短編1
  • 表示切替
  • 使い方

通報①

「すみません。火事です」

一本の電話。

「場所は・・・」

数十分後。

通報のあった公園に辿り着いたが、何も燃えていない。

消防士が困惑していると、女の子が近づいてきた。

「火はあっちだよ」

指差す方向には公衆トイレがあった。

公衆トイレに近づくたびに焦げ臭さが鼻をさす。

公衆トイレの中は異様な雰囲気が漂っていた。

泥だらけの子供たちが数人遊んでいた。

「火事はどこ?」

消防士が女の子に問いかける。

「そこだよ」

消防士を指さすと、公衆トイレの中にいた子供たちが一斉に消防士に向かって何かを投げつけた。

水風船だ。

「おいおい、何を・・・」

足元に落ちた水風船を消防士が踏んでしまった時、異臭に気がついた。

水風船の中身はガソリンか灯油のようだった。

公衆トイレの外を歩いていた男性が消防士に気がついた。

続く。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4882
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

背筋がゾクッとしましたよ( º_º )
暑いくらいに部屋は温かいはずなのに
続きを読むのが怖いけど楽しみです

作者様のお名前と内容…まさか、実話ではないですよね⁉
続きを楽しみにしております。