【祝祭】 その男、色白につき

中編6
  • 表示切替
  • 使い方

【祝祭】 その男、色白につき

※ この話はアワード受賞したロビンМ太郎・comさまに贈ります。

ご興味の無い方はスルーをお願い致します。(*´ー`*人)

.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.

 舞台女優になりたかった二十代の頃、私は池袋にある小さな劇団に入り、清水邦夫作の「楽屋」という芝居の稽古に励んでいた。私に与えられた役は女優D。

殺されてもなお、ベテラン女優に「その役をくれ」と迫る、メンタルの崩壊した若手女優の幽霊の役だ。

「お前は一体、なにを考えて役をやろうとしてんだ!えっ。ダメ出し以前の問題だ。セリフは噛みまくるし、他の連中にも迷惑だろ。

次に出来なかったら役を下ろすからなっ。バカヤロ。

だいたいお前、水商売やってんだろ、それじゃダメなんだよ。」

昼間の稽古で演出家に激しく怒られた。灰皿が飛んできた。私と絡む劇団員も、口汚く私を罵った。歯を食いしばった。

銀座でホステスのバイトして、何が悪いの。

稽古や公演が始まったら、収入は無くなる。アパートだって家賃を払えなければ追い出されてしまう。

男性みたく、日当一万円の土木作業は私には無理だ。

ウェイトレスもやった、皿洗いもやった。スーパーのレジ打ちもやった。色々なバイトを転々としたが、生活できなかった。

それならば、女としての若さを切り売って、沢山お金の入るホステスをやるのが効率的だと思ったのだ。お金はストックできる。

それにどっぷりと染まらなければいいのだ。

でも、そんな考えは甘かった。

銀座の空気にすっかり馴染み、私の風貌はホステスそのものとなり、お金の感覚も少しづつ、ズレてきたのがわかった。

最初の内は、ハイヒールをスニーカーに履き替え、銀座の店から勝どきにある自宅マンションまで、深夜に晴海通りを真っ直ぐに歩いて帰宅したものだ。初乗り料金600円をケチるのと、体力づ

くりを兼ねて。

しかし、やがて、どこへ行くにもタクシーを使うようになった。

 でも、今夜はどうしても歩きたかった。

頭を冷やしたかったし、客との虚しい会話の記臆も消したかったからだ。

銀座4丁目の和光時計店を左に見ながら、晴海通りを歩く。

午前2時の銀座はさすがにホステスや客の姿はなく、閑散としている。私は銀座の街を独り占めした気分になり、鼻歌も出る。

道路を挟んだ反対側には、ライトアップされた歌舞伎座が荘厳な姿で建っていた。張子人形の馬の大道具を、何人もの人たちが運び入れているのが見えた。明日の舞台の準備なのだろう。

長く続く築地市場も全部シャッターが降りている。あと何時間かしたら、セリの声が響き、賑やかになるはずだ。

そうしている内に勝どき橋が見えてきた。

橋を渡りきった交差点の向かい側に、私のワンルームがある。

丁度、橋の中程まで差しかかった辺りだった。

私は欄干に手をかけ、下に流れる隅田川の暗い川面を見つめた。

理由はわからなかったが、ある衝動に駆られるのを止められなかった。しばらく歩いていなかったのできっと疲れていたのだと思う。

いや。

そうじゃない。その時

私は何か、わからない力で川に引き込まれようとしていたのだった。

すると、後ろの方からスーっと、音もなく一台のタクシーがやって来て、私の横に止まった。

運転席の窓が開き、中から男がぬっと顔を出した。

「ねぇさん。それはいけませんよ。川の水、まだ冷たいっすよ。泳ぐ季節じゃありませんぜ。・・ひひ・・」

私は「ぎゃー」と叫び、のけぞるように欄干から手を離した。

そのタクシー運転手の顔を見てしまった。

この世のものとは思えないくらいの白い顔。敢えて表現すれば、便器のような白さだった。しかも目があるべき場所には、真っ黒な空洞が大きく二つ空いていた。

口があったかどうか、印象にない。

私は幽霊を見たと思い、へなへなと座り込んでしまった。

その後、舞台は成功し、私の幽霊役は褒められた。リアリティがあると言われた。しかし女優Dと同化した私のメンタルはすでに崩壊していた。

程なく、劇団も銀座もやめた。

‥‥‥‥‥‥

 あれから何年経つだろう。

長年の不摂生がたたり、身体に異変を感じ、診てもらったところ

「肺の腫瘍」と診断された。医師の顔色を見ただけで判った。

「そんなに長くはない」と。

不思議と驚きはしなかったし嘆きもなかった。

只、その日は部屋に帰りたくなかった。誰もいない部屋は嫌だった。

夜遅くまで、新宿歌舞伎町をほっつき歩き、二丁目の知り合いの店をはしごし、気がつけば午後11時を回っていた。

その時、私は唐突に

「高尾山に行きたい」と思った。

高尾山にはしあわせな想い出がある。日の出と同時に登ろうと思った。今夜は近くの漫画喫茶にでも泊まろう。どこでもいい。

この漆黒の夜さえくぐり抜けることができれば、なんとかなるはず。

そう考えた。

京王線はこの時刻、動いていたが、電車に乗るのは面倒くさかった。

財布にはまだ3万円が残っている。

東口で、ためらいなく手を挙げ、タクシーを呼んだ。

「こまどり交通」と書かれた提灯を屋根に乗っけたタクシーがやって来た。

後部ドアがバタムと開き、私はシートにゴロンと転がるように

乗り込んだ。

・・・

「どちらまで?」

「高尾山まで行ってください」

「高尾山?」

「そう。お金なら3万あるわ。足りるでしょ」

「・・・でも今頃行っても」

「もちろん、登るのは朝よ」

「・・・」

「・・・」

「お客さん、失礼ですが、なんかワケがおありのようですね」

「わかる?東京は元気な時は楽しい街だけど、しょぼくれた時はメチャメチャ寂しい街よね。 あはっ。私ったら酔っ払ったかな」

「わかりますよ、お客さん。自分もそう思いますから」

ゴホ、ゴホ・・。ぷっひぃーっ

運転手は咳と同時に、あろうことか放屁した。

「スミマセン。朝から、その、腹具合が良くなくて」

チョット、勘弁してよ運転手さん! しかもこんな密室で。

なんてこと!?もう最低。理不尽で絶望的な怒りがこみ上げてきた。

「ん?でも臭くない」

何故か不思議と、白檀の上品な香りが車内いっぱいに広がった。

高級な線香の香りに似ていた。

「スミマセン、お客さん。申し訳ないです。一応車内は禁煙となってますが、お詫びの印にこれ吸ってください」

そう言うと、運転手は背中越しに一本のタバコとライターを差し出した。

「ありがと」

私はもらったタバコに火を点け、深く吸い込んだ。

「くっさーっ!」

そのタバコは有機質系で、強烈な屁の匂いがした。

運転手が背中でかすかに・・ひひ・・と笑ったように見えた。

シートの灰皿で思いっきりもみ消し捨てた。

「ゲッ。ぺっ。」私は手で口を拭った。

「お客さん、タバコお口に合いませんでしたか?」

「いいの。いいんです。」

しばらく気まずい沈黙が続いたまま、タクシーは中央高速を走っていた。

日付が変わり、ダッシュボードのデジタル時計がカチャリと12:00を表示した。

そこで私は初めてこの運転手の名前を確認した。横にある ネーム表示ボードに「駒鳥 万太郎」とあった。

そしてデジタル時計が12:00になったと同時にネーム表示が

黒色から金色表示に変わったのだ。

「運転手さん。今、お名前の色が金色にかわったみたいなんですけど、なんか意味があるのですか?」

「あ、これ? そういう仕組みになってるんですよ」

「へぇ」そんなもんかと思った。

「で、お客さん、お客さんは高尾山に行くべきじゃありませんよ」

「えっ、どうして」

「お客さんはもっと別に行くところがあるはずです」

「・・・?」

「天国か、こわばな国。この二つの選択しかありませんね」

「こわばな国?なにそれ」

「おっかない花が咲き乱れる国です。 さあ、  どれにします?どこでもお付き合いいたしますよ・・ひひ・・」そう言った途端、運転手は体を正面にむけたまま、くるりと

首だけ180度後部座席に向けて私を見た。

「ヒーっ。こわ、こわっ、こわ、こわ、」

「こわばな国ですね。かしこまりました・ひ・・」

運転手はアクセルを強く踏んだ。

まるで滑走路と化した中央フリーウェイをタクシーは滑り、夜空に流星のように消えてしまった。

二度と戻ることはなかった。

・・・

・・・

便器のような色白の顔に、黒い穴だけの二つの目。

あの時の運転手だった。

・・・

こまどり交通

運転手の名は 駒鳥 万太郎  別の名を ロビンМ太郎.com

心の暗闇に忍び寄る、色白の男。

この運転手のタクシーが音も無く近づいて来たら気をつけテ・・ひ・

【了】

.

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
51930
26
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

マガツヒさん。
すぐにコメント、怖ポッチ、くださったんですね(((o(*゚▽゚*)o)))うれしい。 お返事遅れてごめんなさい。
今回、マガツヒさんがデビューされると聞いて、生活の全てを忘れるくらい楽しみにしてました。
今、読みに行きます。
なんかこんなタイトルの映画あったような、ないような・・・。
ありがとうございました。
それでは後程、コメ欄で。

さえさん♪。.:*・゜
お返事遅れてごめんなさい。今帰宅してPCひらいたところなんです。
日付が変わるのを待ちかねて、投稿しました。
確認しましようと思っていたのですが、そのまま、着替えもせず、ばたんきゅ〜(古っ)でした。
読んでもらって、感想、評価まで頂いて、凄く嬉しいです。ありがとうございました。(*゚▽゚*)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意