例えばこの世界が、誰かの夢だったとしたら

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

例えばこの世界が、誰かの夢だったとしたら

「例えばこの世界が、誰かの夢だったとしたら、お前どうする?」

タクに言われて、俺はポカンとした。

「どうするも何も。生きるしかないだろう。」

俺はタクのあまりにも突拍子もない質問に、苦笑いしながら答えた。

「俺はどうもな、俺がモテないのは、これは誰かが俺に嫉妬して、夢で俺にモテないようにしてると思うんだ。」

「それは違うと思うな。」

ピンポーン。バカな話をしていたら、ドアチャイムが鳴り、客が来店してきた。

「いらっしゃいませー。」

俺たちは仕事モードになり、声を張り上げた。

俺とタクは同じ大学で、このコンビニでアルバイトをしている。

仕事が終わると、俺はタクの原チャリでニケツで自宅アパートに帰る。

「下道通るぞ。ポリがいたらやばいからな。」

そう言うと、俺の分のヘルメットをすっぽりと頭に被せた。

さすがに、夜中の勤務と交代でオールだったのできつい。

「腹減ったな。」

そう言うと、朝早くからやってるパン屋でアンパンを買った。

「僕の顔を食べなよー。」

そう言いながら、タクが俺の口にアンパンをねじ込んできた。

変なヤツ。

「しかしまあ、何もこんなところで食べなくたっていいだろう。ここ、ティファニーの前だぜ?」

「昔の映画みたいでロマンティックだろう?」

「ていうか、野郎同士じゃロマンティックもねーだろ。」

「あー、彼女欲しいなー。」

そんなことを言いながら、俺たちはまた原チャリにまたがりそれぞれの自宅へと帰った。

例えばこの世界が、誰かの夢だとしたら。

この世界が程よく不安定で、平和で、貧しくて、豊かで、戦争が起こっていて、悲しくて泣いている人が居て、野望があって、駆け引きがあって、多くの人々が、生きて、死んで、それでも時はずっと流れていて。

こんな壮大な夢があるのだろうか。そんなどうでもいいことを考えていたら眠くなって来た。

おやすみ。おやすみ。グンナイ。

nextpage

「博士、どう思われますか?」

「信じられない話だが、確かに世界ができている。」

「自動学習機能を持つ人工知能がインターネットを介して得た膨大な情報により、スリープ状態のアンドロイドが夢を見るようになって、まさか、彼らの中に世界ができるとは。」

研究所の一室には、ズラリと同じ型のアンドロイドが鎮座している。

それぞれのどれ一つとっても、世界は同じではない。

「博士、我々の世界は大丈夫でしょうか?誰かの夢ではありませんよね?」

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,00814
13
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

初めまして徹人と言います。
この話凄く好きです。ふとしたときに良く考えてました(笑)誰かの夢なのか自分の夢の中なのか(笑)そう思うと結構大胆な行動が出来たり現実逃避出来たりと(笑)これからも楽しみにしてます。

返信

コメント、怖い、ありがとうございます。
鏡水花様
夢どころか、もう私はそれを体験済みです。1年前まで今より13kgも太っていました。
でも、人間って太ると体調がおかしくなるんですね。昔の不摂生のツケが回って、一生薬を飲み続けなければならない体になってしまいました。今は、なんとかダイエットして、体重を保っています。
まりか様
大丈夫です。私もこんなことを毎日考えていましたよ。妄想っ子でしたw

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

ロビンM太郎.com様
コメントありがとうございます。
何故に、ハムちゃん?w
ひまわりの種ばかり食べると、肥満になるのら!へけ!

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

自分も全く同じ事を思ってたであります!これがシンクロニシティ!?

返信

マガツヒ様。
同時刻投稿。これ。ある意味、凄いです。

返信
表示
ネタバレ注意
返信