短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ピンポンダッシュ

ピンポーン

「またじゃ!」

テツジは苛立ちを覚えながら玄関ドアの前に立った。

「どちら様?!」

返事はなく、覗き穴の向こうにも人影はない。

ドアを開け、左右を確認しても誰の姿もない。

「ちっ、全くしょうがないの!」

テツジは度々の姿無き訪問者に腹を立てていた。

初めの内はどうせ近所のガキ共のイタズラじゃろと多めに見ていたのだが、こう昼夜問わず毎日続けてこられるとたまったものではない。

ドアの向こう側から、カラカラと小さな子供達の笑い声がした。

ピンポーン

「こやつら!いったい今何時だと思っとるんじゃ!」

玄関で待機していたテツジは、チャイムが鳴った瞬間に勢いよくドアを開けた。

「ったく!逃げ足の速いガキ共が!」

「お爺ちゃんどうしたの?」

奥のリビングから孫のカヨが顔を出してきて、テツジに言った。

途端、テツジの表情はクシャクシャにゆるみ、可愛い孫を優しく抱きかかえた。

「ああ、カヨやすまんすまん!しょうも無いイタズラには本当困ったもんじゃ。さあさあお爺ちゃんと一緒にテレビでも見ような」

ピンポーン

「ま、またじゃ!!」

テツジは抱いていたカヨを降ろすと、鬼の形相で玄関ドアを開けた。

「いったい誰の仕業じゃ!!出てこいこの卑怯者めが!!」

カヨはリビングに戻ると、台所で洗い物をしている母に聞いた。

「ねえねえママ、テツジお爺ちゃんて去年死んじゃったんだよね?」

「あら、カヨったらまたそんな事言ってるの?」

「だって、またお爺ちゃんが玄関に来てるんだもん」

「えっ、お父ちゃんが?」

母親は洗い物の手を止め、廊下の電気をつけて覗いてみたが、もちろんそこにテツジの姿はない。

「もう、カヨったら…」

母親はため息を吐くと、仏壇の上に飾ってある父の遺影に視線を向けた。

「お父ちゃん、死ぬ間際までずっとカヨ、カヨって言ってたもんね」

目の錯覚か、父の口元が僅かに動いた気がした。

ピンポーン

「あら、こんな時間に誰かしら?」

【了】

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,2289
25
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

皆様怖いとコメント本当に有難うございます。
これからも皆様の投稿作を読みつつ、少しでも知識を増やし、文章力を磨いていけたらと思っております…ひひ…

表示
ネタバレ注意

ロビンさん
怖いわ。この書き方気に入った。
このフラッシュバックスタイルは私も好きです。
けれど中々書くのが難しい。
私あまり言葉を知らないから余計難しい。
無理ですね。
でもロビンさんはうまく使って怖さを増してますね
よもつサンノピンポンより怖い。
よもつサンごめんなさい。

もうドア開けれませんわ✺◟(∗❛ัᴗ❛ั∗)◞✺

表示
ネタバレ注意

どこかで見たような題名ですな( ̄ー ̄)ニヤリッ
しかも私のより怖いではないですか。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意