お婆さんに見えていたもの

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

お婆さんに見えていたもの

私は看護師です。

ある夜勤の日、ナースコールが鳴りました。

部屋にかけつけると、入院しているお婆さんが、

「ぁ…け…ぉの」

と、天井の一点を見つめながら指をさし、私に何かを訴えていました。

しかし、その日は夜勤の看護師が一人欠勤だったため忙しく、詳しく話を聞くことができませんでした。

その為、

「○○さん、何もないよ、大丈夫だよ」

と言い対応しました。

それから間もなく、そのお婆さんの向かいのベッドに入院していた患者さんが、急変により亡くなりました。

私は死後の処置を終え、未だ起きているお婆さんに、

「さっき何て言ってたの?」

と聞くと、

「ばけもの…けどもういなくなった」

と答えました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ