短編1
  • 表示切替
  • 使い方

真夜中の気配

寝苦しい夜

「誰かがいる…」

そんな気配がした

そして、うっすらと目を開けた

なんと、自分の布団の周りを集団幽霊が歩いている

怖くてずっと、目をかたく閉じていた

何時間か経っただろうか

気配が消えた

安心した様子で寝返りをうつ

そこには目を見開いた幽霊が自分の横に寝ていた

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ