短編1
  • 表示切替
  • 使い方

歩いた先に。

今回は私が体験した実話。

夏の昼間の事だ。私の家は新築で3年くらいたった頃か?自室は二階の北側の部屋。暖かい日のさす南部屋は姉方に取られてしまった。

まあ自室が手にはいるんだから特に気にしなかった。

話が夏に戻り西窓を開けて、自分が爆睡昼寝をしていた時だった。

むぎゅっ

むぎゅっ

むぎゅっ

(ん?ありゃ?)

ふと目を開けずに意識が戻った。横に寝ていたのだが、どうも体の横を踏まれた感じがした。

一定時間、ほんの数秒間だったが直後に

(……歩かれた!?)

と直感的とも言える考えが頭を走った。

訳わかんないもんには、やはりビビるものだ。私はとりあえず寝たフリを続けた。

数分後、むくりと起きるが辺りにはなんも気配なし。

歩かれたという考えは頭から離れず少しの間、落ち着くためにふとんの上でぼーっとしてた。

ふと「歩かれた」「歩いていった」の方向をよく考えると開いている西側窓。

その先はお寺と墓地があった。

ちなみに私の自室は北側。死んだ人が向ける枕の方角。おまけに下の部屋は仏壇の間だった…。

怖い話投稿:ホラーテラー Lさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7160
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ