中編2
  • 表示切替
  • 使い方

もう一人のお母さん

それはある夏休みのでき事でした。

ある日の夜、母は風呂を上がったら、すぐ着替えをしました。

「え?ママはどこヘ行くの?」もう夜9時になるのに、この時間で何が用事があるのでしょうか。

「こんなにいい天気だから、むこうのおばさん家に行ってくる」母はまだ濡れている髪をタオルで包み、出でいきました。

その時、母は黒いレース付きの白い服を着ていて、下は黒いズボンとスリッパ。

私はちょっとテレビ番組を楽しんでいました。

30分後、私は後ろになにかいるだと感じをしました。

ふっと振り向かったら、母はドアの前からスーンっと、静かで廊下へ。(うちの椅子ははドアに背向きなので、振り向かないと見えません。)髪がちょっと濡れていて、服は赤いTシャツと白いズボン。

。。。ん?さっきはこんな服でしたっけ?見間違えたのかな?

「え?速い!こんなに速いだと思えない!」なにか揉めているかな。そうではないと、話はこれで済まないのはず。私はそう思っていました。

台湾のおばちゃん達は世間話が大好きで、特にお近所さんと一緒にいる時は一番ヤバイ。子供の私にとって、それは永遠にも終わらない世界。私の母もその中の一人です。

それなのに、母は一言もせず、ただうつむきながら、暗い廊下で立ていました。

「ママ?どうしたの?ケンカまでもしたの?」私は心配そうに母を見つめました。

母は無言のままで、顔色が青白くなりました。静かで無表情な母を見たのは初めてで、ちょっと怖い。

「ママ、なにか言って。」嫌な予感がする。背筋がぞっとする私はこう言いました。

が、母はやはり無反応のままで廊下の闇の中で消えていきました。

「???おかしいな~」私はこの怖い気分を払うように、テレビ番組を集中で見ました。

カチャー。

後ろのドアが開いました。

振り向かったら、後ろにいるのは母でした。

その黒いレース付きの白い服を着ていて、下は黒いズボンとスリッパの母が帰りました。

「あ~よくしゃべったね。」母は嬉しそうに言いながら、自室へ戻りました。

「え?な...?え?どういうこと???」思わず硬直する私は必死に固まっている脳を回りました。

やはり、さっきの"母"はおかしい。

なにがおかしいといえば、一番のはドアが開いたことがない。

さっきの言う通り、ドアを開けるときには 音が立ちます。

んで、"母"どうやってうちに入ったのでしょうか。

今になっても、私は"母"が現れる理由がわからないのままでした。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5581
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ドッペルゲンガーだったのかな?もしそうならお母さん2人出会わなくて良かったね~Σ(´□`;)