短編1
  • 表示切替
  • 使い方

うめき声が出る廃校舎

これは私がまだ大学一年生の頃であったことでした。

学校にはある空地があり、通りかかる時はいつも寒気が湧きだします。

その空地のことを気になりましたので、ルームメイトと話始めました。

どうやら、あそこで何が事故があったので、校舎を取り壊し、空地になりました。

私は図書館で当時のことを探しでみようとした時、ある新聞記事を見つけました。

60年前、学校にある校舎はガスの爆発事故が起こし、校舎の中にいる学生や先生達全員がその場で亡くなりました。

その後、校舎に近いの寮に住む学生達がどんどん苦情がでできました。

夜中でうめき声。

数え切れない程の白い影。

助けを求める手が伸び出しました。

こんなに苦情がでできましたので、なにもないフリをするのはいかない。と、教官はそう思いつつ、その校舎へ。

それ以来、誰でもあの教官と会うことがない。

教官はどこにいったのか。

教官の家族は人探しの届くを出しましたが、未だにも探しだせません。

こんなことをないように、学校はその問題校舎を取り壊し、今の空地になりました。

お読みいただいて、ありがとうございます。文を書くのが苦手で、読み辛いかもしれませんが、本当にすみません。台湾人です。こんなこと書くのは初めてで、ちゃんとおわかりをいただけるのでしょうか。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3115
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

コメントと応援、ありがとうございます。
台湾では、教官とかかわる怪談がいろいろあります。学校にまつわる怪談のなかで、教官はいつも先生の代わりになります。
もしよければ、私はもっと発表したいと思います。

機会があれば、台湾の怪談も紹介して下さい。
応援してます。

表示
ネタバレ注意