中編3
  • 表示切替
  • 使い方

恐怖の誕生日

忘れもしない二十歳の誕生日、よりによって深夜。

山道をドライブ中、些細な口論から彼氏の怒り爆発、山頂(?)の駐車場に置き去りにされた。

友達か警察に連絡しようかとも考えたが、後々語り話で「真夜中ひとりで!しかも歩いて下山したんだよー!」とか(笑)そんな武勇伝にしたくて、私は歩き出した。

若かったし、本当に馬鹿だったと思う。

所々、電灯はあるものの(ちゃんと歩道もあった)かろうじて点いてる感じ。

かなり薄気味悪い。

だけど猛烈に頭にキていたので恐怖はなかった。

途中、何台か車が私を追い越していった。

中には歩道スレスレをゆっくりと徐行して走り、私が振り向くと脅えた様子で逃げて行く車もいた。

地元の人間だって深夜ひとりでこんな場所を歩かないだろう。

きっと良くあるネタの幽霊だと思われてるに違いない。

それがちょっと面白くなって、こんな状況下だというのに楽しみながら下山していた。

「ねえ、どーしたの?」

真横から突然男の声がして思わず叫ぶ、膝がガクンとなってうずくまってしまった。

すると「ごめんごめん」と笑い声、見れば白っぽい車がすぐ脇にある。

「どーしたの?ひとり?」

「実は彼氏と喧嘩して〜」

派手に驚いた手前恥ずかしくて余計な事まで話してしまった。

同じ年くらいの好青年で(ものすごく爽やかだったので)後部座席に黄色の服を着た女の子もいたから妙に安心してしまったのかも。

暫く話をして「乗せてくよ」と親切を言ってもらえたけど、一番近くのコンビニまで後10分くらい?という所まで下山出来ていたので断った。

コンビニを過ぎれば民家がちらほらある。

二人は特別しつこくするわけでもなく「じゃあ、気を付けて」「頑張ってね!彼氏殴っちゃいなよ〜」といい雰囲気で別れた。

世の中捨てたもんじゃない。あんな親切な人もいるんだな。そこに比べて彼氏は最低だ!付き合いを本気で考え直さなきゃ!

なんて言ったらいいのか分からないけどすごく満たされた気分になって、怒りもおさまった。

夏だったけど妙に涼しくて、いい気持ちで足取りも軽く進んでいると、また「どーしたの?ひとり?」声を掛けられた。

あれ、おかしいな、車の近付いてくる音なんてしなかったのに。

ふと横を見るとさっきの二人、白っぽい車…。

咄嗟に「もー、やだぁ〜」と私は言った。

からかわれてると思って。

私の反応に二人は笑顔を返してくるだけ。

そこで、ふと、考える。途中から合流出来る訳がない山道だ。

前方に走り去った車が一体どうやって後方から現れるのか。

また山を登り直したと言うのには時間的に無理がある。

「どーしたの?乗せていくよ」

「女の子ひとりじゃ危ないよ〜」

足もあるし、火の玉も見あたらないけど、この二人怖い。

私は恐がっているのを悟られまいと必死の笑顔で再び断った。

そうして、車は走り去ったけど、1分もしないうちにまた後ろから…。

うわー、ダメだ、幽霊装って車脅かしてる場合じゃなかった。

なにあの車、車ごと幽霊だー!

もう頭の中ゴチャゴチャになって、少し先に見えているコンビニに走ればいいのに足が動かない。

やっぱり音もなく近付いてくる車をただただ、待ち構えてしまった。

心臓が止まりそうだった。

車は私のそばまでくるとスピードを落として、だけど今度はそのまま通り過ぎた。

通り過ぎる瞬間、運転席の男は前を向いたままだったけど、後部座席の女の子が私をジッと見ていた。

あわせちゃった視線が逸らせなくて私も凝視、すると、女の子が、ガオーッて感じで(獣が口を開ける感じ)歯を剥き出しにした。

覗けた口の中は真っ赤だった。

見た感じ血っぽくて、黄色の服にポタポタ滴っていた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
36200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ