長編7
  • 表示切替
  • 使い方

カラス。

wallpaper:42

キャー。。。キャハハハハ。。。アハハハ。。

♪カラスがなくからかーえろー♪

キャハハハハ。。。

「あっ!ヤッバイ!カラスが来たー!」

「ホントだ!キャー!逃げろー!」

キャハハハハ。。。アハハハハ。。。

nextpage

あたしはカラス。

いつの間にか、みんながそう呼ぶようになった。

みんな、「カラス」と呼び、あたしを見ると逃げていく。

別に何かをしたわけではないのに。

他の子と違うところがあるわけでもないのに。

nextpage

けれど、みんなあたしを「カラス」と呼ぶ。そして逃げる。

カラスと呼ばれるようになってから、あたしに話しかけるこどもはいなくなった。

物がなくなり、壊される。

ばいきん扱いなんて、いつものことだ。

今日もあたしは、学校帰りにいつもの噴水に来た。

wallpaper:100

アー、アー。

あたしが来ると、いつものように一羽のカラスが寄ってきた。

様子を伺うように、近くの木の枝にとまり、首をかしげて見下ろしている。

あたしがランドセルをおろすと、バサリと大きな羽の音をたてて、そばに降りてきた。

nextpage

ランドセルから、こっそり持って帰ってきた給食のパンを取り出す。

ちょんちょんちょん、と跳ねるようにして、カラスが足元に来る。

あたしはパンを小さく千切りながら、足元に投げていく。

カラスが黙々と食べる様子を、黙って眺めていた。

nextpage

あたしの持ってきたパンを全部食べ終わるのを確認してから、

『またね。』

とあたしは家に向かった。

アー。

まるで「うん、またね。」と言ってるみたいに、あたしの背中にカラスが鳴いた。

wallpaper:2952

翌日。

今日も、あたしは一人で登校した。

教室がなんだかざわざわしてる。

いつもの 男子たちのふざけあう声や、あたしの悪口を言いながらクスクスと笑いあう女子の声ではない。

まぁ、あたしには関係ないけど。

nextpage

ランドセルを机に置いて、中身を机の中に入れている時だった。

「ねぇ!」

意地悪そうな、強くて大きな声が頭の上から降ってきた。

見上げると、このクラスのリーダー格の女子。

植村がいた。

nextpage

『なに。』

あたしはまた視線を戻して、教科書やノートを机に入れ始めた。

「あんたでしょ!?昨日工藤さんをケガさせたの!工藤さん、今日は怖くて外に出られないって泣いてたんだからね!」

。。。なんの事だ。

nextpage

『なにそれ。あたし昨日工藤さんとなんか会ってないし。』

教室の後ろの棚にランドセルを運びながら答える。

「あんた以外に誰がいるっていうのよ!工藤さん言ってたんだから!カラスに襲われたって!」

ランドセルを棚に置き振り返ると、涙目になった植村が通せんぼするように立っている。

nextpage

『意味わかんないカラスとか。席に戻るんだからどいてよ。』

あたしは植村を押しのけて歩き出す。

「ちょっと!とぼけないでよ!カラスに工藤さんを襲わせたの、あんたなんでしょ!!」

植村はあたしを追いかけてくると、肩を掴んで引っ張ってきた。

nextpage

『知らないってば!』

あたしはムカムカして、思い切り払いのけた。

ガターン!!

キャーーー!!!

力を入れすぎてしまったのか、植村は半回転して机にぶつかりながら転んだ。

女子の大げさな悲鳴があがる。

nextpage

「なにあれ。サイテー。」

どこかからヤジが飛んでくる。

「植村さん大丈夫?」

あたしを睨みつけながら、数人の女子が植村を助け起こしている。

nextpage

意味がわからない。あたしなんにもしてないじゃん。なんであたしがサイテーになるのよ。

そっちが勝手にあたしのせいにしてるだけじゃん。

『。。。。。。』

あたしはまた、言いたい言葉を全部飲み込んで椅子に座った_____

wallpaper:2889

帰り道。

あたしはまた噴水のところに来ていた。

いつもの場所で、いつものカラスに、いつものようにパンをあげてから家に帰る。

ひとりぼっちのあたしにとって、カラスとのこの時間だけが唯一ホッとする瞬間だった。

nextpage

『またね。』

アー。

やっぱり。あれ、返事してるんだ。

あたしは自然と顔がニヤけていた。

いつも学校のある日しか来ないけど、これからは休みの日も来ようかな。

そんな事を考えながら、家へと向かった。

wallpaper:2952

次の日。

また教室の雰囲気がおかしい。

廊下にいてもわかる。入り口を開けるのが憂鬱だ。

ガラララ。。。

途端にシーンとなる教室。あちこちから聞こえてくるヒソヒソ声。

nextpage

なんなんだ。ホントに。

自分の席に向かって歩き出したあたしのところへ、ツカツカと寄ってくる人がいた。

「ちょっと。マジでムカツクんだけど。卑怯な事してないで、文句あるなら直接言ったら?」

植村だ。

nextpage

『は?なんもないし。てか、卑怯な事ってなんの事だよ。』

あたしは植村を真っ直ぐに睨みつけた。

「とぼけんなよ!カラス使って一人の時狙うとか、卑怯だろ!」

植村があたしを突き飛ばし、あたしは廊下に尻もちをついた。

nextpage

こいつらは日本語が通じない。

あたしはそれをよく知っている。

いくら本当の事を言っても、こいつらが「白」だと言ったら、それが赤だろうと黒だろうと「白」なのだ。

反論すればするほど、こいつらは躍起になってますます攻撃してくる。

nextpage

あたしは無言のまま立ち上がると、

『しらね。勝手に言ってろ。』

そう言ってわざと植村にぶつかってから、席についた。

工藤の次に、橋田が襲われたらしい。カラスから。

nextpage

あたしの仕業だと思ってる奴らの嫌がらせが、これまで以上にひどくなっていった。

無視、ばいきん扱い、物がなくなるなんて生易しいものじゃない。

掃除中にほうきで後ろから殴られたり、階段から突き落とされたり、いつか殺されるのかもしれないと思った。

wallpaper:2904

あたしはいつからか、噴水でカラスにパンをあげながら、カラスに話しかけるようになっていた。

『マジで意味わかんないよ。あたしなんにもしてないのにさ。』

大抵は、いつもあたしのせいにされる最近の「カラス事件」についてだ。

nextpage

あたしの話を聞きながら、首をかしげるカラスが可愛かった。

あれからも、カラスに襲われるクラスメイトが後を絶たない。

毎日帰りの会では、先生から「カラスを見ても攻撃したり、近づいたりしないように」と言われている。

nextpage

こないだの月曜日には、全校集会で校長先生からも話があった。

クラスの誰かがチクったのだろう。

先生から呼び出されて、「もうカラスに餌を与えたりしないように」と注意もされた。

さすがに、「あたしがカラスに襲わせている」とは思っていないようだったけど。

nextpage

あたしは先生の言いつけなんて守らなかった。

帰りの会で言われても、全校集会で言われても、呼び出されて注意されても、

あたしは毎日カラスに会いに行った。

先生は知らないからあんなふうに言えるんだ。

あたしの友達は、このカラスしかいないのに。

先生はあたしにひとりぼっちになれって言うの?

nextpage

その日。

あたしは放課後また先生から呼び出されて、いつもより帰るのが遅くなってしまっていた。

『カラス、待ってるかな。』

あたしは急ぎ足で噴水に向かっていた。

nextpage

噴水の近くには、あたしに嫌がらせをしていたメンバーの家がある。

ハアハアと息をきらせながらその近くに来た時だった。

少し前を、ソイツが歩いているのが見えた。

あたしは反射的に近くにあった電柱に隠れた。

その時、あたしは見てしまったのだ。

wallpaper:2967

ソイツが家の門に入ろうとした瞬間。

バサッバサッバサッ。。。

どこからか羽の音がして____

「キャーーー!」

大きな悲鳴が響き渡る。

あたしは目の前の光景に、瞬きするのも忘れていた。

nextpage

カラスは_____

ソイツの頭や体を執拗に攻撃していた。

高く高く舞い上がり、羽をすぼめソイツめがけて急降下する。

くちばしが、ソイツの頭や、体や、あちこちに刺さる。

あっという間にソイツは血まみれになった。

nextpage

「やめて!やめてぇ!助けて!」

ソイツがいくら助けを求めても許しを乞うても、カラスは攻撃をやめない。

高く高く舞い上がり、急降下してソイツにくちばしを刺す。

何度も。

何度も何度も何度も。

nextpage

あたしは目が離せなくなっていた。

ガチャッ!

「どうしたの!!」

ソイツのお母さんだろうか。

悲鳴を聞きつけて、慌てて飛び出してきた。

「キャーーー!希美!」

nextpage

ソイツの状態を見るなり、お母さんらしき人は叫びながらソイツに覆いかぶさった。

急降下を始めていたカラスは、お母さんの背中スレスレを滑るように急上昇すると、電線にとまった。

攻撃をやめたみたいだ。

nextpage

ふと視線を戻すと、全身肉が抉られて、血まみれになったソイツを泣きながらお母さんが家に連れ帰るところだった。

チラッと見えたソイツの顔は、片目が潰されていた。

バタン。。。

wallpaper:2904

ドアが閉まるのを確認してから、電線を見上げると。

あたしを見下ろし首をかしげたカラスが、

アー。

と鳴いた。

『あんただったの。』

そう言うと、また、アー。と鳴く。

nextpage

やっぱりこいつ、あたしの言葉わかるんだ。

『おいで。パンあげるから。』

そう言って片腕を差し出すと、まるで当然のようにカラスが降りてきてとまった。

真っ赤に染まった噴水までの道を、あたしとカラスはゆっくりと歩いて行った_____

nextpage

wallpaper:999

-FIN-

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
53022
23
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

初めまして、いつも読むだけなんですが最近のカラスブームの中で一番面白く?読ませて頂いたのでついコメントさせて頂きました(^^)
続編とか出来そうな終わり方だったのであると嬉しいく思います(⁎˃ᴗ˂⁎)

表示
ネタバレ注意

まりか様こんばんわー
面白かったですヽ(*´∀`)ノ
カラス格好いいですね、毎日食べ物をくれる主人公の為にイジメっ子を退治するとか

1度小学生の頃子供のカラスを拾って撫でた事があるんですがフワフワしてて可愛いんですよ

あのフワフワをいつでも撫でれるなんて主人公うらやま(っ`ω´c)ギリィ

表示
ネタバレ注意

カラスすご…w
これは昨日のうちに読んでいたのですが
コメントも<怖い>も押さずに寝てしまいました…

きっとこの話を読んだせいでしょうか
カラスの夢を見ました…。
1本の大きな枯れた木に、葉が生茂るように無数のカラスが止まっていて
私の事をにらんでいるんです。ガクガクブルブル
木の根元には、沢山のつくね棒(タレ)がおちており
バーベキューでねぎまを焼こうとしたら
沢山の黒い羽根が降ってきたんです…キャー
夕飯食べずに寝たから、意味不明な夢を見たようです…w
最初は怖かったのに、最終的にわからなかったですもんw

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

お姉たんグッジョブです!最高の怖い話に仕上がっていますが、こ、これなんか続きそうな雰囲気ですね!!…ひ…

表示
ネタバレ注意

こんばんは‼
トドさんへのコメント読ませてもらって…
改めて、まりかちゃんすごいなぁ…と思いました。
自分で描いたコンセプト通りに、ちゃんと話を進めていけるなんて…
私なんて、コメントすら思った通りに向かっていかない(T-T)

この、スカッと復讐話は、読むだけでストレス発散なりますわぁ。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意