中編2
  • 表示切替
  • 使い方

夢のコントロール

wallpaper:228

俺は何処にでもいるような普通の高校生。

ただ他の奴と比べて一つだけ特別なことができる。

それは「夢のコントロール」

寝たときに、自分が夢の中にいることが気づくことができる。

そしてその夢の中で自由に動き回れる。

nextpage

wallpaper:228

誰にも信じられないだろうが、現に俺はできている。

ただ難点、問題があるとすれば味覚と嗅覚が無いのだ。

まあでも美味いものなら現実で食える。

臭いがわからないからといって特に困った点もない。

nextpage

wallpaper:228

今日は休日。だがそれも終わろうとしている。

今日は寝よう。そして布団をかけ眠りにつく

wallpaper:1304

ん…どうやら夢の中のようだ。

お!コンビニがある。

nextpage

wallpaper:1304

良し!夢の中なんだから思い切って万引きしてみよう!

俺は万引きを試みた。そして成功した。

だが店員が気づいたのか追ってきた。

でも思い出せ。ここは夢。俺は容赦なく店員をブン殴り逃走した。

nextpage

wallpaper:1304

うーん、飽きたな。起きるとしよう。

頬をつねり、起きた。

wallpaper:228

「んー!やっぱいいね!この日常じゃ味わえない犯罪!そしてスリル!」

俺は起きる時間も惜しみ、早く寝るようになった

nextpage

wallpaper:1505

ん。夢についたか。

ここは病院か。良し!何をしようかな?

患者に迷惑をかけるとか、ナースを脅したり、

病院でも意外とやる事があるな!

俺は現実じゃこんな大それた事できやしない。

だからこそ夢の中で実行する!

nextpage

wallpaper:1505

医者の部屋に忍び込み、薬の棚を見つけた。

訳の分からない薬だらけだな。だがそこがいい!

俺は一番危なそうな薬を持ち出し、軽症の患者の部屋に行った。

重症の患者じゃすぐ死んで楽しめなさそうだしな。

患者は眠っている。「悪く思うな。これもストレス発散の為…」

nextpage

wallpaper:1505

危険そうな薬を患者の口から無理やり飲ませ、

予想通りもがき苦しんだ。

「あぁあぁあああぁああ!!」

ガタン!

shake

患者の大声で医者、ナースが入ってきた。

nextpage

wallpaper:1505

「数が多いなクソが。大人しく起きるか」

頬をつねった。

wallpaper:228

「あの数じゃどうしようもなかったな。もう一度寝るか」

もう一度眠りにつこうとした時、母親が入ってきた。

nextpage

wallpaper:228

「何度寝るつもりだい!早よ起きな!」

おれは勿論反抗した。

「俺の勝手だろ!まだ日曜日じゃないか!」

口喧嘩になりイライラした。 母が去った後も文句言い続けた。

「あぁーイライラする!もう一度寝て夢の中でストレス発散しよう!」

nextpage

wallpaper:228

眠りについたようだ。ここは、俺の部屋?

こいつは珍しい。まさか自分の部屋の夢を見るとは。

待てよ?ということはここは俺の家で母親もいる訳か。

フフ…復讐してやるか…今まで恨みをぶつけてやる!

nextpage

wallpaper:1179

ナイフを手に持ち台所にいる母の背中を刺した。

wallpaper:1521

血の臭いが充満する…………………

あれ?嗅覚は無いはずだ…なぜ血の臭いが分かった?

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5243
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

コメントありがとうございます!

表示
ネタバレ注意