中編3
  • 表示切替
  • 使い方

【祝祭】三途の川

この話はアワードを受賞したロビンM太郎.comに贈ります。

しかも、始めての投稿で《小学生の作文》並の仕上がりです。

興味のない方はスルーしてください。

nextpage

separator

関西へ引っ越した幼馴染みの兄貴が死んだ。

友人と俺は、とにかく毎日一緒にいた。

だから、この兄貴の事もよく知っている。

俺と弟同様に接してくれ、虫の捕り方や独楽の回し方など、とにかく色々な事を教わった人でもある。

nextpage

仕事の都合で、葬式に参列できず四十九日も過ぎてしまったが、やっと有給がとることができたので、友人の実家へお線香をあげに行くことにした。

nextpage

友人の両親は、遠路はるばる来た俺を大変歓迎してくれた。

その兄貴は、何度も手術を繰り返した末での結果だっとのことだった。

nextpage

夕飯時になると、友人が近所に旨い中華料理店があるからと連れ出してくれた。

歩いて中華料理店に向かうと、その店の看板には、まるで絵かと思うほどピクリとも動かない大きな大きな《蛾》がとまっていた。

nextpage

『ここのエビマヨはたまらないんだ』と、友人がいくつかの料理とビールを注文した。

友人はビールをチビチビ飲みながら何か考え事をしている様に、何も話さない。

いつもの明るい友人と別人のようだ。

兄弟を亡くし、落ち込んでいる親友へかける言葉も見つけれない自分が恨めしくなった。

nextpage

『…ひ…エビマヨです…ひひ…』

何故か、指三本に大袈裟なくらい包帯を巻いた店主が料理を次々と運んできた。

ビールをまたチビっと飲んだ友人が、ポツポツと話し始めた。

nextpage

『20年くらい前にさ、叔父が大手術したんだよ。

脳のさ。もう本当にヤバかったみたいで。

母ちゃんの兄弟も、従兄弟も手術前から泣いちゃったりして…

とにかく、親族一同大変だったんだ。

nextpage

そんな中、兄貴だけは昼過ぎまで寝ててさ。

家族からも大ひんしゅくだよ。

そしたらさ、兄貴がのほほんと言ったんだ。“叔父さんは助かるよ”って。

聞いたらさ、夢見たんだって。でっかい川の岸に男のひとの後ろ姿があって、川に入ろうとしてて。で、向こう岸にはじいちゃんやらばあちゃんやら、すごく沢山の人が“お前はまだ早い。戻れ戻れ”って追い返す仕草をしてるって。すると、その男のひとは、くるりと振り返って戻って来たと。その時の顔が叔父さんだったから助かるって』

nextpage

少し微笑みながら、兄貴の思い出話を語る友人を俺は黙って見ていた。

『で、兄貴の予言通り叔父は助かったのよ。もう、奇跡的だったって。

その後、兄貴と話しててさ。なんで、叔父と仲が良かった兄弟達や嫁さん・子供でなく、兄貴がそんな夢見たんだろうなって。もう何年も会ってなかったのにさ。』

nextpage

しばらくの沈黙のあと、友人がまた話し出した。

『今、思うんだ。三途の川の順番待ち…かな?って。』

『え?何の順番?』

始めて俺は、口を挟んだ。

nextpage

『あの世に行く…行きかける順番待ち…』

きょとんとする俺とは逆に、ギラギラした目で、既に聞いてないフリをやめた包帯を巻いた店主は、友人の話に聞き入っている。

何故か、自分のコップにビールも注いでいる…

nextpage

『叔父は死にかけた…川を渡りかけたけど渡らず帰ってきた。その《背中を見た夢》を見たのは兄貴だけ。で、20年ほど経って、今度死にかけた…死んだのは兄貴ってこと。つまり、叔父の後ろに並んでいた兄貴だけが見えたんじゃないかって。』

nextpage

固まる俺とは逆に、店主はウンウンと頷いているのが気になるが…

俺は、黙って話の続きを店主と待った。

nextpage

『実はさ…兄貴の最後の手術の日。俺見たんだよね。川岸に誰かが立っている夢。向こう岸のじいちゃん達はさ、ニコニコ笑いながら“苦しかったろう、もういいんだよ”と、手招きしてんの。すごく遠い所にいるのに、声は鮮明に聞こえてくるの。』

nextpage

友人は、少し微笑んだまま、冷えてしまったエビマヨを口に入れた。

そして…一言言ったんだ。

『次は俺なのかなぁ…』って。

nextpage

やっぱり、かける言葉が分からないガキな俺は、ビールをぐびぐびと飲んだ。

そんな俺を見て、ニカっと昔のままの笑顔を見せた友人は、店主に言った。

nextpage

『店主、タクシー一台。』

『ひっ…タ…タ…タクシー…』

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,33835
27
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ラグト様、コメントありがとうございます。
そうですか…お婆様が…
このお話しの、“夢で見た”部分は実話です。見た者は私ではないもので、聞いたものですが…やはりあるのでしょうかね…( ゚д゚)ハッ!!自分の話しにこんな事を言うのも変ですね(ー_ー;)
「次回作も~」…なんて有り難いお言葉を…(T-T)
そのお言葉で、今日は美味しくビールをいただきます。(●^o^●)

お話しを最後まで読んでいただいた上に、コメントまでありがとうございました。
また、ラグトさんの作品にお邪魔します。

表示
ネタバレ注意

番長、こんな作文を読んでいただいた上に、《コメント》や《怖い》を残していただいて…(T-T)
ロビン様を始め、皆さんのおかげで、とても良い思い出が出来ました‼

昼寝…私は、やめれない(ー_ー;)…
夢もみないくらい、昼から爆睡する自信があります!!!

今後とも宜しくお願いしますね‼

表示
ネタバレ注意

吉井さま、お読みいただいてありがとうございます。
なんか…客の話に夢中になり出して、ついビールまで飲み始める…ロビン様って、そういうところもあるかも⁉とか、勝手に想像してしまいました。

コメントや怖いをいただき、ありがとうございました‼

姫様、お優しい言葉の数々、ありがとうございます(。´Д⊂)
そんなに仰っていただけるほど、人間も話しも出来てないのですが…
とても幸せな気持ちにさせていただきました。

お身体きついなか、コメントまで、いただきありがとうございました。
今から、姫様のお話へ向かわせていただきます。

表示
ネタバレ注意

mami様

初投稿作 楽しませていただきました。
とても初めてとは思えないほどの引き込まれるような話の展開に感動いたしました。
また、丁寧なコメントとメッセージありがとうございます。
良き読者は、良き作者でもございます。
mami様は、まさしく両方の才に恵まれたお方なのでしょう。
励まされ、また教えられることの多い作品でございました。
感謝申し上げます。
これからも、折に触れ、どうぞ作品を投稿してみてくださいませ。
心待ちにしております。

体調不良のため、なかなかここに来ることができず、祝祭が始まってからもアップできぬまま数日たってしまいました。一足遅れのコメントとなってしまいまして、申し訳ございませんでした。
お詫びと御礼に代えさせていただきます。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

小夜子様 コメントありがとうございます。
なんだか、マイペにお邪魔して催促しちゃった様な…
お忙しいのにすみません‼
でもでも…嬉しいです!
私の人柄を勘違いされているような…いやいや…そのままで思っていただこう。

最後まで読んでいただいた上、コメントや怖いをいただきありがとうございます。

紫月花夜様、始めまして。マミです。
読んでいただいたのでしょうか!ありがとうございます。
今まで、色々な方のコメント欄でお名前は拝見させてもらってました。
私も読専ですので…読専の方からの評価はドキドキします。
その様に仰っていただき…嬉しすぎます(*´∀`)

最後まで読んでいただいた上、コメントまでいただき
ありがとうございます‼

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意