中でも、どんな環境に置かれても生き抜くことができるのでしょうね。
そして、いつどんなときにも「助けて!」を言えるのは、とても大事なことなのですね。
いのちの電話 繋がってよかった。
そして、ここに繋がってよかった。
と思っていますよ。

ありがとう!!
いつも助けられています。
これからも、よろしくね。
夜遅くにごめんなさい。

LUIGI様

「怖い」だけでなく、コメントまで頂戴し、ありがとうございました。
おほめの言葉に心躍ります。
励みになりました。