中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ひとりこっくりさん(前編)

wallpaper:1196

クラブが終わって三年二組の教室に戻ると、

クラスメイトは誰も残っていなかった。

期末試験が終わって、夏休みが始まるまでの短い期間。

みんな、クラブに遊びに勉強にと忙しいのだろう。

nextpage

わたしは窓を開けると、身を乗り出すようにして、

青い空を見上げた。

「あーあ、帰りたくないなあ・・・」

思わず心の声が口からもれる。すると、

「菜々美ちゃんも?」

思いがけず、すぐ近くで声がした。

びっくりして振り返ると、髪をツインテールにした女の子が、

小首をかしげて笑っていた。

nextpage

「あ、うん。えっと・・・」

私は言葉に詰まった。とっさに名前が出てこなかったのだ。

だけど、その女の子は、気にする様子もなく、私の隣に並ぶと、

「わたしも帰りたくないの」

そういって、わたしの顔を見つめた。

「お母さんとうまくいってなくて」

わたしはまるで心をのぞきこまれたような気がして、ちょっとゾッとした。

わたしが帰りたくない理由も、お母さんだったのだ。

nextpage

わたしを産んでくれたお母さんは、わたしが小学五年生のときに

病気で亡くなっている。

それ以来、わたしとお父さんは

二人で助け合いながら仲良くやってきたんだけど、

半年前にお父さんが再婚したのだ。

相手の女の人も再婚で、わたしより二つ下の女の子がいる。

つまり、わたしにとっては、新しいお母さんと妹がいっぺんにできたというわけだ。

nextpage

二人とも悪い人じゃないんだけど、お父さんをとられたような気がして、

正直、わたしはあんまり嬉しくなかった。

お父さんは仕事で帰りが遅いので、夕食はたいてい、

新しいお母さんと妹と三人でとることになる。

それが寂しくて、勉強机の上に飾った、

写真立ての中のお母さんに話しかける日々が続いた。

nextpage

だけど、それだけだったら、わたしも我慢できた。

shake

nextpage

三日前、新しいお母さんが、その写真立てを落として割ってしまったのだ。

掃除してるときに手が当たっただけで、わざとじゃないっていってるけど、

わたしには許せなかった。

nextpage

それ以来、新しいお母さんとは口を利いていない――――

Normal
閲覧数コメント怖い
4360
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ