中編4
  • 表示切替
  • 使い方

『ありがとう』

wallpaper:1444

私はおじいちゃんのことが大好き♪

小さい頃からおじいちゃんといる時間が多く、離れたくない気持ちでいっぱいだった。

世間でいう「おじいちゃんっ子」ってやつ?(笑)

毎朝ランドセルを背負って「行ってきます」を言い、手をふりながら家を出る。

帰ってきたらおじいちゃんの部屋へ行き、学校の授業や友達とした話などを話すのが毎日の日課だった。

nextpage

wallpaper:963

脳卒中の後遺症で左半身が麻痺して以来ベッド生活をすごすおじいちゃんは、私の話を聞きながらハッキリと話せない声で「そうかそうか」と頷いてくれた。

私がじゃあねと部屋から出るときも、なんとか動かせる右手で一生懸命手をふりかえしてくれた。

nextpage

wallpaper:1457

中学生になり、友達とすごす時間の方が多くなった。

おじいちゃんには「おはよう」や「ただいま」と挨拶くらいしかしなくなっていた。

「ただいま~」

玄関をあけて家に入るとなんだか妙な雰囲気を感じた。

暗い……?というか重い……?というか。

日が沈みはじめていたのも理由かも知れないが、明らかにいつもとは違う雰囲気。

nextpage

wallpaper:1457

帰宅した私の声に気づいた父が居間から出てきた。

頭をカリカリ掻きながら、何かを言いたそうにしている。

うつむいたり、頬を触ったりしてなかなか目を合わせてくれない。

……。

……。

「どうしたの?」

いつまでも黙っている父に少し苛立ち、私から聞いた。

口調が強かったのか一瞬ピクッと驚いた父は、やっと私に目を合わせて一言。

「おじいちゃんが死んだ」

nextpage

wallpaper:1482

その一言で時が止まったかのように周りがシーンとなる。

心臓の鼓動だけが大きく聞こえ次第に呼吸が荒くなる。

……。

……。

ドクン……、ドクン……、ドクン……、ドクン……。

nextpage

wallpaper:1482

父を力任せで押し倒しおじいちゃんの部屋へつづく襖を開けると、ベッドで仰向けになり静かに眠るおじいちゃんがいた。

お腹の上で両手を組み、顔には白い布がかけられている。

「おじいちゃん!!」

転びそうになりながらベッドに駆けより、荒くなった息を必死でととのえようとするが体がいうことを聞いてくれない。

冷たい涙が頬をつたう。

父が後ろから強く抱きしめてくれたが私はただただ涙をながすだけだった。

nextpage

wallpaper:1485

おじいちゃんがいなくなった部屋はいつしか物置きになっていた。

受け入れきれない現実が1日1日と過ぎていくが、少しずつこれが現実なんだと思えるようになってきた。

nextpage

wallpaper:1480

高校生になってから不思議なことが起こるようになる。

不思議といっても気になるほどではない小さなことばかりだが……。

おじいちゃんの部屋の隣には仏間がある。

ある朝、お供えものを持っていこうと仏間に入るとカタンッと何かの音がした。

仏壇を見るとおじいちゃんの遺影が倒れている。

はじめは何で?と思ったが、私の家は何十年も前からある古い家だからすきま風で倒れたということにして遺影を元に戻した。

…………

1人で留守番していたある日。

居間でお昼ご飯を食べていると、飼っている猫モモの鳴き声が聞こえた。

「モモ?どうしたの?」

探すとモモは仏間にいた。

おじいちゃんの部屋に向かって鳴いている。

耳をすますと微かにカサカサと音が聞こえたので、虫でもいるのだろうと思い居間に戻った。

…………

学校が休みの日。

自分の部屋や居間の掃除をしていると、またモモがおじいちゃんの部屋に向かって鳴きはじめた。

よく見ると襖が少し開いている。

「誰か入ったのかな?」

襖を開けても変わったところはない。

物置きになっているので部屋のものは埃かぶってしまっている。

モモがずっと鳴きつづける。

nextpage

wallpaper:1500

部屋のなかを眺めていると1つだけ全然埃かぶっていない綺麗な棚があるのに気づいた。

あれは確かおじいちゃんが使っていた棚……。

何でこの棚だけ綺麗なんだろう?

そう思いながら引き出しを開けると中には小さく折りたたまれた紙が……。

1枚じゃなく数枚あり、ガタガタと震えたような線が書いてある。

きれいに広げてよく見るとその紙に書かれていたのは誰かの下手な文字だった。

nextpage

wallpaper:1184

『ごめんな、いつまでも元気なおじいちゃんでいてやれなくて……。

可愛いお前の笑顔だけがわしの宝物だった……。

もう何の悔いもなく死ねる……そう思いたかったが……。

1つだけ悔しく思うことがある。

成人を迎えたお前を見てやれなかったことだ。

お前の美しい着物姿、死ぬ前に1度見てやりたかった……。

ごめんな……。』

nextpage

wallpaper:805

紙の裏には私の名前とおじいちゃんの名前が書いてあった……。

「おじいちゃん……」

私はその場で泣き崩れ動けなくなった……。

頬を濡らす涙はおじいちゃんが死んだ日の冷たい涙とは違い、とても暖かく感じた。

にゃん?

涙をながす私の顔をモモが元気づけてくれているかのように見上げている。

私はモモを抱いていつまでも泣きつづけた……。

nextpage

wallpaper:1391

…………

20歳の成人式。

着慣れない着物姿をみて親戚と家族が祝ってくれた。

「表情がぎこちないよ!ほらほら笑顔笑顔!」

写真屋さんが緊張している私に言いながらシャッターを押す。

nextpage

wallpaper:1386

私は今、仕事に追われた毎日をおくっている。

疲れのせいで嫌気がさしたり、うまくいかない人間関係でくじけそうになる日がたまにある。

けれどそう思うたびに私はおじいちゃんの部屋へ行く。

物置きになっていた部屋は今、綺麗に片付けてある。

おじいちゃんの棚、おじいちゃんが笑顔の写真、その隣に私が着物を着ている写真を並べて……。

写真を眺めて部屋を出ようとしたときに誰かの声が聞こえた。

ハッキリと話せなくても一生懸命伝えようとする私が大好きな声……。

私は部屋を出てゆっくり襖を閉める。

また声が聞こえた。

『ありがとう』

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
43514
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

おじいちゃんとのんちゃんさんの、仲の良さが伝わりました。
おじいちゃんに取って、いくつになろうが、のんちゃんさんは、大切な可愛い宝物のお孫さんだったのでしょう。

私もばあちゃん子だったので、
とても気持ちが伝わりました。
暖かいお話をありがとうございます。

マコ様、はじめまして(^^)
読んでくれて嬉しいです。

マコ様の格言、私もその通りだと思います。
参考にさせていただきますね(^^)
コメントありがとうございます(^^)

いい話ですね。

涙腺が緩んで、ダーダーですよ。(T ^ T)

心霊的な事は必ずしも「悪」とは限らない。

私の「格言」です。また、楽しみしてますよ〜!

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

沙羅様、はじめまして(^^)
読んでくれてありがとうございます。

すべてではありませんが、所々は実話です(^^)
沙羅様が飼われていた猫ちゃんの名前もモモだったんですね。
モモは私が今飼っている猫の名前です。

大好きだった祖父を思い出しながらつくった作品です(^^)
コメントありがとうございました。

のんちゃん様、
素敵なお話、ありがとうございました。
おじいさまも、きっとみまもっていてくださいますよ。
ほっこり温かい気持ちで、床に付けそうです。
感謝。
涙がこぼれそうなので、目を閉じます。
おやすみなさい。明日も良い日でありますように。

おじい様と孫の暖かい関係に涙腺が…(ノ_<。)

早くに亡くなった祖母の事を思い出します。
大好きでした

祖母も成人式を見ていないし働いている姿も知りません。でも、きっとどこかで見ているんだろうなぁと時々感じます

表示
ネタバレ注意

マガツヒ様、はじめまして(^^)

読んでいただけて嬉しいです。
怖いお話ではありませんが楽しんでもらえただけでも嬉しいです。

表示
ネタバレ注意